デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【"乱振"舞神G・W・D】ゴールデンウイークデュエル!G・W・Dを楽しもう!

 カレンダー通りならゴールデンウィークに入った方も多いのではないのでしょうか?そうです!世間では長期休暇をもらえる許されし休日、ゴールデンウイークです!そしてゴールデンウイークは「GW」と省略して表されることもあります。デュエルマスターズで、GWといえば、もちろん≪"乱振"舞神G・W・D≫ですね!本日はこのカードについて見ていきましょう!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180504120530j:plain

"乱振"舞神G・W・D

コスト6/パワー5000 ビートジョッキー

■B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
■スピードアタッカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
■このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。

 

 

 環境で使われるようになった小型2面除去&ドローというハイスペックスポーツカーですね!値段もかなり高くなってしまいましたが、4マナで2面除去+2枚ドローは強い。相手と4アド差をつけているわけですからね。

 

 

■赤単色の小型除去カード!

f:id:Noyleseevisions:20180504123331j:plain

■スピードアタッカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

 

 

 このクリーチャーがバトルゾーンに出た際、そして攻撃時に相手のクリーチャーとバトルすることのできるクリーチャーですね!そして自身がスピードアタッカーを持っているためタイムラグ無しで相手のシールドとクリーチャーに突っ込んでいくことが可能になります。

 場に出た時、相手のクリーチャーとバトル、さらに攻撃時に相手のクリーチャーとバトルとなると、このカード1枚で2体の除去をできることになります。これはお得なアドバンテージですね。

 最近、勢力を拡大している、【ジョーカーズ系統】や【サザンメタリカ】などの小型クリーチャーを並べてコスト軽減、テンポを取るデッキに対しては致命的な1枚ですね。このようなデッキが苦手なデッキタイプは採用の余地ありですね。

 

 

 

■4コストで動ける2枚ドロー除去!

f:id:Noyleseevisions:20180504122024j:plain

■B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。

 

 

 2コストブースト後に動くことができる4コストカードは≪解体人形ジェニー≫≪パクリオ≫≪白骨の守護者ホネンビー≫等の実績を見ても、重要だということがわかります。

 このクリーチャーは6コストクリーチャーですが、BAD2により、4コストでプレイすることが可能。さらに除去+2枚ドローと、もう強欲で貪欲な壺です。2枚ドロー+除去ということで比較対象は≪デモンズライト≫ですかね。

 

 

 

■デモンズライトとGWDの比較検討

f:id:Noyleseevisions:20180504124657j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180504120530j:plain

 それでは、この2枚を比較してみましょうか。もはや色が違うので比較もクソもねえよ、という感じですがその辺りは許してください。はい。(以下GWDと略)

 

①除去性能

 この比較は難しいですね。一撃二面除去できるGWDとパワーマイナスと大きなクリーチャーも除去できるデモンズライトとどちらも優位な盤面があります。ジョーカーズのヤッタレマンセンノーの布陣を返したいのであれば、間違いなくGWDですね。単にサイズのでかいクリーチャーを縮められるところがデモンズライトのいいところですね。

 

②ドロー性能

 これはデモンズライトに軍配があがります。2枚ドロー+除去呪文がデモンズライトです。しかし、GWDは相手に除去できるクリーチャーがいなければただのスピードアタッカーとなってしまいます。そう考えれば小回りが利くのは≪デモンズライト≫ですかね。コントロール対面でも2枚ドローできるのは偉いですね。

 

③カードタイプ

 呪文か、クリーチャーかの差ですね。これはメタによるものですが、デモンズライトでは呪文コストを増加させるシステムクリーチャーへの対応が難しいです。特にビックマナで呪文中心にゲームの中盤を組み立てていくデッキは、一発で敗勢になりかねません。対してGWDは生き物ですので、相手の盾に触ることになっていいのであれば妨害札が少ないです。最終的な1打点として使うことが可能なのもポイントが高いですね。

 

④文明

 ここが一番の分かれ目ですね。ぶっちゃけ青黒を触るのであれば、枚数調整はあれど、現環境では入れておいて損がないカードだと思います。2色必要という点でメリットデメリットありますね。逆にGWDは赤マナさえ触っていれば、すぐに投入することが可能になります。自分の採用したいデッキによりけり、というところです。

 

 

 

【あとがき】

 私自身が両方とも使用するのでなんとも言うことができませんが、使っているデッキの性質によって選択することが重要です。個人的に値段が安い≪デモンズライト≫はぜひ皆さんに使って欲しいカードですね。2アド稼ぎながら除去というコントロール好きにはたまらない1枚になっています。ハマった時のリターンがデカいのは圧倒的にGWDですね。

 

 

 というか今日はGWDについて書くつもりだったのにデモンズライトが・・・(笑)