デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【憤怒スル破面ノ裁キ】本日は詳しく解説!軽量裁きの紋章にスロットはあるか?

 高熱のデバフは消え去り、負のステータスは、咳、鼻水のみになりようやく記事がまともに書ける状態になりました。ほとんど記事をあげることができず申し訳ありませんでした。まったく本調子ではありませんが、今日からまた元気に記事を書いていきましょう!

 

 さて、今回は昨日発表された≪憤怒スル破面ノ裁キ≫について見ていきましょう。今まで出てきた中で最軽量裁きの紋章ということで注目度アップです!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180531144342j:plain

 

 コスト2の裁きの紋章ということでこれまでの紋章とは少々違った運用方法もありそうでないような気がしますね。

 

 

 

■軽量の裁きの紋章は強いのか?

f:id:Noyleseevisions:20180602125940j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180602125935j:plain

 双極編に入って、裁きの紋章は軽い紋章が増えました。相手のクリーチャーをタップしたり、自分のクリーチャーに耐性をつけたり軽い効果を付与するものですが、コストが軽い分取り回しが容易ですね。

 現在のサッヴァーク軸のメタリカデッキが≪煌龍サッヴァーク≫のパワーによりまわしている感がありますので、軽量紋章はお呼びではなかった気がします。雷面や龍終がかなり優秀だったのでそちらの大型紋章に助けられています。

 さらに≪サッヴァークDG≫により裁きの紋章の踏み倒しが可能なのでどうしても重量級紋章の方が優先されていました。

 

 軽量紋章の利点として「序盤に撃てる」「撃ちたい時に撃てる」「簡単に表向きのシールドを増やせる」という点もあります。このカードは1枚ドローをする裁きの紋章ですが、どちらかというと「コストの軽い紋章」というイメージが強いです。

 このカードをよく考えてみると、「2コストで手札を減らさず表向きのシールドを1枚増やせる」ということですね。≪煌龍サッヴァーク≫で継続的に殴りたいので、除去に対するリターンは大きいですね。

 

 

 

■「3コスト疑似サーチ呪文」VS「2コスト1ドロー」

f:id:Noyleseevisions:20180531144342j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180602131609j:plain

 「2コストで1ドローできる紋章」vs「3コストでトップからメタリカか呪文を回収できる紋章」とどちらの方が採用に値するのでしょうか?

 現在のメタリカの2コスト枠といえば≪奇石ミクセル≫や≪一番隊クリスタ≫ですね。この辺りとコスト帯が被るのは、デッキの軽量カードが多くなりすぎ終盤が弱くなりそうですね。

 それでは3コスト枠は何がいますかね?≪絶対の畏れ 防鎧≫や≪奇石タスリク≫のような優秀なクリーチャーが揃っていますね。これらと共存するのであれば、これらを引き込むための憤怒が採用できそうですね。

 

 しかし、コストの他にも「1ドロー」と「3枚の中からサーチ」とは大きな違いがあります。普通に考えれば疑似サーチの方が優秀ですね。ドローできるという点に利点お見出せることができればこちらを採用したいですが・・・。

 

 

 

【あとがき】

 今回の紋章は回して考えてみたいですね。3コストの紋章は、4マナ域に存在する≪戦慄のプレリュード≫+6コストDGのセットを回収するという役割がありました。こちらは3コストのメタリカを引っ張るための使い道を考えなければいけませんね。新しいメタリカのデッキタイプを考えるいい機会になりそうですね。