デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【環境デッキの分析解説2018.8】環境デッキの争点と主張を分析考察≪革命チェンジ編≫

 皆様、デュエルマスターズを楽しんでおられますでしょうか。私もデュエルマスターズが楽しいです。開始早々何を言っているんだという感じですがそのような気分なのです(笑)。

 昨日、久しぶりにCSに出場してきました。結果だけ言うと残念ながら惨敗でしたね。今日の企画はせっかく私の脳がCS脳に切り替わっているということでちょっとだけ難しい話をしていこうと思います。そんなに真剣にカードゲームをしていない、概念的な話に惑わされたくないという人はブラウザバック推奨です。できるだけみなさんにわかりやすいように書いていきます。

 

 

■ゲームの争点と主張について

 今回はいくつかの環境デッキの「理想のゲームの展開」を見ていき、そこから読み取れる環境デッキの強み、考えるべきプレイを洗い出していこうと思います。

 「ゲームの争点」とは、どのタイミングでゲームが動き、どこがターニングポイントになるのかです。ここでしっかり最善のプレイができるかが重要になります。

 「主張」とは、そのデッキの相手に押し付けるべき盤面や、勝ち筋についてです。これが消えてしまうと相手の流れになってしまうところですね。

 

 この2つ、細かい対面は個人的な感想ですので色んな意見をお待ちしております。それでは見ていきましょう。

 

■【ドギラゴン剣】早期に押し付ける除去不能盤面

f:id:Noyleseevisions:20180709122112j:plain

【主張点】早期に≪蒼き革命ドギラゴン剣≫を革命チェンジし、≪勝利のアパッチ・ウララー≫+超次元クリーチャーの盤面を作り6打点でゲームを決める。一度に展開できる物量で相手に多面除去を要求する。

 これがこのデッキの主張点ですね。相手のマナが伸び切る前に盾を割り切り、横展開を捌くように押し付けていきます。これに対する明確な回答は≪オリオティス・ジャッジ≫や踏み倒しメタしかなく多くのデッキが一方的なゲームエンドを見せられます。

 

【争点】最速3ターンの相手の盤面を捌くか捌かれるか、殴り返せるか。

 このデッキの争点はここになります。一方的に殴られて何もなければ6打点でゲームが決着します。こうなる前に殴り切るか、返すかの2択ですね。この争点は極めて早い段階で訪れ対処できるカードが限られています。

例:オニカマス、オリオティス、ドラサイ&煌龍、卍デスザーク卍、佐助&バイケン

 

 盤面に先にメタカードを置く、もしくは強力なカードで盤面を捌くことが、このデッキと対面するにあたって考えることになります。もしくは返しのターンに逆に倒し切るのパターンもありますね。どちらが先に6打点組み切れるかが争点になる戦いも多いのですね。盤面を捌く用意をする、もしくは打点を揃え切ることを念頭においてプレイをしていきましょう。

 

 

■【ミラダンテⅫ】召喚、呪文を禁止する鳳凰様

f:id:Noyleseevisions:20180709124552j:plain

【主張点】時の法皇 ミラダンテXⅡ≫で召喚、≪ミラクルストップ≫等で呪文を規制し、一方的に殴り勝つ。多数のドローソース、S・トリガーで盤面操作。

 このデッキの主張点といえば強力なロックですね。相手の召喚呪文を一方的に規制し、打点で殴りきるミラダンテⅫの動きをすることが主張点になります。このロックを掻い潜ることが極めて困難なため環境デッキの一角として君臨しています。

 

【争点】5ターン目までにかかるロック前にやれるかやられるか。

 現代デュエルマスターズというものが高速化した理由、コストが小さな強力なカードが早期に登場、デカブツの叩きつけがあります。そもそもカードのスペック水準があがったことにもあります。早い&デカいが環境の正義です。それを規制するまで耐えられるかどうかが争点ですね。

 早いデッキに対して、≪ドラゴンズ・サイン≫や≪青寂の精霊カーネル≫などを盾からプレイできるか。遅いデッキに対していかに呪文ロックをかけながら殴ることができるかですね。速いデッキであれば、先に殴りきるために考えることが多いです。ドラサイケアして並べるか、テック団ケアして大きさを散らすか、攻撃の仕方も悩ましいですね。遅いデッキであれば≪ミラクルストップ≫等のロックがかかる前に主張点を通すため、速度を優先的にプレイすることが正解になるでしょう。

 

 

 

【あとがき】

 明日の解説記事はおそらく新デュエルマスターズの【ジョーカーズ】と【卍デスザーク卍】の解説になります。この手の対面別で記事を詳しく書こうとすると、膨大な時間がかかってしまうのでプレイの目標と押さえておかなければならないタイミングだけ書いていきます。

 この記事を書いた理由、すべてのデッキをメタろうとしたバカなプレイヤーの記録、無茶な行いを書いておいて戒めにしておこうという記録になります。「主張」「争点」のようなカッコつけた言葉にアレルギーが出る方、ごめんなさい。明日明後日もこれで行きます。