デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ピラミットーテム】何やらゆるキャラ感漂う姿だが2大懐かし能力を持った懐古殺し!

 ミステリーパックの情報がドンドン開放されているのに発売日をしっかり確認していない抜けている系DMPです。新弾っていつ出るの?というか情報だけでお腹いっぱいになってきている重症化しています。

 本日考察するのはゆるキャラ感の溢れるイラストの【ピラミットーテム】の考察です!トーテムとついているのでミステリートーテムの強化か⁉と期待したのですが全然関係ない方向性のメタリカでした。はい。現実は非情。しかし能力は昔からデュエルマスターズをしている人が手を叩いて喜びそうな懐かし能力をもっていました!というわけでワクワクしながら見ていきましょう!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181018141957j:plain

 

なんと!「サイレントスキル」と「光臨」の2大タップ状態参照ラグだらけ能力を2つも同時に持っているではありませんか!これは熱いですね!この2つの能力は知らない人も多いと思うので1つずつ解説していきますよ!正直両方ともあんまり強くないので期待しないでください!

 

 

 

■サイレントスキルってなんやねん!

f:id:Noyleseevisions:20181018142354j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018142357j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018142401j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018142404j:plain

■サイレントスキル(自分のターンのはじめに、このクリーチャーがタップされていたら、アンタップするかわりに次の能力を使ってもよい)
このクリーチャーは、相手のシールドを2枚ブレイクする。


 「サイレントスキル」は聖拳編に収録されたキーワード能力です。クリーチャーがアンタップするタイミングで発動する能力です。そのアンタップをしない代わりにそのクリーチャーに備わっているサイレントスキル能力を使用することができます。相手のシールドをブレイク、確定除去、シールド追加などのバリエーション豊かな能力が勢揃いでした。しかしこの能力、なかなか発動するまでに時間のかかる厄介な能力でした。このサイレントスキルを発動させるために基本的に以下の手順を踏みます。

 

①サイレントスキル持ちのクリーチャーを召喚する。
②サイレントスキル持ちのクリーチャーで攻撃する。
③サイレントスキル持ちのクリーチャーをアンタップせず能力の発動。

 

 この3つの手順でようやく発動する能力ですね。これはのんびりしすぎですね。召喚した返しのターンに除去が飛んでくることもありますし、攻撃しようとしても大型ブロッカーに返り討ちにあったり、S・トリガーが除去として飛んでくる可能性もあります。一度無事に攻撃できてもタップ状態のため、1ターン殴り返されず生き残る必要があるためそのクリーチャーを守る工夫が必須でしたね。

 このように手間とリスクが多く弱い点から登場当初もほとんど使われることがありませんでした。≪ベノム・カプセル≫だけはちょっとだけ使いました。黒単速攻で。

 

 今回のサイレントスキル能力は相手のクリーチャーをフリーズする能力ですね。自分もアンタップしないからお前もアンタップするなよ!という謎の押し付けをしているようです。それなら使おうかな…ともなかなかなりません。種族がメタリカなので能動的にタップしてあげれば…ってほんとか?

 

 

 

■光臨ってどんな能力?これなら覚えている人も多い?

f:id:Noyleseevisions:20181018144004j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018144007j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018144009j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181018144001j:plain

■光臨-自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト〇以下の「   」を1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

 

 光臨能力はエピソード3で登場したオラクルクリーチャーの持つ能力ですね。種族単位での救済措置?のような能力で、ターンエンド時に光臨クリーチャーがタップしていればデッキから一定の種族のクリーチャーを直接バトルゾーンに出すことができます。普段使用しないような種族テーマに光臨が与えられており種族デッキを組むにあたって核になるレベルのクリーチャーも存在しました。同時に自分のクリーチャーを能動的にタップするような呪文やクリーチャーも登場しましたね。

 

 今回登場したピラミットーテムの光臨先は、コスト8以下のメタリカクリーチャーですね。この条件どっかのクリーチャーと被っている気がするのですが気のせいでしょうか?いやきっと気のせいですね。コスト8以下ということでかなり広範囲のメタリカをデッキからつり出すころができます。さらにコスト制限はあれど文明指定はありませんのでDG等の無色メタリカもリクルートすることができます。≪オブシディアDG≫なんかをデッキから出すのも面白そうですね。

 

 サイレントスキル能力と違って、タップしているのが自分のターンエンド時でいいのでかなり簡単に達成することができます。それでも召喚後に殴ったり能動的にタップするギミックは必要ですが(笑)。

 

 

 

あとがき】起きることができない寝たままトーテム

 さて、ボロクソ書いたサイレントスキル能力と、それよりちょっとだけマシな光臨能力の2つを持つエジプトのゆるキャラでした。このクリーチャーを守ることに徹することができれば、自分のターンの開始時に相手にクリーチャーを縛り、自分のターンのエンド時にデッキから大型メタリカを吐き出し続ける一生寝たままクリーチャーとして活躍できそうですね。メタリカ自体が、攻撃を反らす能力をもっているため守ることに関しては苦労しないかもしれません。しかしこのクリーチャーを出してから機能するまではなかなか骨が折れます。やっぱりベイBジャックって偉大だったんだなあ、2度と帰ってこなくてもいいけど。