デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【“GoGo”ブランド】最速体験せよ!G・G・Gで走り切れ!

 1日遅れでコロコロコミックを買ってきました(笑)新弾の情報がたくさん掲載されていましたね。今回はコロコロコミックに付録としてついていたnewブランドについて考察していきたいと思います。

 

 本誌の付録ですので、そんなに強くないと思われがちですが、最近のコロコロコミック付録ってかなり強いからなあ・・・。というわけで見ていきましょう!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180617093336j:plain

“GoGo”ブランド

コスト4/パワー4000+ ビートジョッキー

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

■G・G・G:自分の手札が1枚以下であれば、このクリーチャーのパワーを+3000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする。)

 

 コロコロコミック買うだけでカード1枚ついてくるのが当たり前になってきましたね。お得感はあるのですが、今月のコロコロコミック特別定価で580円だったんだよ・・・。世の中の小学生はワンコインで買いたいんや・・・。とか言う話ではなくブランドの性能の話をしていきましょう。

 

 

 

 

■4コストのスピードアタッカーとして!

f:id:Noyleseevisions:20180617100602j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180617100611j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180617100605j:plain

“GoGo”ブランド

コスト4/パワー4000+ ビートジョッキー

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

 

 このクリーチャーの能力はG・G・Gに目が行きがちですが、コスト4でスピードアタッカーを有していることも最初に見ていきましょう。これまでの4コストジョッキーは終了時に自壊したり、自分の盾を手札に加えたり、キズナコンプするカードで、純粋な4コストアタッカーはいませんでした。これは一番隊の下では、3コストクリーチャーになりマナカーブがよいこと、≪ダチッコ・チュリス≫+≪罰怒ブランド≫の中に噛ませることで打点を生成することのできるコストですね。何気にビートジョッキーの中でコスト「4」というのは個人的に注目株なわけですね。

 このクリーチャー自身がスピードアタッカーを持っているため≪罰怒ブランド≫なしでも急に打点を作れるのも素晴らしいです。「速さが命」みたいなところがあるので強いのでは!?

 

 

 

 

■G・G・G能力によって大きくなれる!

f:id:Noyleseevisions:20180617095536j:plain

■G・G・G:自分の手札が1枚以下であれば、このクリーチャーのパワーを+3000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする。)

 

 さて、注目の新能力ですね。読み方はゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシーでしたね。ゴゴゴといいながらガンガン銀河に飛び立つみたいです。ギャラクシー(GALAXY)ってのは「銀河」とか「天の川」という意味があるので覚えておいてください。

 そんな話はおいておいてと。このクリーチャーは手札が1枚以下であれば、コスト4/パワー7000のスピードアタッカー・W・ブレイカーになります。これはなかなかデカいですね。うまく手札を使ってあげれば簡単にこの条件を満たすことができそうです。

 パワー7000ラインになれば・・・。うーん、2ブロック構築で越えなければいけないパワー6000ってなんかいたかなあ・・・。ものすごく疑問なところです。パワーアップいらないからT・ブレイカーになってくれなかったかな?さすがにそれはダメですかね。

 

 

【あとがき】

 G・G・G持ちのクリーチャー全般に言えることなのですが、ビートジョッキーという種族自体が手札のリソースを盤面や火力に変換することで出力をあげる種族であり手札を使い切った際に強くなるこG・G・G能力は非常に理に適ったデザインをなされています。瞬間火力のために手札を犠牲にしたり、自分自身を犠牲にするくらいですしね。

 双極編第2弾にはこのようなG・G・G持ちのクリーチャーが多数収録されています。発売は来週ですね。楽しみになってきました。新情報よ、ドンドン出てこい!というか小出しにして!毎日1記事じゃ間に合わないから!