デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【DMPAUPER】コモン限定構築‼ギャラクシー卍獄殺編!

 昨日、Twitterを見ていると、「3コスト以下デュエマ」というルールが流れてきました。デッキを3コスト以下のカードだけで組んで戦おう!というローカルルールみたいですね。このように特殊なルールでデュエルマスターズを楽しむのも一興です。

 それに感化され、本日は久しぶりにDMPAUPER(コモン限定構築戦)の考察をしていきたいと思います!この記事マージでどこにも需要がないのはわかっていますが、私が楽しいのでアリ!アリなんです!本日は一番新しい双極編2弾のコモンカードをピックアップしてみていきましょう!

 

 

■【火文明編】G・G・Gはやはり優秀!

f:id:Noyleseevisions:20180726141846j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180726141843j:plain

 普通に構築にも採用される≪ミサイル“J-飛”≫はコモンカードの中でも優秀でしょう。赤単PAUPERであれば手札から投げられるスピードアタッカーは最後の詰めに手裏剣として投げつけることができるので大いに活躍できそうですね。ガンガン手札を投げて殺しに行きましょう!

 そして盤面のクリーチャーでテンポを取ったり制圧することが重要なこのレギュレーションでは≪ポリスワン≫もかなーり強いでしょう。相手のアンタップしているクリーチャーが殴られるようになってしまう≪カオスストライク≫内蔵クリーチャーですね。他のクリーチャーで相手のクリーチャーを一取りながら、こちらには打点が残りますからね。

 

 

■【自然文明編】サイズが正義!新しいデッキタイプすらも誕生!

f:id:Noyleseevisions:20180726142353j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180726142351j:plain

 今回追加された自然文明のコモンは実践級のカードもあればデッキタイプになりうるカードもありました。特に≪ウイングアイ・マック≫はかなり優秀な除去S・トリガーです。S・トリガー付きのクリーチャーで、登場時に相手のクリーチャーとバトルすることができます。踏ませることができれば相手の5000以下のクリーチャーを除去+返しに殴り返しと2面除去可能なクリーチャーですね。パワーもPAUPERで大切な4000ラインを越えてきているので弱いわけがないです。

 そして忘れることのできない高パワーカード、≪べべキャベツ≫の追加も熱いですね。これまでは≪はさいさく≫というコスト9/パワー12000のクリーチャーはいましたが、スペックがまったく同じ互換カードが登場しました。これにより白菜&キャベツで8枚態勢のビックマナが完成しますね!緑単はさいさくビックマナが強化されたので大歓喜です!

 

 

■【光文明編】ブロッカーはこの夏熱い!高耐久!盤面制圧!

f:id:Noyleseevisions:20180726142921j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180726142918j:plain

 今回のパックはパワー4500のブロッカーが追加されました。この「4500」4500という数字はPAUPER界において非常に除去されずらいサイズになっています。特にプッシュしたいのは≪ケイビノ裁徒≫ですね!

 ≪ケイビノ裁徒≫はパワー4500のブロッカーで、破壊されるとシールドゾーンに行きます。小型クリーチャーは軒並み除去することができるパワーラインで、相手の大型W・ブレイカーを止めながら逆にシールドを増やすことができるというなんでも屋ですね。さらにコストが「5」ということで≪白騎士の精霊王ウルファス≫の進化元として完璧なマナカーブとスペックを持っていますね。単体でも仕事をし、進化元にもなれる新カードで、光単PAUPERには必須になりそうです!

 

 

 

■【水文明編】守りを固めてカウンター!

f:id:Noyleseevisions:20180726143516j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180726143520j:plain

 水文明も、環境では活躍できていませんが、コモン限定構築戦では小粒揃いですよ!要所要所で活躍が見込めるカードがしっかり登場しています!

 ≪サイバー・N・グランド≫はS・トリガークリーチャーで1ドロー付きですね。手札から出すことは少ないですが、盾から出ればおいしい系クリーチャーです。パワーは3000もありながらアドを失わないキャントリップ付きですね。相手のクリーチャーを殴り返すことができれば実質手札失わない除去ですからね。

 そして呪文を唱えるとコストが軽減されるブロッカーの≪貝獣 アッカイ≫も素晴らしいですね。小型バウンス呪文を撃って、余ったマナで出てくる壁ですね。パワーも5000と高いので突破されづらいです。攻撃に参加できないため多く採用することができないのがつらいですね。

 

 

 

■【闇文明編】バリューで勝負ができるようになった!

f:id:Noyleseevisions:20180726144155j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180726144158j:plain

 残念ながら今回の闇文明のコモンカードはこれといったカードがなかった気がします。挙げるとしたらこの2枚でしょうか。

 ≪堕魔ヴァイプシュ≫は呪文が唱えられると、墓地から手札に戻ってくることができるバニラですね。このレギュレーションでは「無月の門」がいないので使用するのはなかなか厳しいです。呪文の手札コストとして使ったあとにすぐさま戻ってくることができるので火文明を組み合わせたいところです。タイミングの違うキャロルですね。

 そしてマナレシオ論でぶっ壊れている≪凶鬼53号 グルーグ≫ですね。コスト2/パワー4000のデカブツです。タップして場に出てしまいますが、破壊されたときに墓地を肥やすことが可能ですね。

 

 

 

【あとがき】

 久しぶりのPAUPER記事でしたが、皆様いかがでしょうか?さすがにコモン限定構築はまだまだ流行っていないでしょう。私も研究が追い付いていないですし、どうしても通常構築のほうに行ってしまいますからね。これからもちょこちょここちらも更新していきますので、強いカードなどがあればご一報を!喜びます!