デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【エイエイオー】大型連鎖クリーチャー!踏み倒せホーガン!

 遅くなりましたがGP7thに出場された皆様お疲れ様でした。というわけで本日から通常運転に戻っていきますよ!考察すべきカードが大量に在庫処理できず残っているんですよ!本日は遅くなりましたがミステリーパックの情報が出ているカードを少しづつ見ていこうと思います!本日は新しい連鎖持ちのクリーチャーである≪エイエイオー≫を見ていきましょう!張り切っていきますね。エイエイオー!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181011141713j:plain

■S・トリガー
■連鎖(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードが、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい)

 

 ものすごーくシンプルなテキストの新クリーチャーですね。なんだこれ。といった感想が多くありそうですが、唯一無二のスペックを持つクリーチャーですね。世代によっては「連鎖」ってなんやねん⁉みたいな人も多いと思います。そのあたりも諸々含めて記事にしていこうと思います。本日の掛け声はエイエイオー!

 

 

 

■「連鎖」ってなんぞや⁉強いんか⁉

f:id:Noyleseevisions:20181011142417j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181011142420j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181011142423j:plain

■連鎖(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードが、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい)

 

 連鎖とは上記のような能力ですね。連鎖の発動時に自分のデッキトップを1枚表向きにします。それがこのクリーチャーよりコストが小さければ直接バトルゾーンに出すことができる踏み倒し能力ですね。一番よく使われたであろう連鎖持ちクリーチャーは≪アクア・ジェスタールーペ≫でしょうか。デッキトップがコスト3以下のクリーチャーであればバトルゾーンに出せていました。2体目のクリーチャーを出した時に1ドローがつくシステムクリーチャーですね。『ジェスター・ソード』という今でいうところのサザンのようなデッキタイプも存在していました。

 連鎖の亜種能力として「転生連鎖」や「激流連鎖」などのキーワード能力もありました。特に激流連鎖を持つ≪サイバー・G・ホーガン≫は横展開可能なビックマナとしてよく見るデッキでした。激流連鎖は登場時にデッキトップを2枚捲ってクリーチャーを踏み倒すことができます。ホーガン自身のコストが「8」と重たいため、コスト7以下のクリーチャーを2体まで踏み倒すことが可能という制圧力がウリでしたね。PGやエクスが出てきて戦慄した人も多いはず…?

 

 

 

■コスト9の連鎖クリーチャー!ということは…?

f:id:Noyleseevisions:20181011142423j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181011143619j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181011143622j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181011143625j:plain

 コスト9の連鎖持ちクリーチャーということは、デッキトップがコストが8以下であればタダで踏み倒すことができます。水のコスト8のクリーチャーを軽く思い出しただけでもこれだけの曲者が集まってくれましたね。

 先ほど紹介した激流連鎖持つのホーガンは8コストなので更なる展開ができるようになりました。≪エイエイオー≫自身がS・トリガーを持っているため≪エメラル≫などでシールドに仕込んだ後に捲る準備をすればカウンターで一気に展開することも可能になりますね。さらに一部で悪用されている≪奇天烈 グランドダイス≫さんもコスト8ですね。うーん、負けそうじゃデッキも強化されたといっても過言ではありませんね。

 さらに踏み倒しはするけど呪文が踏み倒したい!という方には≪クイーン・アマテラス≫と≪遣宮使 ネオンクス≫なんてクリーチャーもいかがでしょうか。どちらも呪文を踏み倒すことのできるクリーチャーですね。専用デッキを組むには安定感のない連鎖とうう能力ですが、覚えておいても損はないですね。特にS・トリガークリーチャーと奇襲性の高いカードになっているので一発逆転も夢ではないのかも?

 

 

 

【あとがき】デッキタイプとして組むこむならば…?

 大型連鎖クリーチャーのS・トリガーということで、組み込むとすれば≪サイバー・G・ホーガン≫のような運用方法になるでしょう。デカブツを叩き込むか、確実に並べるかですね。

 水文明のウィニーデッキに4枚挿してカウンター性能を高めるのも面白そうですね。デッキタイプとしては最近見なくなってしまった青単ですが、≪異端流しオニカマス≫や≪アクア・ジェスタールーぺ≫、最後に≪“轟轟轟”ブランド≫も添えてあげて完璧ですね。トップからブランドを捲っても大丈夫というアフターケアもバッチリ。本当か?

 さらにビックマナの受け札(笑)としても運用できそうですね。過去のホーガンと同じような動きになりますが。生き物で加速してから上からこのクリーチャーを叩きつけてデカブツをガンガン並べていきます。エイエイオー→ホーガン→7コスト2体という横展開決めれそうですね。懐かしのデッキタイプとして復活させたい人には朗報ですね。

 

 無理やり出そうと思えば「アトランティス転生スイッチ」もできるけど過剰すぎるか。ひょっとしたら新型マーシャルループが誕生する可能性もあるかも…?研究しておきましょう。