デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ニルバーナー】冬のゆるキャンに必須なクリーチャー登場!これ火文明では…?

 寒さマックスハートな11月に突入しました。暖房をつけてアニメを見るのが至福という季節になってきましたね。最近、『ゆるキャン』というアニメを視聴しました。まだ見ている途中なのですが可愛い女の子たちが、ゆるっとキャンプをするアニメですね。室内でデュエルマスターズをしていたいインドア派なのですごいなーくらいの感想で見てました。あと寒そう。

 そんなキャンプ時の必須アイテムがジョーカーズとなって登場するそうです!やはりキャンプをする際には「火」は必要です。まあ夜は寒いですし、ご飯も食べなければなりませんからね。というわけで本日の主役の登場です。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181103124809j:plain

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文に🅂能力を与える。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
🅂相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。

 

 緑ジョーカーズのシールドトリガー枠が登場しましたね。その名もニルバーナー。正直意味を知らない「ニルヴァーナ」と「煮るバーナー」がかけられているわけですね。言葉遊びおもしろい。さて能力は登場時のマナ送りとスーパー・S・トリガーで相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべてマナ送りという除去能力持ちです。ツインヒーローデッキの中身がなかなかに強いことを証明していきましょう!

 

 

 

■トラップ+バイナラ=ニルバーナー?

f:id:Noyleseevisions:20181023143503j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181103130508j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181103124809j:plain

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文に🅂能力を与える。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
🅂相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。

 

 

 現在のジョーカーズデッキでは≪バイナラドア≫が現役でS・トリガー枠を埋めているのが現状です。無色で相手のクリーチャーを1枚除去しながらドロー。さらに盤面にジョーカーズが残るというメリットが他のクリーチャーではそれ以上の働きを再現できないため今でも採用されています。そんな確定除去クリーチャーが採用されているのであれば今回登場するニルバーナーにもチャンスはあるはず!

 登場時に相手のアンタップしているクリーチャーを1体マナゾーンに送ることができるニルバーナー。相手のアンタップしているクリーチャーしか除去できないため相手の殴り終わったシステムクリーチャーを除去できないのは痛いですが、相手の打点を止めるだけであれば十分です。相手のクリーチャーを山札下になんでも送りなおかつ1枚ドローするどこでもドアってやっぱぶっ壊れるなおい。

 

 さらにこのクリーチャーにはスーパー・S・トリガー側の能力も持っています。自分のシールドが1枚もないときにS・トリガーとしてプレイすると相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて相手の山札に送りつけることが可能!これはやべえ!相手の横並びの打点を一気に一層できる可能性も秘めています。同じようなカードで自然文明に≪ゴルチョップ・トラップ≫というツインパクトカードが存在しますがその重い呪文側の能力を彷彿とさせますね。忘れたころにぶっ刺さる系能力の筆頭として使用できそうです。

 

 

 

 

【あとがき】2つのカードと比較できるデザイン。

f:id:Noyleseevisions:20181023143503j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181103130508j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181103124809j:plain

 このカードが環境で使用されるかと観点からみるとおそらく採用されるかどうかは怪しいでしょう。しかしこの新DM編以降のカード2種のいいところを足して2で割ったようなカードが弱いわけがありません。ゆるキャンの話はどこにいったのか。

 まだツインヒーローデッキの全貌は明らかになっていませんが昨日の集結の裁きといい、今回のニルバーナーといいやはり実践に耐えうるような新規カードデザインがされているようで安心しています。これで中身がアレだったらお話になりませんからね。昨年のジョー君とキラ君の2大デッキのようなミスを犯さないように中身に気を配ってほしいと無駄な心配をしている今日この頃でした。

 

 やっぱバーナーって火で調理するんだから火文明なのでは?ひょっとして野外でキャンプで使用するから自然文明って設定?