デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【泡の魔神・アワンデス】相手依存で踏み倒し可能なムートピアの明日を検証!

 ずーっと悩んでいたことがあります。新規カードの中でテクニカルな能力に見えて実はシンプルすぎて使いところがはっきりと見えなかったクリーチャー。それが【泡の魔神・アワンデス】です。イラストはものすごく好みで相手の踏み倒しをいつもと違う角度で咎めていく姿は好印象なのですがいかんせん使い道がわからない日々が続いていました。しかし本日はこのカードについて考察していこうと思います。

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181027124637j:plain

■G・ゼロ:バトルゾーンに、相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きい相手のクリーチャーがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

 

 相手のバトルゾーンに、マナの数よりコストが大きいクリーチャーが存在すればコストを支払うことなく召喚可能な「G・0」能力を持っています。さらに登場時に相手のクリーチャーを1枚手札に戻すことができる除去能力まで兼ね備えていますね。実質無料のスパイラルゲート。うむ弱いわけがない。本当か?と首を傾げたくなる気持ちをそっと我慢し考察していきましょう。

 

 

 

■G・0能力とバウンスの噛み合いは?

f:id:Noyleseevisions:20181027125044j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027125049j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027125433j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027125102j:plain

 このカードのフルスペックで生かすためには相手に早期で大型クリーチャーを踏み倒してもらい、それに合わせてカウンターを仕掛けていくということになりそうです。それでは近年で早々に踏み倒しにて出てくるクリーチャー達に話を聞いてみましょう。

 

剣様「ドルガンでもう一回走りなおすから大丈夫だぜ。」

轟轟轟様「もう一回出てきてSAで泡も焼き払え!」

マジ卍「バウンスは怠いな…。」

法凰様「8コスト以下は出てくるな。」

 

 

 だそうです。致命的に刺さるところはなさそうです。卍君のテンションはちょっと下がっていましたがオリオティスに裁かれた時のような断末魔はあげていません。そうです。このご時世はスピードアタッカーがなければ環境に生き残れないような速さになっています。というわけでバウンスしてももう一回出てくるよ!その時にアドを取るよ!と脅迫している奴らばかりなのです。これは困りました。卍君対決戦兵器にするには効果が薄いですしどうすればいいものか…。

 

 

 

 

■禁断3分クッキング!たった7コストでゲームに勝利!

f:id:Noyleseevisions:20181027125928j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027130044j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027124637j:plain

 そんな彼にもピンポイントな使い道だってあります!テック団と力を合わせて伝説の禁断を即時撃破するという使い道が!封印はついている禁断をテック団ですべて吹き飛ばし、伝説の禁断ドキンダムX側にする。その後コスト99のクリーチャーが存在するのでG・0!相手のクリーチャーをバウンスすることができます!コスト4以下の呪文によって選ばれることのないドキンダムですが、突如現れるクリーチャーバウンスには対処できないでしょう!水文明の力でゲームエンドやで工藤!

 回数制限ありの耐性を持つクリーチャーであれば手札から投げつけて簡単に処理することが可能ですね。早期に着地するフィニッシャーの代表格の煌龍サッヴァークも何度かアワンデスを投げつければ相手の表向きのシールド剥がす選択肢を突きつけながらバウンスすることができます。ハンドにたくさん持っておきたいカード第1位の座は譲れない!

 

 

 

■横にムートピアを展開できるということは…?

f:id:Noyleseevisions:20181027130755j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027130754j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181027130750j:plain

 他にもムートピア間でのシナジーは多数ありますね。横に並べることで力を発揮することのできるムートピアです。相手に依存してはしまいますがG・0で出せるというだけで強みになります。
 最近の有名どころで言えば≪I am≫なんかに対応していますね。手札からアワンデスを大量に展開し相手の盤面を荒らした後にこちらもコストを支払わずに召喚することが可能です。NEO進化で出すだけでワールドブレイカーと過剰な打点になってくれる最強のフィニッシャーといっても過言ではないですね。

 他にも水のクリーチャーをタップして呪文を唱えることができる≪覇王海賊船 キングシャーク≫の餌にすることだって可能ですね。相手のタップしているクリーチャーを全てバウンスする呪文ですが、アンタップしているクリーチャーはアワンデスで処理することも可能という噛み合い方!大流行間違いなし!自分の盤面に闇のうさぎさんがいれば≪I am≫を着地させて全ハンデスじゃー!

 そして最後に≪龍装艦スペルエビート≫ともいい感じに噛み合います。自分のムートピアが場に出た時に墓地から呪文を回収することができる能力ですね。ただでアワンデスを出すことさえできればアワンデスを大量の呪文に変換することも可能です。それで何をするかは決めていない模様。セイレーンコンチェルトでマナのアワンデスを回収することができそうな予感。ひょっとしてるループなんて…相手依存だしマノミ使うわ。

 

 

 

【あとがき】よくも悪くも相手依存な能力。

 今回紹介したアワンデス君ですがよくも悪くも相手に依存している能力です。相手が早期に踏み倒しを行いターンを返すデッキでなければ活躍は見込むことはできません。この現代デュエルマスターズでは、速さでインフレしているものからカード単体の能力を増やしていくようなデザインにシフトしてしまっている傾向が感じ取れます。多くの踏み倒しメタが登場していますからね。そんな中でも早期踏み倒しが一定数以上存在する通常環境のほうが活躍には向いてしますね。