デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【DB"ファンク"C-軍】ゴリラといえばドローでしょ!新しいゴリラの実力は!?

 

f:id:Noyleseevisions:20180929125206j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180929125249j:plain



 

「ゴリラが腹を叩けばドローができる。」

 

 これはデュエルマスターズ世界の真理だということをゴリラ達は教えてくれました。その増えたリソースで奴らを滅ぼせと。今回はそんなゴリラの驚異的な能力をタップリじっくりのんびり紹介していく記事になっています。新弾ゴリラの力を見せつけていけ!

 

 

 

■G・G・Gでコストを大きく軽減!デカブツを射出しろ!

f:id:Noyleseevisions:20180929125555j:plain

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーすべての召喚コストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

 

 自分の手札が1枚以下なら自分のビートジョッキーのコストを「5」も少なくすることができます。過去に登場したB・A・Dを過去のものにするレベルの軽減力ですね。ヤバい。自身のコストが5マナと重たいですが、一番隊+ダチッコのパッケージを利用できれば早期着地も夢ではありませんね。

 

 コストが「5」下がる、と漠然と言われても何ができるようになるかわかりづらいですね。有名なところを挙げてみる≪“乱振”舞神GWD≫が1コストになり、≪勝利龍装クラッシュ“覇道”≫がBAD込みで3マナあれば出てくるようになります。7マナのブランド系統も2マナまで下がりますね。しゅごい(語彙力低下)。

 

 自分の手札を1枚以下にしなければ能力が発動しないので1、2ターン目に横展開する「“轟轟轟”ブランド」とは別のアプローチで手札をなくしてやる必要があります。やはりコスト軽減が可能な一番隊とダチッコに頼るのがよさそうですね。しかし手札をなくしてはコスト軽減後の展開に支障が出てしまいます。それを補うことができるのが後述するドロー能力ですね。

 

 

 

■他のビートジョッキー登場時に1ドロー!

f:id:Noyleseevisions:20180929130955j:plain

■自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

 

 ビートジョッキー版ミストリエスですね。他のジョッキー登場時に1ドロー。誰でも轟轟轟ブランドのドローを体験することが可能になります。手札を減らして5軽減状態で他のビートジョッキーを登場させれば連鎖開始ですね。デッキトップのビートジョッキーをマナが許す限り盤面に叩きつけることができます。その姿はさながら轟轟轟ブランド。4マナあればコスト6以下のビートジョッキーを4枚展開することが可能になります。掘り進めている最中に≪“轟轟轟”ブランド≫を引くことができれば+1枚の展開をすることができます!アニメではボルツ君が轟轟轟轟轟轟轟轟轟とかいう大連鎖を決めて大逆転!なんてことをしていますが、それを疑似体験することが可能になりますね!

 

 

 

 

【あとがき】ゴリラ間のシナジーは皆無なのが残念な点。

f:id:Noyleseevisions:20180929125206j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180929125249j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180929132658j:plain

 私のイチオシドローソースである初代ゴリラさんとは相性が悪かった点が許すことができない。絶対にだ。反面2回攻撃ゴリラさんとは相性が悪くないですね。展開した後に引くことができればそのままNEO進化獣として攻撃することが可能ですからね。

 そろそろビートジョッキーのゴリラ部門ができそうな気がしますね。ネズミとゴリラで統一した格安デッキゴリラジョッキーなんてものも考案できるかもしれません。コンセプトデッキです。強さは保証しません。