デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【凶鬼卍号 メラヴォルガル】新たな無月の門獣の居場所は意外なあそこ?攻撃的な一面に惚れろ!

 GPの接近と同時に台風も接近しています。凄まじい恐怖を色んな意味で感じています。さて、そんなどうでもいい話はいいです。GPまでに新弾のカードをできる限り紹介して本番に備えていただきましょう。

 本日は実力派ベリーレア≪凶鬼卍号 メラヴォルガル≫について見ていきましょう。名前に「卍」の文字がついているため無月の門関係のカードですね。どんどん強化される卍デスザーク卍。どのような活躍をしてくれるのでしょうか?

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20181003142125j:plain

■無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2つブレイクする。その後、自分のシールドを2つブレイクする。
■自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

 

 種族マシマシ系の卍系男子ですが、見た目は量産兵器ってのがチグハグですね。念願の新規デーモンコマンド、そしてドルスザク、そして~号という名前からマフィギャングまで持っています。龍装者系ではなく普通にデーモンコマンドを復活させたのでしょうか。そのあたりの背景ストーリーも気になるところですが気になる能力のほうも見ていきましょう。

 

 

 

■「無月の門」の新規カード!条件付きブロッカー!

f:id:Noyleseevisions:20181003142125j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181003142501j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181003142505j:plain
f:id:Noyleseevisions:20181003142558j:plain

■無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

 

 ひっさしぶりの無月の門の新規カードな気がしますが気のせいですか?クエストパックでデ・スザークを再録しているから誤差って感じですかね。これまで登場している純正無月持ちのクリーチャーは今回で4種になりました。卍月さんは特殊な無月です。はい。「除去+相手タップイン」「除去+攻撃時ハンデス」「全体パワーマイナス除去」と加えて今回登場したのは「シールドブレイク+条件付きブロッカー」でした。コンセプトが謎すぎる。

 S・トリガークリーチャーであるコップや墓地を肥やすことのできる蝋燭くらいしかブロッカーがいないデッキで、新しく相手のターンに登場することのできるブロッカーという価値は高いのではないのでしょうか?まあ後述する能力のせいで微妙な感じになる可能性は十分にありますが。

 サイズが大きいことは正義ですね。他の卍系と違ってパワーラインが10000を超えているので突破できなかった≪ジョットガンジョラゴン≫や≪煌龍サッヴァーク≫などと殴り合いができるようになりました。そのためにこのカードを採用するかと言われると甚だ疑問ですが覚えておいて損はないでしょう。

 

 

 

■登場時にシールドをお互いブレイク!

f:id:Noyleseevisions:20181003143747j:plain

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2つブレイクする。その後、自分のシールドを2つブレイクする。

 

 さて、この能力が主役となっていますね。登場時にシールドブレイク能力です。このカードがバトルゾーンに登場したときに相手のシールドを2枚選んでブレイクします。その後に自分のシールドを2枚選んでブレイクします。このありそうでなかったシンプルな能力が様々な状況下で役に立つことを皆様はご存知でしょうか?

 

①卍デスザーク卍系統にない速攻性。

 ≪卍デスザーク卍≫などの無月の門持ちのクリーチャーは、進化クリーチャーではないので登場してすぐに攻撃に移ることができません。そのため「相手の倒しに行く」という場面ではあまり強くはありません。このクリーチャーももちろん進化クリーチャーではないのですぐさま動くことはできません。しかしこの相手と自分のクリーチャーをブレイクする能力によりその弱点を補っています。登場時にW・ブレイカー相当の能力を持っているため、実質SA(正確にはジョーカーズ等のプレイヤーのみ攻撃)のようなものとして扱うことができますね。もちろんダイレクトアタックできるわけではありませんのでご注意を。これまで登場した卍系のかゆいところに唯一手が届く能力の持ち主ですね。

 

②盾に貼りつけられたカードの回収。

 これまで卍系が食らって面倒だった除去の1つである≪煌龍サッヴァーク≫等の相手のクリーチャーをシールドに送りつける、という能力による後出し解答を準備することができました。相手の盾を削ると同時に自分の盾も減らしてしまうリスキーな能力ですがマッチアップによっては手札を増やすことのできる大きなコダマンマです。

 2ブロック環境における最強格のカードである≪煌龍サッヴァーク≫の除去耐性を一撃で剥がすことができう可能性を秘めている上にパワーも勝負ができるラインになっています。これだけで及第点ですね。表向きのカードを根こそぎ敵味方巻き込みながらリセットできる豪快な動きはこのカードの特権といっても過言ではありません。

 

 

③盾に落ちたカードを回収するループのオトモ。

 お互いのシールドをブレイクするということはループ中のパーツ探しには最適です。特にムカデループ中に蘇生することができれば、盾に落ちたカードを探すことができますね。その中で≪サイバー・チューン≫などの手札を捨てるカードを捲ることができればすぐさま墓地にセット可能ですね。緊急手段として1枚さすことでボトム埋まりの対策として機能することになりそうです。もちろんその分墓地にムカデは多く必要になりますが、そのようなルート変更ができることは覚えておきたほうはいいでしょう。

 

 

④G・G・G対策としても使用可能。

 なんらかの方法で相手のターン中に着地させることが可能になれば、手札が1枚以下の際に発動する能力にストップをかけることも可能ですね。ノーチョイス能力のも対策にもなっています。やはりS・トリガーで盤面に出すことができたほうが柔軟な動きをすることができそうです。もちろん自分の盾も減ってしまいますからケースバイケースですね。

 

 

 

【あとがき】新「無月の門」クリーチャーは1枚出張。

 まだ使用したことがないので使用感はまったくわかりませんが、考察するだけでも要所要所で使い道を作ることができそうです。もちろんそのようなシーンに頻繁には遭遇しませんが、それで勝てる試合が1試合でも増えるのであれば覚えておいて損はありません。もちろん予選の長い大型大会が控えていますので使用するのであれば絶対に覚えておきましょう。必修科目です。