デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【サイコロプス】ついにジョーカーズにオリオティス・ジャッジのレベルの除去登場!

 本日のアニメで看過できないカードが登場しました。名前は≪サイコロプス≫っていうんですけど。生き物で、≪オリオティス・ジャッジ≫のようなコスト参照全体除去を持ってるみたいなんですよね。ものすごーく高くつきそうな気がしそうなしなさそうなって感じなんですよね。というわけで見ていきましょう!新規登場する赤いジョーカーズを!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180527101417j:plain

サイコロプス

コスト4/パワー4000 ジョーカーズ

■J・O・E 2 (このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きい自身のクリーチャーをすべて、好きな順序で持ち主の山札の一番下に置く。

 

 

 4コストの生き物でJ・O・E2を持っているので実質2コストのキャントリップ持ち呪文のような動きができて≪オリオティス・ジャッジ≫なみの働きを・・・といっただけで強い!というわけで冷静になって考察していきましょう!赤の汎用除去になるか?

 

 </p  

 

■≪オリオティス・ジャッジ≫との差は?

f:id:Noyleseevisions:20180527103115j:plain

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きい自身のクリーチャーをすべて、好きな順序で持ち主の山札の一番下に置く。

 

 この能力から真っ先に連想されたのは≪オリオティス・ジャッジ≫ですね。何度もドギ剣やバイクをデッキボトムに送ってくれた優秀除去S・トリガー呪文ですね。それでは大きな差別点をいくつか見ていきましょうか。

 

 

オリオティス・ジャッジ

①光文明の3コスト呪文

②マナ以上のコストを持つ、なので同数でも除去可能。お互い。

③S・トリガー付き

 

サイコロプス

①火の4コストクリーチャー。実質2マナあれば召喚可能

②マナより大きいコストを持つ、なので同数の場合除去不可。相手のみ。

③実質キャントリップ持ちで手打ち可能。

④種族:ジョーカーズ

 

 

 一度スペック差をまとめてみました。見た目は同じような働きをしますが、こんなに違うところがあります。それでは使い分けをするための考察をしていきましょう。

 

 

 

①文明とコストがそもそも違う。

 そもそも入るデッキが違いますね。デュエルマスターズは文明があるので、遊戯王の魔法、罠カードのような汎用性はありません。手札から唱えるのであれば文明をしっかり選びましょう。どちらも剣に対する後出しとしては優秀な部類なので悪くはないですね。

 

②除去の「範囲」が大きく違う。

 この除去の「範囲」が1つのポイントです。

 ジャッジは「お互い」の「コスト以上」のクリーチャーをすべて除去します。ということは自分にも被害がありますね。しかし、現在8マナある状態でも≪卍デスザーク卍≫や≪蒼き団長ドギラゴン剣≫を除去することができるというメリットありますね。

 しかし、サイコロの方は、「相手の場だけ」「コストが大きい」みたいです。自分の盤面に被害を出さないジョーカーズの安心設計になっているかわりに、コストがマナと同数のクリーチャーは除去できない使用になっています。というか自信がコスト軽減持ってるから、自分が下に行ってしまう(笑)。

 

③その他スペック諸々

 ≪オリオティス・ジャッジ≫の強い点は、S・トリガーで唱えた際に、ドギラゴン剣+横の愉快な仲間たちを相手ターン中に返すことができる点ですね。殴られた際に横の盤面を掃除して自衛しながら、次の自分のターンにやりたい動きができるのは偉いです。

 ≪サイコロプス≫の良い点は、実質2コストであること、ターンエンド時と遅いですが1ドローがついてくること、種族にジョーカーズとついていることでしょうか。仮想敵である≪卍デスザーク卍≫を一撃でデッキ下に沈められるようになったのは大きな進歩ですね。これは赤を触りたくなってしまう。

 

 

 

 

【あとがき】≪シディアン・ビーティス≫は忘れられたのか。

f:id:Noyleseevisions:20180527102224j:plain

 皆様はこのカードを忘れていませんか?手打ちができて、コスト参照除去で、なおかつコスト2でそれから・・・。という感じですね。間髪いれずに登場した≪絶対の畏れ 防鎧≫に完全に立場を奪われていますね。

 このカードはサイコロとは違い、相手のクリーチャーをシールド送りにすることができるので最上級の除去といえるでしょう!でも「ラビリンス」を達成しづらくなるから結局使われなかったという悲しみも背負っていますね。

 皆様がこの記事をみて、このカードを思い出して、少しでも使っていただけると!私は嬉しいです!