デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【環境デッキの分析解説2018.8】環境デッキの争点と主張を分析考察≪新DM編②≫

 ハースストーンにゲロはまり中のデュエルマスターズ好きです。はい。別のカードゲームも面白いですね。シャドウバースもやりたいところ。

 本日はデュエルマスターズ環境デッキ分析解説最終編。本日はムカデと轟轟轟について書いていこうと思います。もうすぐクエストパックが発売してしまうので急いでいこうと思っているのですが、1日2記事も集中力が持たないで候う。明日から新弾について書いていきますね。

 

 

■【ジャバランガループ】殴っても地獄、待っても地獄。

f:id:Noyleseevisions:20180711141126j:plain

【主張点】≪界王の封≫1枚で即死ループに入れるように墓地を溜め、詰みの状態を作り出す。

 このデッキは現環境で生き残る数少ないループデッキですね。墓地にムカデや毒瓶をお落としておけば無限に墓地を肥やすことができ相手の山を削る、エクストラウィンを決めるなど多様な勝ち筋を取ることが可能。≪界王の封≫1枚からループに入ることが可能で、いとも簡単にムカデの毒が回り始める。この呪文を撃つか撃たれるかのゲームになります。

 

【争点】5~6ターン目の≪界王の封≫、もしくは盾から出てくる≪界王の封

 このデッキの主張点は呪文1枚での「即死コンボ」でした。ということはその準備が終わる前に速やかに殴り切ることが重要ですね。相手が墓地を肥やすのは≪エマージェンシー・タイフーン≫や≪サイバー・チューン≫等のS・トリガー呪文です。盾からS・トリガーを踏むことを恐れることなく殴れるかどうかが勝負の分かれ目になります。理想はS・トリガーを踏まずに殴りきること。次点で墓地の準備が整っても踏まずに殴りきることですね。≪界王の封≫からのループは盾から踏まずとも、マナがたまれば手打ちされて負けになってしまいます。ということは殴って踏んでも、殴らずとも変わらないということです。ならば踏まないことを祈って殴りましょう。

 このデッキの争点は6ターン目ですが、争点に行くと確実に負けるのでそこまでに勝負をつける方法を模索する必要があります。墓地対策や呪文メタ等で速やかに決着をつけましょう。

 

 

■【轟轟轟ブランド】新進気鋭の爆速速攻を捌けるか。

f:id:Noyleseevisions:20180711143112j:plain

【主張点】相手が行動する前に殴りきる+複数S・トリガー要求。

 新弾によって新しいアーキタイプとなった≪轟轟轟ブランド≫ですね。最速2ターンで決着をつけるマッハのスピードで全世界を周回遅れにするほどの速さです。

 このデッキの最大の主張点は、相手のマナがたまる前に盾に迫り返しを準備させないことですね。≪轟轟轟ブランド≫自身が手札がこのカード1枚だとタダで召喚することができる化け物で、その条件を満たすために手札の小型クリーチャーを盤面に叩きつけます。時にはデメリットである「手札を捨てる」カードを駆使してでも場に出てきますね。S・トリガー1枚であればデッキトップのスピードアタッカーで貫通することができるレベルで、轟轟轟ブランドが捲れれば除去+打点といったトチ狂った打点をたたき出させます。

 

【争点】1~2ターン目にS・トリガー枚数。

 このデッキとの対面の最大の争点は1~2ターン目です。しかし受ける側はそのターンではろくに動くことができません。ということはすべてはシールドにかかっているということですね。このデッキをわかりやすく止めるためには、「ドラサイ+煌龍」もしくは「カーネル+ミラダンテⅫ」くらいしか明確な回答がありません。どちらかが欠けていれば負けになるパターンも多いです。

 そしてもう一つ弱点ないし抑止力となるカードがあります。それは≪学校男≫ですね。このデッキの最速の動きの1例として先行肉汁轟轟轟ブランドのインチキムーブがあります。先行だと止めることは至難の業です。しかし受ける側が先行なら話は大きく変わります。後攻1ターン目に肉汁を出すと棒立ちになることが多く、≪学校男≫等の除去で返されてしまった際に大きなテンポロスになります。このロスはゲームの負けに繋がります。という仕組みで先行をとってしまい黒を匂わせるだけで相手の行動を1つ縛ることができるということですね。仮に≪学校男≫等が入っていなくても、超次元ゾーンをロージアダンテや卍デスザーク卍等に偽装することで、この動きをケアさせることができますね。

 

 

【あとがき】

 現代デュエルマスターズの環境デッキ6つの考察が終わりました。まじめな記事を書くと疲れます(笑)。変なカード見つけてワイワイガヤガヤ記事を書いたり、新弾のカードを見てワクワクしながら考察したほうがよっぽど楽しいです。

 私のブログの読者層にはCSプレイヤーはあまり多くないような気がします。まあこの記事が不評だったぽいのでそのように感じているだけですが。明日からは新弾カードについてまただらだらと語るだけの日々になりそうです。

 

 でも久しぶりのCSで刺激にはなってよかった。