デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【大勇者「ふたつ牙」/ビースト・チャージ】進化ツインパクト初登場!ブースト&サーチ&デストロイ!

 皆様ごきげんよう!私の地域ではすでに1月なのですがやたらと温かくて、豪雪地帯の田舎育ちの完全防備の服装では汗をかくレベルです。地球の悲鳴、温暖化をヒシヒシと感じています。本日は成人の日ということで、昨日町では晴れ着姿の女性を見かけましたね。成人式って何年前だっけ?

 新しい風が吹き込む1月、まあ年初めですが、デュエルマスターズの現在の流れで行くと完全に過去を振り返る流れなんですよね。もうすぐ発売する≪夢の最&強‼ツインパクト№1パック≫では過去に活躍したカードが2枚1組のカードとなって再登場するという激アツパックになっています!早く剥きてえ!ということでやっていきましょう!本日は自然文明から1枚!超絶ブーストでゲームを決めることができた切札を見ていきましょう!

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20190114122757j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190114123257j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190114123351j:plain

 さーて、タイトルですべてネタバレさせるのがうちのスタイルなわけですが(笑)本日振り返っていくのは【大勇者「ふたつ牙」/ビースト・チャージ】ですね!どちらもかなーり古いカードですが皆様ご存知でしょうか?ビーストチャージは実は黒箱に再録されているので知っている人も多そうですね。クリーチャー側の大勇者様はデュエルマスターズ最初期にかなーり強かったフィニッシャーになりうるカードでこのカードを切り札にしていた人もいるのではないでしょうか?呪文側は堅実なサーチですが、実はドギラゴン剣と相性のいいカードだったりもします。成長系に採用されていたレシピも見たことありますね。というわけで分割して見ていきましょう!

 

 

 

 

■大勇者「ふたつ牙」6マナでパワー8000のW・ブレイカー!

f:id:Noyleseevisions:20190114123257j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190114124255j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190114124304j:plain

■進化ー自分のビーストフォーク1体の上に置く。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札の一番上のカードを2枚表にして、自分のマナゾーンに置く。
■W・ブレイカー(シールドを攻撃したとき、このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする。)

 

 コスト6なのにパワーが8000もあるしかもW・ブレイカー!という凄まじいパワーを持って誕生した大勇者は雑に言うと強かったです。パワーは正義、さらに出た時にすぐさま攻撃することのできるW・ブレイカーとして子供たちの間では大人気でした。特にこの時代は進化元であるビーストフォークが非常に優秀で、登場時にマナ加速をする≪青銅の鎧≫や、破壊された際にマナにいく≪無敵の咆哮≫など早期にふたつ牙を活躍させることのできるマナブーストが可能でしたね。そしてこのカードは時間に経過するにつれて評価を伸ばしていきます。大型クリーチャーが登場するたびにマナ加速の役割兼打点として活躍することになり「牙サファイア」というデッキタイプも誕生していました。ふたつ牙でマナを伸ばして≪ボルメテウス・サファイア・ドラゴン≫を投げつけるデッキですね。2006年発売の『コロコロドリームパック』でサファイア、ふたつ牙とどちらも収録されている+≪ストリーミング・チューター≫というドローカードも登場したので一気に強い部類のデッキタイプとして昇華しました。

 そんな縁の下の力持ちにもなることが可能、さらに自分で殴りに行くこともできる、進化元にも恵まれ人気もあった順風満帆なふたつ牙さんもE1にて進化します。種族にハンターが追加され、攻撃時もブーストが可能になった≪スーパー大番長「四つ牙」≫の登場です。こちらは出て殴れば次のターンには10マナ域に到達することのできるようになりました。残念ながらハンターですが相性のいいのは次年度に登場するゼニスだったのは内緒ですね。

 

 

 

 

■ビーストチャージ…なんやこのカード?

f:id:Noyleseevisions:20190114123351j:plain
f:id:Noyleseevisions:20190114122757j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181129144325j:plain

■このターンが終わるとき、自分の山札を見る。その中から、このターンにブレイクされた相手のシールド1枚につきクリーチャー1体を選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

 

 さて、ツインパクトの呪文側は≪ビースト・チャージ≫でしたね。ターンの終了時に山札から、このターンに自分のクリーチャーがブレイクしたシールドの数だけクリーチャーを手札に加えることのできる呪文ですね。相手のシールドをブレイクしなければならないスロートリップ呪文になっています。好きなクリーチャーを手札に加えるサーチカードですが、加えることのできるタイミングがターンの終了時である上、このターンのブレイク数というなんとも不安定な呪文ですね。

 相性がいいのは成長系のデッキですね。5マナドラゴンがいる状態でビーストチャージを唱えて、そのまま革命チェンジ!T・ブレイカー!エンド時に3枚サーチ!なんて芸当もできるようになります。特に成長ダンテならこのコンボが決まれば延々とダンテを回し続けられますね。もちろん上側は腐りますが。

 

 

 

 

【あとがき】昔話大好き老害ブログの爆誕!

 私が古くからデュエルマスターズを継続しているのでこのパックは楽しいパックになっています。しかし昔話が多い人間は嫌われる傾向にありますね。老害とか言われますし。というわけでガンガン懐古に浸っていきたいと思います!