デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース】怒涛の大型ブロッカー推し!天門が組めるのか⁉

 そういえばまだ触れていないツインヒーローデッキのカードがありました。すっかり忘れていましたね。そうです。新規メタリカブロッカーのドロー役でおなじみ定評のある…初登場の≪煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース≫というツインパクトカードです。お待ちかねの能力はといいますと…?

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181108141837j:plain

煌メク聖晶 弩楼
■ブロッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドゾーンにある表向きのカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。


ビスティック・マース
■S・トリガー
■相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。

 

 

 ドでかいブロッカー+ドロー能力をもつクリーチャー面と、条件付き2マナ加速可能なS・トリガー呪文となっています。クリーチャー面のコストを見ただけでお腹一杯になってくる重さですがそれなりに強力な効果を持っているはず…ってドロー能力かーい!これはかなり評価の分かれる怪しいカードになってきました。このカードの明日はどっちだ⁉

 

 

 

■クリーチャーモード:重たいドローブロッカー…?

f:id:Noyleseevisions:20181108142657j:plain

煌メク聖晶 弩楼
■ブロッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドゾーンにある表向きのカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。

 

 ブロッカー&W・ブレイカー。ここまでは標準搭載ですね。メタリカブロッカー、増えてきています。そしてこのクリーチャーくらいしか持っていない変則的なドローです。自分のシールドゾーンにある表向きのカードの1枚につき1枚ドローすることができます。自分の表向きのシールドゾーンのカード1枚に付きドロー…?これは専用構築が求められそうです。

 ブロッカー&W・ブレイカーは置いておきましょう。肝心のドロー能力ですね。これは裁きの紋章を多用するデッキにくらいしか入りませんがそれでも強力な効果になるでしょう。今でも軽い紋章を連発し、†煌世主様†の降臨に備えている『白零サッヴァーク』というデッキタイプが環境にもいるので自然にデッキに刺すことができるでしょう。しかしこのカードをバトルゾーンに出すことができるかどうかは別問題です。

 しかしここでブロッカーという点に焦点が当たります。今回のツインヒーローデッキに新規で収録されるカードとして≪天門ノ裁キ≫という新規紋章があるそうです。効果は1枚ドロー後にブロッカーを1枚踏み倒し、もちろん紋章のため表向きで盾に張り付きます。これはデザイナーズコンボとして収録されていますね。天門紋章で出すことによって確実に1枚はドローすることが可能になっています。それならサイズも申し分なし、1枚以上のドローをすることができるので手札もプラスマイナスゼロです。無改造ヒーローデッキであればかなり強い動きになりそうですね。

 

 

 

■呪文面:グローリースノー!マナ加速!

f:id:Noyleseevisions:20181108143518j:plain

ビスティック・マース
■S・トリガー
■相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。

 

 S・トリガー&条件付きマナ加速カードです。光文明でマナ加速カードは珍しいですが第5弾からのお家芸といっても過言ではありません。4マナ呪文である≪グローリー・スノー≫のリメイクカードになっていますね。相手のほうがマナが多ければ一気に山札の上から2枚をマナゾーンに置くことができます。相手のほうが1マナ多いくら いであれば一気に追い越すことができますね。

 このデッキの対になっている緑ジョーカーズのデッキは序盤のマナ加速が得意なJチェンジ能力を搭載しています。それにあわせてこのカードが作られたといったところでしょう。4マナからすぐに7マナまで飛ぶことができるので≪煌龍サッヴァーク≫まできれいに繋ぐことができますね。相手の展開に除去を間に合わせることができるようになったのは大きな進歩です。青い生き物除去したい。

 

 

 

【あとがき】構築面では難しいがヒーローデッキでは?

 重いドロークリーチャーと変則的なマナ加速呪文の抱き合わせですが、構築では使用できる範囲が限られてくるでしょう。クリーチャー側はシンプルすぎて踏み倒すにしても他のクリーチャーじゃアカンの?となりますし、呪文側もグローリースノーはあまり使われません。クリーチャー版であるラ・クルスタは白単天門で使用された実績こそありますが近年ではめっきり見ないデッキタイプになってしまいました。紋章の数を増やしながらデカブツを投げ続けるブロッカーと紋章一体型のクリーチャーの登場が期待されますね。

 構築戦では使用されないかもしれませんが無改造ツインヒーローデッキでは大きな役割があります。緑ジョーカーズに対してのマナ加速の役割や、天門紋章で出した後の手札補充のできる大型ブロッカーと純粋な殴り合いをさせれば負けることがなかなかありません。細々とアドを稼ぐような戦いになれば優秀of優秀なスペックなので相手をじっくり制圧するために使ってあげましょう。ジョーカーズに対して盤面を取った後にドロー加速でじわじわと…。