デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【環境デッキ】2018年7月環境デッキまとめ。CS用備忘録。

 田舎者ってのはつらいもので、なかなかCS等の大きな大会に出ることができないというのが悩みの種です。行くために片道2時間はなかなか大変で朝7時に家を出ないといけないなんてザラですね。GPなんかになると前の日に泊まり込みです。

 

 というわけで明日久しぶりにCSに出られるということで記事内で環境デッキのおさらいとしていこうと思います。私の考えている環境デッキ考察を軽く触っていろんなデッキを見ていきましょう。

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180707124657j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180707124628j:plain

■ドギラゴン剣系統

 今日のデュエルマスターズで見逃すことができないデッキですね。龍装チュリスBAD2によって、3ターン目に6打点生成することができるデッキですね。理不尽な盤面を早期に作ることが可能なことが最大の主張点ですね。明日はまだ新殿堂が施行されていないのでフルパワー剣と対面することができます。オラ、ワクワクしてきた!

 

メタカード:踏み倒し規制カード・・・オリオティス等

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180707125245j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180707125328j:plain

■卍デスザーク卍

 パックが登場するたびに強化されていく発展途上のデッキですが、速度のあるデッキを受けきるなら容易にこなすデッキですね。新弾の≪卍月ガ・リュザーク卍≫によってビックマナに対する対抗策まで用意することができるようになりました。

 今回、というか毎回のごとくビックマナで出ようと思っているので、イージーゲームだと高を括っていましたが、新カードの影響で油断できなくなってしまいましたね。

 

メタカード:墓地対策カード、デッキ下除去・・・お清めトラップ、オリジャ

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180707125827j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180707125854j:plain

■ミラダンテⅫ系統

 召喚のロック、呪文のロック、リソースの回収、除去、S・トリガーとなんでもこなすことのできるオールラウンダーな面を見せながら理不尽にマウントをとってくるデッキですね。

 ミラダンテⅫの革命チェンジによって小型デッキに圧倒的な制圧力を見せながらも、強力なロック能力を有しているため、明確に不利につくデッキがないところがよいですね。

 

メタカード:踏み倒し規制カード・・・オリオティス等

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180707130735j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180707130753j:plain

■ジョーカーズ系統

 ニヤリー・ゲットを4枚振り回して戦う主人公デッキですね。横に並べる戦略を得意をします。コスト軽減、マナ加速、ドローソースとなんでも搭載され、打点を一気に生成することも可能です。クリーチャーロックや全体火力に弱いので、序盤でどれだけ盤面を捌けるかが焦点になります。ヤッタレ見た瞬間処理。

 

メタカード:全体火力、AOE・・・湯あたり、爆砕GO等

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180707131442j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180707131456j:plain

■ジャバランガループ

 墓地にループパーツを墓地に落とし、盾から蘇生S・トリガー1枚でループし勝利を収める凶悪なデッキですね。このデッキの強さの所以は、環境に多い殴ってくるデッキに対してS・トリガー1枚でゲームを一変させることができるカウンター能力ですね。盾に頼らなくとも6ターン目にゲームを決めることも可能なため特別な対策がない限り簡単に負けの盤面を作られてしまいます。

 

メタカード:墓地対策カード・・・お清めトラップ等

 

 

 

【あとがき】

 母数が多いであろう(というか体感的に多い)デッキを5種紹介していきました。メタカードを見てみると、墓地対策と踏み倒し対策の2点をしっかり抑えておけば戦うことができそうですね。もちろんそれだけ対策をして勝てる、という甘い世界ではありません。最低限これだけ抑えておきたい!というものですね。

 

■踏み倒し対策・・・オニカマス、オリオティス、ヤドック等

■墓地対策・・・お清めトラップ、クローチェ等

 

 このあたりを積極的に搭載したいですね。特にすぐさまゲームエンドを突き付けてくるデッキが多いので軽量対策カードを積みたいところです。

 

 さーて、まったく練習などしていませんが明日はまず寝坊しないように頑張るぞ!