デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【超誕‼ツインヒーローデッキ】自然大暴走カードリストまとめ

 ツインヒーローデッキの片方の自然VS卍ですね。今回は自然のガイアハザードに焦点を当てたデッキになっています。そしてツインパクトカードのサポート、もちろんツインパクトカードがたくさん収録されています。

 今回の切札格のカードは双極編のラスボスになるらしいクリーチャーがメインになっています。今のうちにデッキを理解しておくために回しておきたいデッキナンバー1です。というわけで今回も新規カードを中心に中身を見ていきましょう!

 

 

 

 

■デカブツ+ビックスペルの自然らしさ。

f:id:Noyleseevisions:20181115141944j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181115142616j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181115142635j:plain

 やはり自然文明といえばマナ加速からの圧倒的暴力によりあいてをふみつけていくのが専売特許だと思っていますが、本人がデカいだけの謎カードになっています。クリーチャー側は至ってシンプルなつくりになっており、マッハファイター+T・ブレイカーのファッティです。おまけ程度に「全クリーチャーがシールド追加ブレイクできるよ!」というド派手能力を持っていますが、これって相手のクリーチャーもブレイク数増加していない?と不安になってきます。その相手のクリーチャーは殴り倒してしまえホトトギスといったところでしょうか。

 呪文側は文句なしのS・トリガーになっています。各プレイヤーは自身のクリーチャーを2体ずつ選んでマナゾーンに送ります。相手のクリーチャーを選べない点はさっそく文句になりますがアンタッチャブルを触れるのはデカいでしょう。手のひらクルクル系ブロガーですね。それでも相手のクリーチャーを2面除去することができるカードは弱いわけがありません。序盤に踏んでもらえば文句なしですし、手打ちしても悪くないスペックです。マッハファイトした後のクリーチャーをマナに変換してもう一度轟破天で場に出しなおしたい人生。

 

 

 

 

■ミノ?というかサナギ?ミノまるの進化?

f:id:Noyleseevisions:20181115142705j:plain

 こちらもツインパクトカード。自然文明はツインパクトカードの扱いに長けているんだ!と後付け設定な気がするんですが気のせいでしょうか?まあ初M、そこから出てくるカードも大体ツインパクトだったしそんなものなのか、複線回収しきった感じですね。マッハファイター+ツインパクト要素とかなり自然文明がプッシュされた双極編でした(まだ終わってないから)

 クリーチャー面はマナから召喚できるでっかいコートニー。といってもコートニーほど範囲は広くなく、自分のマナのツインパクトカードを全文明に染色することができます。レインボーツインパクトカード誕生しそうな予感ですね。そしてマナからターンの初めにツインパクトカードを回収することもできます。ナハトファルターの回収能力が強いんだ。このカードも強いはず。過剰加速した後にこのクリーチャーを引っ張り出して切札ツインパクトカードを回収できます。そんな悠長できるほど現代デュエルマスターズは甘くないのできっと最強のマスターカードが収録されるはず!と心の中で愛しさと切なさと心強さが止まりません。

 下の呪文モードは実質墓地からのツインパクトカード回収です。墓地のカードを1枚マナに置くオチャッピイ能力+マナからツインパクトカードを回収する白米みたいな能力を持っています。序盤にトレジャーマップ等でこのカードを持ってきた後に加速カードとして使用できる点は〇。終盤も山札を減らすことなくツインパクトカードを回収できる点も大変魅力的な仕様になっていますね。

 

 

 

 

■一気に紹介!新規ツインパクトカードだらけで強化!

f:id:Noyleseevisions:20181115143733j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181115143738j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181115143741j:plain

 1枚1枚紹介していきたいのは山々なのすが多すぎて草生えます。というかツインパクトカードって普通のカードに比べて情報量が多いねん!というわけでやっていきましょう。

 

 【コンダマ/魂フエミドロ】は記事を書いたので許してください。こちらから確認してみていくださいお願いします。

www.noyleseevisions.site

 

 

 というわけで残りの2種を見ていきましょう!まずは【ドント・ラフーイ/ネオン・ジオング】から。こちらはクリーチャー版ナチュラルトラップ的な何か。バトルゾーンに出た時に自分と相手は自身のクリーチャーを1体マナゾーンに送ります。こちらも相手に選ばせてしまうので若干ポンコツ。1体しかいなければ確定除去呪文のように使用できます。序盤に役目を終えたホタル君をマナに送りましょう。そして呪文側もこの勢いで一気に見ていきます。呪文は自然版≪蒼龍の大地≫ともいえる8マナ呪文。進化ではないクリーチャーをマナゾーンから引っ張り出して相手のクリーチャーとバトルさせることができます。そのクリーチャーがマッハファイターを持っていればすぐさま攻撃して2面除去になる点は素晴らしい。バラギアラを1ターン早く出してあげましょう!デメリットでターンのエンド時にマナにかえってしまいますが出た時効果が今強いなら文句ないよね!

 

 そしてこのデッキの最重要カードである【レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ】です。このカードはこのデッキの最強の潤滑油でもありS・トリガーとしても実践に耐えうるかなりのものです。クリーチャー面はS・トリガー獣で相手のクリーチャーとバトル可能なサイズダウンした≪ゼノゼミツ≫です。自身は攻撃できませんが除去できたりマナに送る餌になったりできますね。強制バトル持ちのS・トリガークリーチャーが弱いわけはありません。これまでの環境デッキでの使用率を見ても自明でしょう。そして呪文モードも強い。山札を3枚表向きにしてツインパクトカードを1枚手札に加えることができます。なんやこれ。後述した帝の目覚めを回収しながらそれで墓地からマナに送れるツインパクトカードやん!噛み合いすぎてドン引きするくらいですね。デッキの1枚1枚のカードが綿密にシナジーするようにデザインされている点は素晴らしい!これで戦いたい!序盤に加速するカードを回収してもよし、終盤に切札を探しにいくもよし。小さな調整版トレジャーマップはこのデッキに必須ですね。

 

 

 

 

【あとがき】切札支える小型クリーチャー達

f:id:Noyleseevisions:20181107144756j:plain

 正直バラギアラさんが弱すぎて頭を抱えていたのですが、このカード多分12月の新弾待ちだと思います。きっと双極編4弾で真の力を発揮するでしょう。そんな残念な切札とは裏腹に小型ツインパクトカードたちがものすごーく強い。なんだこれ。デッキとして回したくてすごい。第4弾への期待が大きく膨らむデッキ内容だったと個人的には感じますね。もちろんジョーカーズVSメタリカほどの強力フィニッシャーが収録されているとは思いませんど、こちらもデッキの完成度が高いものになっています。新規以外にも2コストブーストやS・トリガーなども収録されているので是非とも1度対戦で使ってみてください!明日が卍がようやく登場!