デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【龍装者 バルチュリス】赤いビートダウンには入れておけ。突然増える1打点による勝利敗北。

 最近のレシピに入っているのをよく見かけませんか?≪龍装者 バルチュリス≫の存在ですね。墓地ソース、ビートジョッキー、ドギラゴン剣と色んなデッキに採用されている引っ張りだこですが、今回はバルチュリスについて再度見ていきましょう。なぜこのクリーチャーが採用されているのか!?

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180509135819j:plain

龍装者 バルチュリス

スト5/パワー4000

■自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン自分の《龍装者 バルチュリス》をバトルゾーンに出していなければ、攻撃の後、このクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

 

 

 

 自分のクリーチャーの2度目の攻撃後に飛び出るスピードアタッカーというだけで価値がありけりですね。今回はデッキタイプごとにこのクリーチャーを見ていきましょう!今回焦点に当てるのは、【ドギラゴン剣】【ビートジョッキー】【墓地ソース】にしていきます!

 

 

■ドギラゴン剣デッキに入るバルチュリス!

f:id:Noyleseevisions:20180509140234j:plain

 3ターン目に、横展開から致死打点を組むことができる、この環境の最強デッキともいえるデッキタイプですね。≪龍装チュリス≫のBADから3ターン目にT・ブレイカー+αが走ってくるのは、恐ろしいスピードと圧巻の爆発力ですね。

 スピードアタッカーになって自分のクリーチャーが一気に横展開されるので、踏み倒し条件である「2回目の攻撃」という条件は容易に満たすことができますね。ドギラゴン剣+W・ブレイカーを踏み倒すだけで、相手のシールドをすべて割り切ることができます。さらに手札にバルチュリスがいればそのまま踏み倒しダイレクトアタックという動きも可能ですね。いきなり手札から出てくるスピードアタッカーは突然の死を運ぶので本当に焦ります。

 

 さらに≪龍装者バルチュリス≫自身が、コスト5のドラゴンギルド(スピードアタッカー)であるため、ドギラゴン剣の革命チェンジ元になることも可能ですね。5マナあればコストを払ってスピードアタッカーにできますからね。≪絶叫の悪魔龍イーヴィルヒート≫だって5マナ払ってだしていましたからね。可能です。

 

 

 

■ビートジョッキーの致命的な1打点!

f:id:Noyleseevisions:20180509141024j:plain

 相手が動き出す前に全力でダイレクトアタックを狙いに行く、速攻タイプのデッキですね。デュエルマスターズというゲームの性質上、小さなクリーチャーが6回殴ってもゲームは終了します。現環境では、小さなブロッカーを大量に並べるデッキはほとんど存在しませんし、相手の準備ができるまでに先に盾を殴り切ってしまう、という戦法は理にかなっています。

 ビートジョッキーはとにかくありとあらゆる展開方法でクリーチャーを並べ、先にこちらのシールドを狙ってきます。1ターンでも早くこちらの首を狙っているわけですからね。急に踏み倒してなおかつスピードアタッカーで攻撃してくれるクリーチャーがいれば手札に抱えておくことでしょう。

 現環境では、ドギラゴン剣やジョーカーズ等の早い段階で打点を並べて殴り切ってくるコンセプトの似通ったデッキタイプが存在します。その中でよーいどんをするのであれば、こんな踏み倒し打点カードを採用しないわけがない!先に殴ったら勝ち!

 

 

 

■墓地ソースにまで出張するバルチュリス!

f:id:Noyleseevisions:20180509141955j:plain

 墓地ソースにも、このバルチュリスが採用されているのを見ることができますね。なんでやねん、って感じですが噛み合っているには噛み合っています。

 墓地ソースの特性上、墓地を肥やすところから始まりますが、手札を入れ替えながら墓地を肥やしていきます。いくら奇襲性能が高いバルチュリスでも手札にないことにはその威力を発揮することができません。しかし、山札を掘り進めながら墓地を肥やしていくため、バルチュリスが手札に加わることも多くなってきます。

 さらに墓地ソースの優秀なアタッカーに≪プラチナ・ワルスラS≫が存在し、ビートダウン色が強いデッキタイプになっています。墓地を肥やしながら、あわよくば殴り倒しきってしまおうという目論見を助長していますね。キングスライム+クロスファイアで打点を作って、+αでバルチュリスを絡めて〆というシーンもよく見ます。

 さらにこのデッキに不足しがちな火文明という点でも優秀ですね。≪暴走龍5000GT≫を着地させるためのマナ基盤になります。2枚目以降のバルチュリスは抱え込みづらいので気にすることなくマナにできるのは偉いですね。

 

 

 

 

【あとがき&雑談】

 ビートダウンタイプのデッキには採用が見込めますね。皆さんの殴るデッキにも採用してみてはいかがでしょうか?ジョーカーズにも採用したくなってきますが、ジョーカーズカウントされないですし、≪ゼロの裏技ニヤリーゲット≫の不純物にもなってしまうので却下です(笑)。

 ビートダウンに無条件で入りそう!までも行きませんが、横に並べながら殴る、というのであれば色んなデッキに入りそうですね。赤単速攻にも入れることができそうですし、≪龍覇グレンモルト≫と≪銀河大剣ガイハート≫を使ったデッキにも採用することができそうです。

 よく見てみるとバルチュリスってアンコモンなんですね。パックからたくさん出てきますし値段も高いわけではないので確保しておいて損はないかもしれませんね。4枚は持っておきたいですね。