デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ランデス学のすすめ】1から始めるランデスビックマナ!構築編!

 昨日、ショップで楽しくデュエルマスターズをしていたところ、よく対戦してくださる方が「ランデスデッキ」を握っておられ私の目の前に座っておられました。

 

「あばばばっばばばばばばばばばばばb」

 

 まさか善良なデュエルマスターズプレイヤーがランデスを握るなんて、嬉しいような悲しいような・・・なんて感情に浸りました。

 

 私の周囲だけかもしれませんが、ランデスサイクリカというデッキがデュエルマスターズ界に浸透してきている感じがします。CSで見るようになったり結果を残す人が増えたり、すごい勢いで布教している人がいたりと(私の周囲では)老若男女に愛される有名なデッキタイプになっている気がします。

 

 本日は私の愛して止まない「ランデスサイクリカ」の入門としてここに残しておこうかなーと思い至りました。全世界のDMPがランデスに理解が広まるように広まってほしくないですが書置きをしておこうと思います!

 

 

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

 

 

■ランデスサイクリカってなーに?

f:id:Noyleseevisions:20180611111212j:plain

 「ランデス」=ランド・デストラクションの略ですね。ランド=land(土地)であり、兄貴分であるMTGのマナベースになるものです。デストラクション=破壊という意味ですね。ということは相手のマナを破壊していくデッキになります。

 理想の動きは、相手の先手先手で相手のマナを継続的に破壊していき、何もさせずにこちらが準備を整え倒し切るor相手のマナを0にしたあとにフィニッシュ!というものです。

 相手のマナを破壊しながら戦っていくので、一度マナを破壊し始めると、相手はマナを置いて手番を渡すことになり、「実質エクストラターン!」みたいなものになります。ランデス札を使えばエクストラターン!なんて夢のような動きができるのがこのデッキの強みであり、ロマンを感じるところですね。

 

 </pscript async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">  

 

■ランデス札とサイクリカをデッキに入れよう!

f:id:Noyleseevisions:20180611111037j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180611110916j:plain

 「ランデスサイクリカ」を構築するにあたって、必須なのはこの2枚でしょうか。≪焦土と開拓の天変≫と≪龍素記号㏛ スペルサイクリカ≫の2枚が必須になりそうですね。

 

「え?≪マナ・クライシス≫は?」

 

 という声が他方から聞こえてきそうですが、言わせてください。

 

「≪マナ・クライシス≫は欲しいけど、初心者には値段が高いよ!」

 

 というわけで無理に4枚準備することはおススメしていません。本当は欲しいけどね!(笑)

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180611111037j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180611110916j:plain

■≪焦土と開拓の天変≫・・・相手のマナから1枚カードを墓地へ。その後1ブースト。

■≪龍素記号sr スペルサイクリカ≫・・・墓地から7コスト以下の呪文を唱え、その後手札へ。

 

 主に上の呪文を何度も使いまわして相手のマナを削りながら、こちらはマナを伸ばしこちらはデカブツを叩きつけるデッキですね。焦土は相手のマナを削りながらブーストしているので1枚で2ターン分の差をつけることができますね!焦土まで繋ぐことができればこちらのもんだ!っていう動きができればよしです。

 5マナで撃てば、その後は7マナまで繋ぐことができるのでサイクリカの登場です。墓地から呪文をタダで唱えながら、ランデス札を再射出するために手札に戻ってきますのでサイクリカまで唱えられれば10マナ域まで繋ぐことができるのでフィニッシュはゼニスなりなんなり自由ですね。

 

 

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">  

 

■5マナ域まで繋ぐためのカードは?

f:id:Noyleseevisions:20180611113156j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180611113202j:plain

 5コストまで繋ぎたい、さらに「マナを破壊し何もさせない」というコンセプトを持っているため、こちらが相手よりは早く動かなければなりません。ということは2コストブーストは必須ですね!2→4の動きは絶対にやっていきたいですね。

 そして4コスト域なったらさっそく動き始めましょう。4コストには≪マナ・クライシス≫というランデス呪文があります。先行であれば相手のマナを2、3マナで縛ることが可能になり、次に相手がしようとしてたアクションを1ターン遅らせることができます。

 

「さっき、≪マナ・クライシス≫いらないって・・・。」

 

 申し訳ございません。さっきそのように大口叩いたビックマウスですね。大きなネズミではありませんよ。しかし4コスト域で妨害が欲しいのは正直なところですね。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180611113640j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180611113741j:plain

 では4コスト域で妨害をしていきましょう。≪マナ・クライシス≫の穴を埋めることのできるカード達ですね。

 ≪パクリオ≫は相手の手札を見て1枚シールドに埋め込むことができます!最上級のハンデスですね!これで相手の次のターンにプレイしたいカードを手札から無くしてしまえば実質エクストラターン!みたいな動きをすることができます。≪解体人形ジェニー≫なんかでも同じような動きができますが、色の都合上パクリオですね。

 そして≪ドンドン吸い込むナウ≫もアリですね!相手のクリーチャーを除去しながら、こちらは次に繋がる焦土を持ってくることができます。ついでにバウンスもできますね。このカードはS・トリガー除去なので守り札としても優秀なので≪マナ・クライシス≫が入っていてもいれてもいいですね。

 

 

 

ランデスデッキの土台完成!

f:id:Noyleseevisions:20180611114658j:plain

 ランデスデッキの土台完成!2コストブースト→妨害→焦土→サイクリカの流れがデッキ20枚を使って完成しました!≪パクリオ≫の枠は≪マナ・クライシス≫を入手出来次第入れ替えてください。

 これでは火文明のカードが4枚しかないので残り20枚で火のカードを足したり、メタカードを積んだり、防御札を積んだりしていきましょう!

 

 

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">  

 

 

【あとがき】

 なぜ今頃「ランデスサイクリカ」なんだよ・・・?と思っていたのですが、サイクリカがまた再録されたことが原因の1つではないのかと考えています。

 現環境で≪龍素記号㏛ スペルサイクリカ≫を4枚積んで戦うデッキが他にない、ということもあります。まあこのデッキも環境にいるかどうか怪しいのですが・・・。サイクリカを4枚積む必要があるデッキがあまりないですし、何度も撃ち込んで旨味のある呪文が他になさそうですね。

 

 明日は残り20枚・・・ではなく、この土台20枚について触れていこうと思います。この記事を見て「ランデスサイクリカ作ってみる!」という方が少しでも増えて、その後減ってくれればなあという淡い期待で筆をおきます(笑)。