デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【トライガード・チャージャー】光シールド操作4コストチャージャー!これは価値あり!

 昨日に引き続きゼニス頂神殿の新規収録のカードについての地味な解説となっています。どうせならメインカードの解説しろよと言われそうですが、なんとなくニッチなところを歩きたくなるのがイきりオタクの性というものでしょう。というわけで本日も万人受けしない系記事を書いていきましょう!本日は【トライガード・チャージャーです!

 

f:id:Noyleseevisions:20180811123227j:plain

 新しい光のチャージャー呪文ですね。イラストでは≪フワット≫かな?楽しく浮かび上がっています。能力はシールドの任意回収と手札からシールドの追加ですね。さらにチャージャー付です。エメラルーダのような能力ですね。というわけでひとつずつ見ていきましょう。

 

 

 

■シールドを手札に戻してもよい!そして盾を仕込め!

f:id:Noyleseevisions:20180811123227j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180811123708j:plain

 4コストのチャージャーですが、かなり強い部類のカードになっています。

 

■シールドを1つ手札に回収してもよい。ただし「S・トリガー」は使えない。
■自分の手札を1枚、裏向きで新しいシールドとして追加。

 

 この2つの能力を持っています。呪文は上から順番に解決していくので、上から見ていきましょう。まずはシールドの回収能力です。

 上のシールド回収能力は「回収してもよい」と書かれているので無理に回収する必要がありません。単純に下の能力だけ使ってシールドを追加したいという方は使わなくても大丈夫です。この1文があるだけで、盾から手札補充+シールド0でも使用可能という2つのメリットがありますね。偉い。

 そして下のシールド追加能力です。自分の手札を裏向きで追加することが可能ですね。上の能力でS・トリガーを回収してももう一度埋めなおすことができますし、自分の手札にある強力なS・トリガーを埋めることも可能ですね。

 この2つの能力を有していると≪音感の精霊エメラルーダ≫を思い出しますね。能力も使い方もまったく違いますがやっていることは同じようなものです。あちらは両方とも任意な挙句、S・トリガーを使用できて、自身がドラゴンというハイスペッククリーチャーですが、というかエメラルーダ強いなおい。

 

 

■光の4コストチャージャー呪文!

f:id:Noyleseevisions:20180811123227j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180811125015j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180811124836j:plain

 こちらでは「4コストのチャージャー呪文」という点で見ていきましょう。4コストのチャージャー呪文という性質上、次のターンの「6」の動きを見ていくことになりますね。

 まずは光文明のコスト6といえば≪ヘブンズ・ゲート≫ですね。今回のデッキにも収録されていました。このカードがシールドから出て真の力を発揮する気がしますが手札から唱えてもまあ強い。1ターンでも早く大きなブロッカーを立てることは重要なのでしっかりチャージャー呪文は活用できますね。さらにこのチャージャー呪文はシールドを仕込むことができるので≪ヘブンズ・ゲート≫を仕込むこともできますね。返しのターンに殴られることがわかっているのであれば仕込んでおきましょう。プレイが重要になるコンボですね。

 そして大興奮デッキ「ブライゼシュート」こと≪黒神龍ブライゼナーガ≫とも相性がいいですね。ブライゼシュートはシールドの大型スーパー・S・トリガーを強制的に発動させ、大型クリーチャーを踏み倒していくデッキです。今回登場したこの呪文でシールドにスーパー・S・トリガーを仕込んでおき次のターンに6になるのでブライゼシュート…!って感じの滑らかな動きが可能になりました。これまでは≪フェニックス・ライフ≫を使用していましたが候補が増えましたね。単色を取るか多色を取るか、山を掘るかどうかと悩ましいところです。

 

 

【あとがき】

 明日はバルガ龍幻郷のイチオシカードの使い方になりますね。明日も張り切っていきましょう。

 そして本日は超CSin石川の当日ですね!私は会場には行けませんが皆さんの健闘を遠くの地からお祈りしております!今回トップを飾るデッキはなんでしょうか⁉結果が待ち遠しい限りです!