デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

メタゲームにおけるデュエルマスターズの感想。誰でもできるデッキ対策!後編!

 昨日からデュエルマスターズのメタカード(安くて入手しやすさを優先的に)についての紹介解説をしました。本日はその後編ですね。

 

 昨日デッキタイプを大まかに分類したところ

 

■早期踏み倒し系統:ドギラゴン剣、ミラダンテⅫ、バイク、マゲドン

■ハンデス系統:青黒ハンデス、ミラダンテⅫ、卍デスザーク卍

■墓地利用系統:ジャバランガ、墓地ソース、卍デスザーク卍

■小型獣横並び系統:ジョーカーズ、メタリカサザン、ジョッキー

■ビックマナ系統:アナシャコ、5c、ゲイル

 

 とわけることができました。上3つは昨日解説しましたので本日は下2つを見ていきましょう。

 

 

 

 

■小型獣横並び系統:全体除去に弱いのなんの

f:id:Noyleseevisions:20180607140942j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607140906j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607140849j:plain

 小型獣を横に並べて大量にリソースを獲得したり、横展開⇒一気にSA付与してぶん殴りなんてことを速い段階で決めに来るのがこのようなデッキの特徴です。

 このようなデッキは小型のクリーチャーを大量に展開して殴り切りを目指すことが多いので、出てきた瞬間に火力呪文で除去してしまうのが一番楽な対策ですね。「相手のパワー2000以下のクリーチャーを破壊」のようなカードで出てくるものをチクチクと除去したり、一時的にバウンスすることで相手のテンポをずらすのが有効な策です。ヤッタレマンはすぐさま除去、許さない!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180607141414j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607141454j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607141416j:plain

 横展開が優秀なデッキに対しては、序盤に大量展開を許してしまうことが負けに繋がります。序盤から相手の生き物を捌くことがポイントになります。 

 相手の2コスト軽減クリーチャーをすぐさま破壊することが可能な≪勇愛の天秤≫は優秀ですね。軽量除去か手札入れ替えのモードを選べるので使い勝手がとてもいいですね。一番隊や一撃奪取でスタートするデッキにはぶっ刺さりそうです。再録がありブロック構築でも使用できる点もいいですね。

 そして最近値段が上昇した≪温泉 湯あたり地獄≫なんかもありますね。コスト3以下のクリーチャーをすべて破壊するので、相手の手札を使い切って展開した盤面を一気にひっくり返すことが可能ですね。手札をきって展開した盤面にコイツを叩き込めばサレンダーものです。

 最後二面除去についてのお話ですね。「二面除去」とは1枚のカードで相手のクリーチャーを2体除去することを指します。よくあるのが超次元呪文を使用し、呪文で除去、その後出てきた超次元クリーチャーの効果によって除去、と1枚の超次元呪文から相手のクリーチャーを2体除去することができます。代表的な除去クリーチャーをとして≪勝利のガイアール・カイザー≫や≪時空の凶兵 ガンヴィート≫、≪サンダー・ティーガー≫なんかが存在しますね。

 

 

 

 

■ビックマナ系統:序盤にテンポを崩すか先に殴り切れ。

f:id:Noyleseevisions:20180607142648j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607142707j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607143118j:plain

 ビックマナ系統の最大の主張点として、マナが伸び切ってしまえば強力な大型獣を上から叩きつけまくってカードパワーで押し切る、もしくはコンボを決めてしまう、というものです。そのため大量のブーストカードや、大量のドローなどアドバンテージ差で勝つのは厳しいものになります。さらに一度マナが伸び切ってしまえば盤面制圧なりエクストラウィンなり好き勝手してくるので何より早期決着が求められますね。

 マナを伸ばされる前に殴り切る、というのが一番良いのですが、それができないデッキが対策として入れることのできるカードを紹介していきましょう。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180607143244j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607143559j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180607143542j:plain

 ビックマナ系統に対しては、勿論一番いいのはマナを破壊してしまうことですが、そのような都合のいいカードはデッキに入りません。

 黒の入ったハンデス系統のデッキであれば≪魔天降臨≫を全力で探しに行きましょう。これが間に合えば半分は勝ちです。あとは冷静に山札を削りましょう。

 そして≪ヴォルグ・サンダー≫も主要な勝ち筋になってきます。ビックマナは主にブーストや受け札を呪文に頼っていることが多いです。相手の大量ブースト、大量ドロー後に山札を削るこのクリーチャーを1枚プレイして圧迫をかけにいくだけで相手は山札との戦いを強いられるのでプレイの幅を狭めることができます。

 最後に個人的なおススメカードとして≪未知なる弾丸 リュウセイ≫というカードだけ紹介しておきます。なんといっても安い!以上!

ではなく、このクリーチャーが場に出た時に、お互いのマナを「6」にします。そして相手にだけマナのタップインを強制させるクリーチャーですね。相手がマナを伸ばし切って、次のターンにはデカブツを着地させるだけというターンに投げつけましょう。泣きます。そしてさらにブーストした際に≪ヴォルグ・サンダー≫で山を削れば・・・?

 

 

 

 

 

【あとがき】

 2日にわけて今日からできる色んなデッキに対するカードを紹介していきましたがお役には立ちましたか?現在、環境でバリバリ戦っています!という方にはあまり役に立たない当たり前のことだったかもしれませんね。

 本当はすべてのデッキを詳しく解説していきたいのですが、何日あっても足りねえ!これから全部対面するのキツイ!という個人的な理由で放棄しています。黙ってdmvaultに潜ってきます。はい。

 もし、このようなデッキを使っていて、このような対面が取れない!という悩みがあればすぐに記事にしていこうと思いますのでぜひぜひコメントよろしくお願いします!