デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【最強虫 ナゾまる】新弾のマスターレア?謎に包まれた最強の虫?が登場!

 なぜか、マスターレアの情報が舞い込んできました。しかも新弾のクエストパック?

のような中身が固定のパックも登場する?という噂もお聞きしました。自分でもすげえ曖昧だな!なんて思っているのですが、本当に曖昧です(笑)。

 

 今回はその曖昧な情報の中から、存在が曖昧なカードを発見したので考察&解説していこうと思います!今回は・・・最強の虫?

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180612134308j:plain

最強虫 ナゾまる

コスト2/パワー1000 グランセクト

■このクリーチャー自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップして自分のマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。

 

 私の目が異常をきたしていなければマスターレアのマークがついているのですが気のせいですかね?この謎のミノムシがマスターレアになれるなら私もカード化された際にはマスターレアになることができるはず(失笑)。という冗談はさておきましてこのカード、踏み倒しが可能なので本当に強そうな気が。というわけで考察していきましょう!

 

 

 

 

■マナゾーンから召喚できる2コストクリーチャー!

f:id:Noyleseevisions:20180612135527j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180612135445j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180612134308j:plain

 ■このクリーチャー自分のマナゾーンから召喚してもよい。

 

 マナゾーンから召喚できるクリーチャー第3弾!ですかね?探せばもっといそうな気がします。とりあえず思いつくあたりこの辺り。これまで登場したクリーチャー達は場に出てこられるだけで進化元になったり打点の量増し、条件の達成のために呼び出されることが多かったですね。それゆえに、それ以外の能力はあまり持ち合わせていませんでした。

 ≪獣軍隊ランキー≫は優秀な小型クリーチャーとして≪獣軍隊ランボンバー≫の進化元になっていましたね。アニメではヒット&アウェイ戦法で相手を翻弄していました。実際に使ったことはありません。

 ≪再生妖精スズラン≫は、エンド時にマナゾーンに行くことのできるクリーチャーですね。タイミングは遅いですが2ターン目に出せば疑似ジャスミンになることができます。種族がスノーフェアリーという点を生かして≪武家類武士目ステージュラ≫のG・ゼロを満たすためのクリーチャーとしても優秀でしたね。一部ではサイクロン呪文を使いまわすために使われたとか・・・。

 

 今回はグランセクトですが、そのような上記のような使い道ではなく新能力によって自分自身で完結していそうですね。というわけで新能力を見ていきましょうか。

 

 

 

 

■新能力!ミノまじかる!マナのクリーチャーとチェンジ!

f:id:Noyleseevisions:20180612141020j:plain

■ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップして自分のマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。

 

 可愛い顔して詐欺じみた動きができるのがこのクリーチャーの最大の特徴ですね!ターンの開始時にこのクリーチャーをタップしてマナゾーンに置くことができます。そうしたらマナにある枚数以下のクリーチャーをバトルゾーンに出すことができます。ターン開始時限定の≪母なる大地≫を使用することができるということですね!

 これを最速で使用するには2ターン目に出して、3ターン目の開始時に発動できますね。自信をタップしてマナに置いてから枚数参照できますので3マナ以下のクリーチャーをバトルゾーンに出すことができます。

 このミノまじかるの発動が「自分のターンのはじめ」なので、アンタップステップとドローステップの間ということになります。自身がタップしてマナゾーンに送られるのでタップ状態のマナが発生してしまい1ターン分のラグが生まれることになることに注意ですね。

 

 

 

 

【あとがき】

 マナゾーンのクリーチャーとチェンジできるのはとても優秀ですね。やっていることはプレミアム殿堂呪文である≪母なる大地≫そのものですからね。しかし欠点ももちろんいくつかあります。

 

①ミノまじかるできるタイミングは自分のターン開始時ということ。

②タップしているマナができてしまうこと。

③パワーが1000で除去の的になること。

④ベイBジャックのような悪いことをしそうな顔だということ。

 

 この手の自然のクリーチャーで低コストで不自然な挙動をするクリーチャーは、悪いやつです(確信)。注意しておきましょう。明日もこれに似たやつの考察をするのでお楽しみに!