デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【"轟轟轟"ブランド】マスターG・G・Gを搭載後攻最速キルを受けた結果www

 来週久しぶりにCSがあるということで、調整したいなーなんて一人で考えていました。誰か対戦してくれないかなーなんて考えていた矢先、友人から一本の連絡が。

 

友人「"轟轟轟"ブランド組んだから対戦しようぜー。」

私「サンキュー、ちょうど調整したかったんよね。」

 

 カメラ&ヘッドセット準備。Skypeポチー。

 

友人「"轟轟轟"ブランドがマジで強いよ、環境ある。」

私「話は聞いてるよ、2キルするとかなんとか。」

 

 この時点で≪"轟轟轟"ブランド≫デッキのスペックは完全に理解しているといううぬぼれが私の中にも存在した。(所詮速いだけのデッキ、しかも自分から手札を積極的に消費してくれるから、1回受けきればイージーゲームに持ち込むことができるから、まあ大丈夫だろ。)なんてぬるい考えで対戦に臨んだ私は30秒後に地獄を見ることになる。

 

 

 

■デッキとしての"轟轟轟"ブランドの速さ。

f:id:Noyleseevisions:20180630130643j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180630130831j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180630130834j:plain

友人「先行貰った。1マナ≪凶戦士ブレイズクロー≫。肉汁効果で召喚。手札1枚≪"轟轟轟"ブランド≫上から2点。」

まだターンすら来てない私「」

 

 1ターン目の動きすらまだできていないのに颯爽と殴ってくる2打点。残念。S・トリガーなし。相手の盤面にはW・ブレイカーを持つクリーチャーが2体。ここまで5秒。

 2秒ほど放心&3秒考えマナチャージエンド。まだ大丈夫。こちらの盾には違法カジノのこと≪Dの爆才サイバーダイスベガス≫や≪テック団の破壊Go≫等の有効S・トリガーが眠っている・・・はず。ここは堂々とターンを返そう。

 

友人「マナ埋め、≪グレイト"S‐駆”≫プレイ。スピードアタッカーな。上から肉汁2点。」

私「(この時点で、1枚でも除去を引ければまだ生きる。望みをつなぐのであれば違法カジノ+ガロウズホールで手札のプチョヘンザを投げる!)」

 

 この時点で手札にガロウズホール+プチョヘンザのパッケージがあったためここを凌げれば・・・。

 

私「S・トリガーありません。あ、負けで。」

 

 

 

ここまで所要時間は30秒。デュエルマスターズはアプリゲーム並みに手軽に短時間で楽しめるあーどゲームへと進化したのだ!

 

 

 

 

■デッキタイプを大雑把に考察

f:id:Noyleseevisions:20180626143615j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180630130643j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180630130834j:plain

 これまでの速いデッキは、一番隊からのコスト軽減にて速度をあげていました。しかしこの度の≪"轟轟轟"ブランド≫は明らかに異質です。手札を使い切ることによって2打点+除去をたたき出すことができます。このデッキにおいて効果的に手札を減らす方法は以下の通りですね。

 

①1コストクリーチャーをとにかくばら撒く。

②肉汁プレイで意図的に手札を減らす。

 

 この2つです。前者はビートダウン、速攻で殴り切るというデッキ全体のコンセプトにマッチしており、速攻デッキのやりべきことの代名詞ともいえるでしょう。昨日も≪凶戦士ブレイズクロー≫×2、≪"轟轟轟"ブランド≫と言われて発狂していました。横にバラまくことによって、相手に要求するS・トリガーの枚数を上げることができるので受ける側は非常に分が悪いです。

 後者は肉汁プランですが、これもまた厄介。1ターン目に肉汁を処理する方法が≪学校男≫等の除去しかなく、パワー、コストともに高水準のためウィニー除去全般に引っ掛かりづらいことです。勝利のガイアール・カイザーに勝てるパワー6000に、安いコスト参照除去にも引っ掛かりづらいので非常に除去が困難です。さらに登場タイミングが基本的に1-2ターン目ですので到底除去できないです。

 

 

 

【あとがき】

 昨日、このデッキと結局2時間近く対面し続け、明確に有利がつくデッキが見当たりませんでした。わかりやすい勝ち筋は最初のシールドパンチで≪ドラゴンズ・サイン≫等のS・トリガーを踏み、ミラダンテⅫに革命チェンジし続け完封することです。もしくは先行ドルガンバスターを決めるくらいしか勝ち筋が見当たりませでした。

 ≪"轟轟轟"ブランド≫というデッキが上振れと並の動きの振れ幅がかなり少なく、安定して3キルを狙い、上振れで2キルを狙ってくる非常に厄介なデッキです。もし何か明確な解答になるようなカードを見つけた、というものがあればぜひコメント欄へ!