デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【集結ノ正裁Z】サバキZ付き手札補充紋章!爆誕‼ツインヒーローデッキ80!

 世の中はポケモンカードの最新弾で沸いておりますが、ポケカやっていない民の私には関係ありませんでした。隙なし!死角なし!と負け惜しみをほざいております。私もポケモンカードやってみたいよお。

 というわけでデュエルマスターズ界も新弾を出して対抗だ!と11/10に新構築済みデッキが登場するようです。その名もツインヒーローデッキ80。名前の通り2つのテーマの40枚デッキ×2つずつ入っているセットのようですね。その中に収録されている今回は≪集結ノ正裁Z≫について見ていきましょう!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181102143458j:plain

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、この呪文をコストを支払わずに唱える)
■自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中からドラゴン、メタリカ、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。

 

 なんでこのカードからかって?コロコロオンラインで紹介されていて、なおかつ私が白零サッヴァークを使っているからですね。そんなに深い理由はありません。

 能力はサバキZ+デッキトップ2枚のカードを手札に加えることのできる能力、そして裁きの紋章特有の手札から唱えるとシールドに張り付く能力ですね。手札補充することのできる裁きの紋章はこれまで存在しましたが、このカードはどのような役割を持っているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

 

■剣参ノ裁キとの差別点は?

f:id:Noyleseevisions:20181102143922j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181102143458j:plain

■自分の山札の上から3枚を見る。その中から、呪文を1枚またはメタリカを1体手札に加えてもよい。残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに、表向きのまま自分のシールド1つの上に置く。

 

 今回新規収録された≪集結ノ正裁Z≫とこれまで使ってきた≪剣参ノ裁キ≫は似たような役割を持っています。裁きの紋章で山札の上からカードを探し出す能力ですね。コストは剣参のほうが軽く、見ることのできる範囲は多いです。3マナで3枚から1枚を探すことができます。しかし今回新規収録される集結は4マナで2枚から最大2枚を回収することができます。さらにサバキZまで持っていますね。これはどっちを使えばいいかわからなくなってきましたね。というわけで細かく特徴を分けてまとめておきました。

 

 

 

剣参ノ裁キ
■コスト3のため次のプレリュード+DGに繋がる。
■3枚から探すことができるため、ある程度欲しいカードの選択できる。
■早いターンで表向きのシールドを準備可能。
■範囲は呪文またはメタリカ。加える効果は任意で発動可能。

 

 

集結ノ正裁Z
■コスト4のため次のターンの絶十を探しに行くことが可能。他にもドラゴンズサインにも繋がる。
■デッキトップ2枚を表向きにして、ドラゴン、メタリカ、呪文をすべて手札に加えることができる小さなサッヴァークDG能力。
■4マナと重たいためプレリュードと組み合わせるなら剣参に軍配。
■サバキZを持っているため相手のターン中にドローしながら表向きのカードを準備可能。
■効果は強制だが2枚回収は手札が増えているため撃ち得。

 

 

 比較するとやはりコストが1重くなった分はアドバンテージを取れるようなデザインがなされていますね。サバキZを持っているためコストは重くなった分盾からの撃ちやすさを手に入れました。現在の白零サッヴァークでは4ターン目の強い動きは「プレリュード+DG」のため撃つタイミングはなさそうに感じます。剣参は薄い3コスト枠の穴埋めとして優秀なためマナカーブ上で役割を果たすことができるのは圧倒的に剣参のほうです。しかしこちらも手札が+1であること、サバキZを持っているため相手のターン中に撃つことができること、煌世主サッヴァーク†のためを考えると悪くはありません。

 

 

 

【あとがき】使ってみなければわからないがちょっと剣参

 正直使ってみなければわかりませんが、4コストになったぶん直接的なテキスト上は強くなりました。しかし3コストで役割がある剣参のほうが使い勝手自体は悪くなさそうです。この2枚は比較すべきではない厨の方が湧きそうですがご愛敬。

 1ターンのラグは先行後攻で一喜一憂する人間を多いの見てもわかるように現代デュエルマスターズでは大きなものです。いっそのことプレリュード+DGのパッケージを採用しない型のデッキであればこちらをガッツリ採用してもよさそうです。それこそ絶十型ですね。あちらであれば3ターン目の転生Zで絶十を場に出し、次のターンに集結から命翼+煌龍サッヴァークのセットを回収しにいくことができます。役割を間違えずにカードの選択をすることも強いデッキを作る上での重要な考え方です。というわけで集結Zを早く使いたい系DMPでした。11/10が楽しみになってきたぜ!