デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ギラメシア†】新時代の煌龍!一足早くギラメシアを体感!攻守一体のマスタードラゴン!

 一昨日もツッコミましたが、今回登場するギラメシアさん達は「†」のマークがついており、いかにも攻撃力の高そうな名前をしていますが、そこはやはり光文明。守りに特化していますね。

 

 一発目から無粋なツッコミ申し訳ございません。ケースケです。本日はコロコロコミックの付録として収録していた2大付録の片割れ、【ギラメシア†】について見ていこうと思います。スタートデッキも発売し、新弾の発売まで秒読みですからね。GPも近い。気合が入ります。

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180919140759j:plain

 新マスタードラゴンのギラメシアさん。コスト7でしっかり≪ドラゴンズ・サイン≫にも対応しています。もともとブロッカーも持っているので次のターンも安心の設計ですね。攻撃時にシールドを表向きで追加する能力と表のシールドを1枚裏向きにして、自身のアンタップする攻守一体の能力となっています。詳しく見ていきましょう。

 

 

 

■ドラゴンズ・サイン対応!新ギラメシア†

f:id:Noyleseevisions:20180919141218j:plain

 2ブロック構築のカウンターデッキの大部分を支えている≪ドラゴンズ・サイン≫からのカウンターですが、新しい候補クリーチャーが登場しました。登場時能力こそないため、出した瞬間に仕事をできませんが、一度殴り始めることができれば優秀な能力のクリーチャーになります。

 ≪ドラゴンズ・サイン≫から場に出す候補の筆頭はやはり今でも≪煌龍サッヴァーク≫でしょう。強力な除去能力に破壊耐性を併せ持っているためこのクリーチャーは見劣りしてしまいます。このクリーチャーは素でブロッカーを持っているため、一度着地してしまえば恒久的に守り札として使用することができますね。隙あれば出しておきましょう。

 

 

 

■攻撃時&攻撃の隙がない攻守一体型クリーチャー!

f:id:Noyleseevisions:20180919141802j:plain

 このクリーチャーの攻撃時に、表向きのシールドを一枚追加することが可能です。≪煌龍サッヴァーク≫の破壊耐性を1度追加してくれる相性のいいカードですね。守りのシールドも1枚追加されるためS・トリガーの期待値もあがります。この攻撃時の盾追加は、あくまでシールドの上に表向きにしてカードを追加するため、シールドが0の場合は使用することができません。裁きの紋章と同じようなイメージでいいでしょう。なんらかの方法でシールドを増やすことを考えたほうはいいですね。限定構築でも軽量の≪プロテクション・サークル≫という盾追加呪文があるのでそちらが必須になるかもしれません。

 そしてこのクリーチャーのもう一つの特徴はターンエンド時のアンタップです。自分の表向きのシールドを1枚裏向きにするとこのクリーチャーをアンタップすることができます。「ブロッカー」という役割と「殴り返し要因」という役割を両立することのできる能力ですね。アンタップの条件として、表向きのシールドを裏にしなければなりませんが、このクリーチャー自身が攻撃時に表向きのシールドを追加することができるので自身で戦略を補完できています。

 

 

 

 

 

 

【あとがき】ドラサイ経由で出せば攻守一体のドラゴン!

 コロコロコミックという雑誌の付録のカードなので、あまり強くデザインすることはないと思っていました。しかしやはり「ギラメシア†」の名前を冠するものだけあり、着地すれば制圧力は高いです。

 

 現在環境では表向きのシールドが存在することは≪煌龍サッヴァーク≫の破壊耐性を生かすために貴重なファクターになっています。「シールドを裏向きにする」というある種のコストがどこまで軽くなるのか、はたまた強力な能力になるのかが楽しみになってきます。早く新弾のギラメシアサッヴァークを使いたい!とワクワクしてやまない系DMPでした。