デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【チェンジ手札退化】年月が経ち、新しいアプローチで手札退化に迫る!

f:id:Noyleseevisions:20180904141223j:plain

 本当に皆様、色んなコメントをありがとうございます。応援コメント、共感のコメント、記事のミスのコメントと色んなコメントを楽しく読まれていただいています。その中でもおとといこのようなコメントいただいていました。

 

 

 

 

「我、手札退化ノ強化案、求ム」

 

 

 

 

 なるほど、手札退化を使用されている方からのメッセージですね。本当は礼儀正しいコメントでした。言葉遣いが丁寧な読者様ばかりで本当に嬉しいです。というわけで本日は「手札退化」の強化案を考えていきます。

 

 

■手札退化ってどんなデッキ?

f:id:Noyleseevisions:20180904141223j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180904141316j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180904141257j:plain

 そもそも「手札退化」とはどのようなデッキでしょうか?

 手札退化デッキは水の大型クリーチャーを早期に出して盤面制圧を狙うデッキです。≪魔皇アンドラージ≫などの手札から進化元を準備しながら場に出せるクリーチャーを出し、その進化上だけを≪龍脈術 落城の計≫などでデカブツをバトルゾーンに残してやることを目標にしたデッキです。バトルゾーンに残すカードは強力な制圧力と大きなコストを持つ≪完全不明≫が第一候補ですね。

 

 

 

 

 

■お悩み解消⁉でもお値段は解消できない!

 今回いただいたコメントには、「バイケンを入れて遊んでいる」という言葉が書いてありました。そして「マナ退化モアイしてやろうか」とも書いてありました。ということは青緑のデッキなのかな?とかってに予想しています。そしてメインの悩みとして「デッキの斬れ味が足りない」という一言も。これを一気に解決してくれるカードはないものか…。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180904142715j:plain

チェンジザ「おーい、今日も革命チェンジしようぜー!」

 

 

 

おまえだ。

 

 

 これはいいやつがいました。そうです。今、絶賛色んなデッキに引っ張りだこのチェンジザ君がいるじゃないか。君なら手札退化の悩みを救ってくれるはず。というわけでパワーカードの力を借りてみましょう。

 

 チェンジザ君は登場時と攻撃時に2枚ドロー後に手札を1枚捨てる能力+手札から初めて捨てられる呪文がコスト5以下なら唱えることのできる強力な能力を持っていますね。そしてこの能力、≪魔皇アンドラージ≫と噛み合っていませんか?

 

①チェンジザを盤面に出しておく。
②次のターン、手札進化でアンドラージを場に。
③アンドラージ能力で2枚ドロー後に2枚墓地へ。
④手札から落城の計を墓地へ。そのままアンドラージを退化。

 

お、なかなかいい感じの流れ。これなら決めることができそうですね。緑を混ぜればライフシャワーの流れで6コストまで繋げれらますし、ライフアンドラージ退化の流れにもなりそうです。かなり机上の空論になりますが決まればカッコイイですね。

 

 

 

■チェンジザ+チューン+バイケン=宇宙!

f:id:Noyleseevisions:20180903123149j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180904143945j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180904143828j:plain

 そういえばコメントの中に、「バイケン」という言葉もありました。ということはチューンバイケンも可能なのでは?とも目論見も浮かびあがってきました。

 ≪サイバー・チューン≫は皆さん知っての通り、3マナ3ドロー2枚捨ての水の呪文です。このカードシンプルなテキストですがこのデッキでは多くの役割を持っています。

 

①3ターン目に撃ち、手札にアンドラージを持ってくる。

 4ターン目にアンドラージ、5ターン目に退化を決めようと思うと、それまでに手札に必要パーツを引き込むことが重要になります。ということは3ターン目までのドローが重要になるということですね。3ターン目に3枚も引き込めるのでパーツ探しには最適でしょう。

 

②S・トリガーとしてバイケンを場へ。

 相手のターン中に、S・トリガーとして使用できれば手札を2枚捨てることができます。ということはバイケン2枚捨てることができるということですね。これで2枚のバウンスが可能に!速いデッキに対しての防御札としても重要になってきそうですね。

 

③相手ターン中にチェンジザの起動も!

 手札を捨てられる、ということはチェンジザの呪文起動にも使用できるということですね。手札から≪龍脈術 落城の計≫を捨てて、相手のターン中に退化させたり、相手のバウンスに呪文を使えたりします。特に落城の計はコスト6以下のカードに触れるので、相手のチェンジザやアパッチなどにも除去として使用できますね。

 

 

 

【あとがき】

 今回はチェンジ退化について触れてみました。え?「斬れ味」について触れられてないだと?完全不明+チェンジザで5打点、戻したアンドラージを再召喚してぴったり6打点!抜群の斬れ味じゃないかあ!え?これならチェンジザダンテすればいい?違うんだよ!ダンテが使いたいんじゃなくて「手札退化」がしたいんだよ!議論は終わり!閉廷!

 本当は≪最高学府インテリエイル≫を使って新しいチャレンジをしてみたかったのですが、それって退化が強いんじゃなくてループが強いんじゃね?と言われそうなので、今回は完全不明前提で考えてみます。

 コメントをくださった方、ひょっとしたらすでに試されているかもしれません。しかも挙げたカードが「強い!高い!ヤバい!(ボキャ貧)」みたいなカードになってしまい申し訳ございません。