デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【堕魔ドゥリンリ】待ち望んだ2ターン目魔道具。お得なポン出しドゥリンリ。

 最近見なくなった黒電話ですが、まだおばあちゃんの家では正常に機能しているようです。知らんけど。最近入り方がわからなくなってきたんですが、というかネタを考える脳みそが正常に機能しなくなってきている気がします。この短い文章の中にすでにもう2回も「正常」という言葉が使われています。これは正常な文章なのでしょうか(笑)。

 

 本日は新魔道具の登場です。しかもなかなか期待できる新エースの登場です。これまでの2コスト魔道具とは違った墓地肥やし魔道具。というわけで見ていきましょう。堕魔黒電話。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180912142656j:plain

 2コスト/パワー2000のシンプル魔道具ですね。能力はターンの終わりに墓地肥やし。これをものすごーく私は強いように感じるのですが気のせいでしょうか?というかサイコロのほぼ上位カードに見えますが気のせいですか?

 

 

 

■ターンの終わりに1枚墓地肥やし。これは…?

f:id:Noyleseevisions:20180912142935j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180912143148j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180912143145j:plain

 現代デュエルマスターズの「卍デスザーク卍」では2コスト域は大体この3種で埋まってしまっています。そんな中、新しい2コスト魔道具を出すなんて無謀極まりないところです。しかしこの3枚と新しいカードでは明確に役割の差別化をすることが可能になっています。

 ≪堕魔ドゥポイズ≫と≪堕魔ドゥシーザ≫の2ターン目の役割は相手の一番隊サイクルないしはアタッカーの除去です。これで出鼻を挫くかなり強い動きではあります。これは後攻2ターン目のよくある動きですね。ビートダウンに対して強く出るための動きです。さらに前者は卍月+ラピリビトで毎ターン全ハンデスするためのパーツとして大きな役割も持っています。

 そして≪堕魔ドゥグラス≫も無視できません。≪“轟轟轟”ブランド≫という最速王者決定戦をするカードに対してのワンチャンスを残すために必要なS・トリガーです。今では4枚必須のカードですね。役割としては2マナ目の動き、というものではなく盾からのブロッカーとして、最後の詰めの反撃に対するブロッカーとしての役割が大きいですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20180912143143j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180912143140j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180912142943j:plain

 そんな中でも、今回登場した≪堕魔ドゥリンリ≫は少々異色です。ターンの終わりに山札上から1枚を墓地に置くことが可能なカードですね。これまでは相手に対応するためえの2コストクリーチャーや、2ターン目にプレイしてもあまり旨味のない2コスト魔道具が多かったです。そんな中救世主が登場しました。

 今回の新カードの強い点は、先行1ターン目に自分の動きをするための墓地肥やしが可能である点です。これまで相手に依存していた2コストクリーチャーですが、ドゥリンリは完全に自分の盤面しか整えません。2ターン目に魔道具を場に1墓地に1準備することのできるカードですからね。3ターン目の≪堕魔グリギャン≫からの最速卍デスザーク卍降臨への大きな手助けとなるカードに仕上がっています。盤面に残れば毎ターン1アドずつ取ることのできる残してはいけないスペック、最悪一番隊と刺し違えることのできるパワーラインと強いことしか書いてない。是非とも採用してみたいカードです。

 

 

【あとがき】

 フレーバーテキストを読むと、ついに闇の侵攻は水文明にも届いてしまったようです。自然文明だけでは飽き足らず世界を闇で覆う気マンマンですね。何やら風の噂では水文明の魔道具も出るとか出ないとか、ますます新弾が楽しみになってきましたね。昨日は勘違いしていましたが、新弾の発売は9/20ではありませんでした。22でした。来週の土曜日ですね。早くギラメシアでギラギラでしたいと思う今日この頃。以上ケースケでした。