デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問】新しいタイプのハンデスが強すぎた件

 お久しぶりです。デュエルマスターズのモチベーションをコタツと仕事に全部吸われた残り物系男子です。ひっさしぶりすぎて涙出てきそうになりながらキーボード叩いています。クッソ楽しくて草。

 本日私が舞い戻ってきた理由は、無気力な私をこちらの世界に引き戻すような強烈なインパクトを持つカードをTwitterで見つけてしまったからです。そのカードがこちらの【サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問】です。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20190224102135j:plain

 

 色々ツッコミたいところがあります。いつの間に多色ツインパクトカードが発表されたねん!とか新弾の発売いつやねん!とか殿堂まであと1週間ないやん!とか色々です。しかしこのハンデス面のカード。めっちゃ面白いこと書いてありますやん。ということで本日はこのカードについてドップリはまっていこうと思います。

 

 

 

■墓地から呪文を唱えることができる?

f:id:Noyleseevisions:20190224102135j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224102652j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224104859j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224102606j:plain

 現代デュエルマスターズはツインパクト隆盛時代です。どのデッキを見てもツインパクトカードまみれのご時世ですがこれもタカラトミーの戦略、新しいインフレ、デッキスロットの圧縮、既存カードの抱き合わせによる強化とよいことずくめですね。そんな現代デュエルマスターズを嘲笑うかのように登場する【サイバー・K・ウォズレック】ですね。

 

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を合計2枚まで両プレイヤーの墓地から選ぶ。それらをコストを支払わずに唱え、その後、持ち主の山札の一番下に置く。

 

 うーん、強い(確信)。自分の墓地の呪文をリサイクルするだけでなく相手の墓地の呪文を唱えることができるので選択肢が思った以上に広い、さらに2枚も唱えることができるので2アドは稼ぎだしそうな勢いですね。コスト6でパワー6000もありながらこのスペックは凄まじいですね。このクリーチャーの強い点は以下の通りでしょう。

 

①墓地から呪文を唱えることができる汎用性。

②相手の墓地からも呪文を唱えることのできる選択肢の広さ。

③相手の墓地のカードを山札に戻すことのできる妨害。

④呪文2枚分になることができる優秀な生き物。

⑤自身の呪文側を唱えて山札に戻ることのできる逃げ足。

 

 最後の1つは完全に謎枠ですが、テキトーに考えてもこのあたりでしょう。何をとっても強力ですが1枚にこれだけのメリットが内包されている時点でヤバい。ヤバい。

 最初にもお話した通り、現代デュエルマスターズはどこを見てもツインパクトカードの群棲地帯です。コスト3以下の呪文なんていくらでも墓地にあるでしょう。画像にあるような頻繁に見る≪『本日のラッキーナンバー!』≫や≪7777777≫などを撃つことができれば脳汁があふれ出るでしょう。相手も強力な呪文だからこそ採用しているはずです。それが有効活用できるのは偉い。特に最近ツインパクトパックの登場によりたくさんのツインパクトカードが環境に出回ったので逆用したいですね(笑)

 そして間に合う気がしませんが、相手の墓地戦略を妨害することも可能です。特に現在絶賛波にのっている墓地ソースにはこのカードがぶっ刺さりますね。相手の墓地から2枚ツインパクトカードを唱えてデッキ下に戻してあげれば、墓地カウント-2な上にこちらが+2アドですからね。実質4アド獲得クリーチャー。殲滅返霊を思い出すのは私だけですかね?

 

 

f:id:Noyleseevisions:20190224105409j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224105450j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224105452j:plain

 面白いことを考えている方もいらっしゃいますね。このくらい無茶苦茶なコンボも大好きです。まあ墓地に≪龍脈術 落城の計≫を2枚落とすところから始めなければいけないわけですが(笑)

 

 

 

■条件付きピーピングハンデスは強い。

f:id:Noyleseevisions:20190224102135j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224105913j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224110343j:plain

 はい、大本命の呪文側のカードですね。【ウォズレックの審問】です。相手の手札を見て、その中からコスト3以下のカードを1枚選んで捨てさせます。クッソ強いなオイ。コスト3以下というところで制限はついてしまいますが2ターン目に相手の手札を覗いてその中にコスト3以下のカードがないってことはないでしょう。なかったら相手の手札の事故確認ができるので寧ろよしです。3月からチュリス→剣の可能性が大きく減少するのもポイント高いですね。

 さてこのカードで手札から捨てさせることのできるカードの有名どころを並べてみましょうか。こちらです。

 

f:id:Noyleseevisions:20190224104859j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224110759j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190224110901j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190212142520j:plain

 はい。ツインパクトカードであるが故の弊害ですね。コストの参照場所が2か所あるためかなーり落としやすくなります。この辺抜けるって考えただけでも熱くなりませんか!しかも手札を見てから相手のプランをじっくり考えてから落とすことができるって本当に偉い。もちろんツインパクトカード全般を抜けるわけではありません。呪文面もクリーチャー面もコスト3以上のツインパクトカードはたくさんありますからね。確実にハンデスしたいのであれば≪マインド・リセット≫を採用してあげてください。

 このカードの偉い点はこれだけに留まりません。2マナハンデスでコスト3まで墓地に落とすことができるので後攻でも相手の3マナの動きを、先行なら2マナブーストまで落とすことができる点ですね。先行ハンデス2コストブースト(一番隊ヤッタレマン)を叩きおとしてテンポアド獲得!なんて動きも可能。特に一番隊サイクルなどのシステムクリーチャーを叩きおとしてくれるのは強い。間違いない。

 

 

 

 ツインパクトカードを抜くことができる!とか相手の初動をはたける!言っていますが、このカードが強いと感じるのは、低コストでゲームの評価値を変えることのできるカードが環境にそれだけ多く出回っている=ゲームスピードが上がっているということです。そしてまだ当ブログでは触れていませんがGR召喚の件もあります。軽量メタクリーチャーを露骨に潰してきている感じありますよね(笑)

 

 

 

【あとがき】元ネタはMTG

f:id:Noyleseevisions:20190224110343j:plain

 ちょっとだけ触れておくと、呪文側の審問ですが、元ネタは【コジレックの審問】というMTGのカードですね。

 【コジレックの審問】通称コジ審です。黒1マナでプレイヤー1人の手札から3マナ以下の土地ではないのカードを捨てさせることができます。1ターン目にハンデスすることはMTG界(モダン)では紳士の挨拶らしいです。先行1ターンハンデスとかやべえなおい。