デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【デビット・ガーター】有限連続攻撃!安く組める限定構築戦デッキ!

 さて、今日からいつも通りのカード考察枠にしていきましょう!最近本気で環境で戦っていける変態デッキばかりを考えていたので、ちょっと小休止ってレベルでこの記事を書いています(笑)

 

 本日はこの弾のレア枠である≪デビット・ガーター≫について見ていきましょう!まさかここまで強いカードが出るとは思わなったぜ・・・。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180420141406j:plain

デビット・ガーター

コスト6/パワー6000 マフィギャング NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

 

 

 攻撃時に、自分のマナの数以下のコストを持つ進化ではないクリーチャーを墓地から出すことが可能です!これって要は≪神聖麒シューゲイザー≫みたいな動きができる、ということですね!使い方や構築は違ってきそうですが面白そうですね!見ていきましょう!

 

 

 

■攻撃時に墓地から踏み倒し!

f:id:Noyleseevisions:20180420141804j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420141823j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420141928j:plain

■このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

 

 

 このクリーチャーの攻撃時に墓地からクリーチャーを踏み倒すことができます!ということは登場時に自分のクリーチャーをアンタップするカードがあれば、もう一度攻撃することが可能!ということですね!これが≪神聖麒 シューゲイザー≫や、最近注目の≪ジョットガン・ジョラゴン≫と同じようなことができるということですね!このカード、レア枠だけどそんなことしていいんすか!?状態です!

 このクリーチャーの蘇生条件は、「コストがマナ以下のクリーチャーであること」ですね。このクリーチャー自身がコスト6なので普通に出すのであればコスト6以下のクリーチャーを墓地から蘇生することが可能になりそうです。上の3枚はすべてコスト6以下ですね。

 1つ難点なのは、構築上、墓地を肥やすデッキにしなければならない、ということですね。自然を使ってマナを伸ばしつつ、墓地も肥やしていく、という動きが鉄板になりそうですね。ガンガン3枚を墓地に送って半無限攻撃!といきましょう!

 

 

 

■コスト6のNEOクリーチャー!

f:id:Noyleseevisions:20180420142647j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420142828j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420142743j:plain

 コスト6のNEOクリーチャーという点がものすごーく考えられています。NEOクリーチャーは自分のクリーチャーに重ねて召喚することも可能で、その場合NEO進化クリーチャーという扱いになり、召喚酔いをしません。攻撃時の能力をすぐさま使えるということですね。

 NEOクリーチャーの進化元として相性がいいのは≪解体人形ジェニー≫のような、登場時能力を使ったあと、大きな打点にならないクリーチャーなんかは気兼ねなく進化元にすることができますね。4コストであれば≪白骨の守護者ホネンビー≫なんかもいいでしょうか。

 さらに5コストには、≪絶叫の影ガナル・スクリーム≫が存在します。山札上から5枚を墓地に送り、1枚を手札に回収することのできるクリーチャーですね。マナカーブが美しい上に、墓地にアンタップするクリーチャーを送りながら、≪デビット・ガーター≫自身も回収することができます。自身がすぐさま進化元になることも可能ですし便利ですね。さすがもともと≪龍覇 グレンモルト≫の相棒ですね。

 文明は違いますが墓地を肥やすカードと言えば自然の≪カラフル・ナスオ≫なんかも最近登場した有能カードですね。大量に墓地にカードを送り込めるカードとして使っていきましょう!

 

 

 

■デビット・ガーターの量増しをするならば!

f:id:Noyleseevisions:20180420144401j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420143851j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180420143856j:plain

 ここ1年で闇の墓地蘇生カードはものすごい勢いで増えていきました。これらのカードを使えば5枚目以降の≪デビット・ガーター≫として使用することも可能ですね。とくに≪狂気と凶器の墓場≫は、唱えた時に墓地を2枚増やすことが可能でさらに6コスト以下のクリーチャーを墓地から場に出せるので相性が抜群です。進化元と、墓地に3体ほどアンタップできるクリーチャーさえ残っていればそのまま攻撃し切れる!なんてこともありそうですね。

 さらにチャージャー呪文である≪ボーンおどり・チャージャー≫があれば、マナと墓地を同時に増やすことが可能ですね。そうすることで自然抜きでも闇単t無色でデッキが組めそうですね!え?無色のチャージャー呪文もある?なんのことでしょうね・・・。

 

 

 

【あとがき】

 ≪デビット・ガーター≫軸のマフィギャングも限定構築戦で作ることができそうですね!しかも格安で作れそう!本日紹介した≪逆転王女プリン≫以外は今年の限定構築戦で使用可能なカードですね。あ、≪カラフル・ナスオ≫と≪絶叫の影ガナル・スクリーム≫は違います。ごめんなさい。

 あとはマフィギャング特有の除去やハンデスで妨害しながらぼちを肥やし、最終的にワンショット!って感じのデッキですね!今度作って紹介したいなー。まさか新しいデッキタイプに出会えるとは、レア枠でも考察してみるものですね!ジョットガン・ジョラゴンの劣化とか言わない!笑