デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【卍堕呪 ゾグジグス】水文明に魔道具が登場!新時代の無月の門が今開く!

 

f:id:Noyleseevisions:20180922122334j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922123046j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922123048j:plain

 さて、新弾が発売されましたね。ギラギラ終葬QX(略)。後追いで買っていきますが、心だけは開封済です。もうしっかりすべてのカードに目を通しました。もちろんMからCまで。というわけで本日は、その中でもインパクトが大きかった水文明の魔道具について見ていこうと思います。

 

 

やっぱり新ギミックって気になるやんb

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180922122334j:plain

 6コストの魔道具呪文ですね。自分のクリーチャーを1体選んで、そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき1枚ドローできます。その後、含まれるカード1枚につき相手のクリーチャーをバウンスすることができます。そしておまけがもう1つ。唱えたターン、相手は自分の手札の枚数以下の呪文を唱えることができない疑似ジョマキまで搭載しています。

 

まだよくわかっていないので1個ずつ解決しましょう。

 

 

 

■水文明の呪文魔道具?

f:id:Noyleseevisions:20180922123046j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922123048j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922123558j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922124207j:plain

 今回新しく、水文明の魔道具が登場しました。種族呪文自体は新しいギミックではありませんが、久しぶりの登場ですね。しかも魔道具ということで≪卍デスザーク卍≫などの登場のための元になりそうです。

 「無月の門」が墓地の魔道具や場の魔道具を巻き込んで召喚できる能力ですので、使い捨ててすぐに墓地に行ってくれる呪文という形態とは相性がいいですね。これまではクリーチャーの能力によって山札から墓地に魔道具を送るという一覧の動作が必要でしたが、水文明の魔道具呪文を使用することで、相手に直接的な妨害をしながら墓地に魔道具を増やすことができそうです。

 特に注目したのが≪堕呪バレッドゥ≫ですね。コスト2で2ドロー1ディスカード。2マナで墓地に魔道具を2枚準備できるのは新しいですね。S・トリガーのついていない魔道具≪エマージェンシー・タイフーン≫として使用できる可能性は十分にあります。現段階で「卍デスザーク卍」というデッキが高い完成度を誇っているので、水文明をいきなり組み合わせるのは難しいかもしれませんが、現在研究が進んでいることでしょう。

 

 

 

 

■相手のクリーチャーを大量バウンス&大量ドロー!

f:id:Noyleseevisions:20180922122334j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922124839j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180922124834j:plain

■自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。その後、そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。


 自分のクリーチャーを選んで、その中に含まれているカード1枚につき・・・?なんのこっちゃ!という方も多いでしょう。具体例をあげてみてみましょうか。

 この呪文を魔道具4枚が下敷きになった≪卍デスザーク卍≫を対象に唱えるとしましょう。そうすると相手のクリーチャーを4枚バウンスした後に4枚のドローがついてきます。6コストに呪文が出せる出力には見えねえなおい!もちろん≪卍月ガ・リュザーク卍≫を対象に取れば6体バウンス+6枚ドローです。オーバースペックすぎて1周回って使えないレベルですね。

 これは卍デスザーク卍の他にも進化クリーチャーにも適用できますね。特に超無限進化系統は、大量に進化元を蓄えることになるので上記の2体並のバウンス&ドローができそうです。これは水文明の究極進化MAXの≪超神羅ギャラクシー・オペレーションθ≫間接的な強化だったのでは…?

 

 

 

 

■相手の呪文をロックして確実な勝利を。

f:id:Noyleseevisions:20180922130310j:plain

■このターン、自分の手札の枚数以下のコストを持つ呪文を、相手は唱えられない。

 

 ドローとバウンス能力も魅力的でしたが、こちらの呪文ロック能力もかなり強力です。このターン相手は、自分の手札の枚数以下のコストを持つ呪文を唱えることができません。前述したように4枚~6枚ドローすることができれば、相手のスパーク呪文くらいは止めることができるでしょう。特に一発で盤面がひっくり返る恐れのある≪ドラゴンズ・サイン≫等の呪文を止めることができるのは偉いですね。

 最近採用が増えているスーパー・S・トリガーなどはボーナスが強力な分コストが重く設定されているため抑止力になりづらいですが、ツインパクト呪文や、この弾から収録されているサバキZ持ちの紋章を止めることができるのは大きな強みになると予想されます。S・トリガークリーチャーは止めることができないのでご注意を。

 

 

 

 

 

【あとがき】水の魔道具はまだまだ発展途上。

 メタ的な意見になってしまいますが、現在の「卍デスザーク卍」のデッキは「ラピリビト+卍月ガ・リュザーク」のエンド時ハンデスループを組んでから殴り始めるというなんとも陰湿な()戦い方になっており、非常に時間がかかります。この呪文1枚で盤面ひっくり返して潔く殴る!というフィニッシュにシフトしていければなあという謎の願望があります。はい。

 まだ水文明の魔道具は登場したばかりです。このまま次の弾では水文明の「無月の門」持ちのクリーチャーが登場してくれれば水文明魔道具を組むことができそうですがどうなるでしょう。水文明にも無月の門が登場したらなんか無月の門だらけになって無月の門も見たくなくなるので環境を無月の門だらけにしないように無月の門を出さないようにしてほしい感はありますね。文章が無月の門だらけになったところでまた明日。