デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【印鑑D】ビートジョッキーの固有能力を欲張り貰った脳筋ハンター!

 先日コロコロコミックが発売し新情報と共に、新章の香りが薄らとしてきました。そしてなんだかんだでミステリーパックの発売も近づいてきましたね。デュエルマスターズの盛り上がりもまだまだ衰えそうにありません。

 本日紹介していくのはビートジョッキーの新規ミステリーパック勢の≪印鑑D≫ですね。読み方は「スタンプドン」みたいです。ルビが欲しいですね。「いんかんディー」ではありません。そっちのほうが頭文字Dみたいでカッコいいですね。え?自分だけ?個人の主観は置いておいて考察のほうに行きましょう。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181017140909j:plain

 ビートジョッキーの固有キーワード能力であり「B・A・D」と「G・G・G」を持っている欲張りクリーチャーですね。さらに種族にハンターまで持っています。あとこのカードのレアリティSRなの⁉どんだけ欲張りクリーチャーなんだこれ!といった感想ですね。サイズよし、能力よし、速さもよしと優秀なクリーチャー。というわけで1つずつ見ていきましょうか。

 

 

 

■BAD2&GGG持ちのビートジョッキー!

f:id:Noyleseevisions:20181017141810j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017141817j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017142826j:plain

 BAD2とGGGの2大能力を併せ持つビートジョッキーは初登場ですね。コストは6とビートジョッキーの中では重たい部類にカテゴライズされてしまいそうですが≪一番隊チュチュリス≫や≪ダチッコ・チュリス≫のどちらかを持っていれば自身のBADと併用して3ターン目に着地することができる素早さの持ち主です。パワーラインもバトル中は10000になり序盤のシステムクリーチャーならば蹂躙できるサイズになりますね。デスマッチビートルはやめてください。はい。

 他のコスト軽減クリーチャーの力を借りなければ自分で出てくるには4コストと重たいですがGGG能力を持っているため手札を減らすことについては気になりません。それ以上にパワー10000のスピードアタッカー兼W・ブレイカーがよいサイズになっていますね。≪罰怒ブランド≫や≪“轟轟轟”ブランド≫の超えることのできるパワーラインを持っているためひょっとしてブランドシリーズのライバルポジションなのかも…?

 

 

 

 

■GGG能力でドローし次の展開をカバー!

f:id:Noyleseevisions:20181017142802j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017142805j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017142826j:plain

 最近のビートジョッキーのトレンドは、手札を強制的に減らして≪“轟轟轟”ブランド≫を着地させた後に、ターンエンド時にリソースを回収して第2波を飛ばすという戦略です。もちろん前のめりで相手を倒すことには特化しますが、万が一の事態に備えてリソースの回収をできるため、相手の攻撃の2度目を防がなければならない受けて側からすれば脅威になります。特に画像にあげている2種は、自ら手札を1枚まで減らすことが可能ですぐにマスターGGGの発動条件を満たすことができます。

 今回登場した≪印鑑D≫は自分から手札を減らすことはできませんが、自身の性質上、手札からコスト軽減クリーチャーを使用してバトルゾーンに着地します。そのため自動的に手札は減ってしまいます。しかしこのクリーチャーもリソースを回収することができます。

 このクリーチャーが攻撃する時に、自分の手札が1枚以下であればこのクリーチャーをアンタップしカードを2枚ドローすることができます。スピードアタッカーで登場し手札が少なければ2回攻撃、合計4打点を叩き出すことができるようになります。1、2ターン目に生き物、3ターン目にダチッコ+印鑑D+轟轟轟という盤面を作ることができれば過剰打点を叩き出すことができるコンボになります。印鑑Dから殴り始めることにより確実なドローができること、さらにS・トリガーバウンス呪文であれば、除去選択肢に轟轟轟ブランドが入ってしまうなど、プラスに働く要素が多いですね。

 2枚ドロー+トップのドローで3枚のカードで相手の顔面に迫ることができます。マナは3まで伸びているため手札を使い切ることは容易ですし、旧ブランドも召喚できるレベルでクリーチャーをばら撒くことができるマナ域ですね。

 

 

 

 

【あとがき】ダチッコブランド型に選択肢が。

f:id:Noyleseevisions:20181017144120j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017142826j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181017140909j:plain

 これまでの従来のダチッコブランド型のビートジョッキーの新しい選択肢として入り込んできそうな印鑑Dですね。流れるように手札のリソースを盤面に変換することができる『ビートジョッキー』というデッキタイプとの相性は当然よく2回攻撃+即時リソース回収という合わせ技を持っている唯一無二のカードになっています。

 現行の『轟轟轟ブランド』というデッキタイプにはコスト軽減可能なダチッコや一番隊は採用されていないため組むので旧来のビートジョッキーを組まなければなりません。轟轟轟に場所を奪われてしまっていた感じがあるので新規カードにより息を吹きかえすといいですね。2回攻撃できるW・ブレイカーはヤバい。めっさ強い。さすがゴリラシリーズ。継続的な攻撃を助けることができる能力を持ちながら打点にも貢献することができるクリーチャーとして採用してもいいような気がしてきました。これはこれで新しいゴリラジョッキーが完成するのでは?