デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」】お猿さんの新しいおもちゃ!特攻ッス!

 最後の暑さを振りまいて皆様を苦しめている8月もあと1週間と少しになりました。学生の皆様は宿題は終わっていますか?私は人生の宿題に直面している気がしますがいまだに提出できておりません。

 本日も暑さに負けず新弾のカードの考察をしていきたいですが、マージで暑い。死ぬ。頑張って生きましょう。今日はテンション低く、クールに行こう。マジで。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180821141608j:plain

 本日見ていくのは【メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」】ですね。まさかのベリーレア枠。私の中ではイラスト判断でアンコモン枠だったのですが能力を見るとなるほどの一言。それではクールに涼しく冷静に考察していきましょう。熱い。

 

 

 

■【メガブースト・チュリス】お猿さんの新しいお友達!

f:id:Noyleseevisions:20180821142147j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180821141608j:plain

 【ロック“SPK”スピーカー】を皆様ご存知ですか?登場時に山札を3枚表向きにし、その合計のコストが6以下ならすべてクリーチャーをバトルゾーンにタップして出すことができます。このカードはカードのコスト判定時にツインパクトカードであればどちらの面のコストを参照してもよいという強裁定をもらっているため、ツインパクトカードが登場するたびに強化されています。そして今回もお友達が登場しました。

 

■コスト6/パワー6000のビートジョッキー。

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。

■攻撃時、山札の1枚目がコスト5以下のビートジョッキーなら場へ。

■呪文面のコストが「2」

 

 

 このようなスペックです。これが猿と相性がいいのです。というわけで書き足し。

 

 

■コスト6/パワー6000のビートジョッキー。←猿と同じ文明。火文明

■W・ブレイカー←デカい打点。踏み倒しで早期で出るのは強い。

■自分の火のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。←猿がすぐさま殴れる。

■攻撃時、山札の1枚目がコスト5以下のビートジョッキーなら場へ。←攻撃時にトップから猿が捲れる。

■呪文面のコストが「2」←ヤバい。猿専用機。

 

 ≪ロック“SPK”スピーカー≫自体が個性的な能力で注目されていましたがどんどん強化されていくと誰が予想したでしょうか。お猿さんからこのカードを捲り、次のターンにこのカードで殴るとデッキトップを捲れます。それがまたお猿さんなら…?と無限に夢と希望と愛と勇気だけが膨らみます。

 

 

■【ぶっ飛び特攻ッス!】猿との相性のいいドロー呪文。

f:id:Noyleseevisions:20180821141608j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180821142147j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180820144219j:plain

 さて、注目の呪文面ですね。諸悪の根源である2コスト呪文です。こちらの能力は控えめです。自分の手札1枚を残しすべて捨てます。そしてターンの終わりにこのターンに攻撃したクリーチャーの数だけドローすることが可能です。もともと手札を使い切るくらいの気持ちで特攻を繰りかえす種族であるためデメリットは気になりません。

 ≪ロック“SPK”スピーカー≫で使用する場合、展開後に呪文面を使用し全軍特攻。ターン終わりに大量のリソースをハンドに抱えることができます。手札に切れに悩まされていたこのデッキにもドローソースが登場し一安心です。

 さらにこの呪文「轟轟轟ブランド」とも相性がいいです。強制的に手札を1枚にできますね。この残すカード1枚を≪轟轟轟ブランド≫にしておけばすぐさま踏み倒すことができるようになります。さらにスピードアタッカー達で殴れば次のターンの後続を引っ張ることにも繋がりますね。このコンボは悪くない。まさにビートジョッキーのためにデザインされたカードですね。

 

 

【あとがき】

 新弾の新しいベリーレアツインパクトカード、なかなか強そうなカードに見えてきました。果たして環境をメガブーストさせることはできるのでしょうか?見ものですね。

 このカードデザインを見るとやはりスピーカーと一緒に使用したくなります。すでにデッキを組んでいる方はぜひぜひデッキにいれてみましょう!そしてこのカード自体はベリーレアでなおかつ非常に汎用性があるカード、というわけではありません。一緒に集めて格安デッキとして組んでみるのも一考ですね。発売したら記事にしていきたいと思います!忘れていなければ!