デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【煌龍サッヴァーク】限定構築戦のドラゴン軸メタリカ雑記

 毎週日曜日は、限定構築戦の大会があるので、そこでデュエマを楽しむのが1週間の楽しみです。しかし昨日は遊〇王の大会が長引いてしまい、限定構築戦に出場できなかったので、憂さ晴らしにこの記事を書こう!みたいな発想ですね。というわけで3回ほど出場し、対面したメタリカについての考察をしていきたいと思います。

 

 今回は相手をしてみての個人的な感想が主になるので、限定構築戦でメタリカを使っている!という方が何度も読み返すといい記事になるかもしれません。

 

 

■≪ジョジョジョマキシマム≫≪ハヤテの裁徒≫

f:id:Noyleseevisions:20180416102436j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180416102432j:plain

 私の周りの限定構築戦のメタゲームの中では、メタリカ使いが一番多いです。安定感のあるデッキは人気が高いですね。そして卍デスザーク卍や赤ジョーカーズ等のデッキタイプも存在し、色んなデッキタイプと戦うことができます。

 一般的な無色t青ジョーカーズを使う私にとって、メタリカはそこまで脅威ではありません。一番よく見る動きとして≪奇石マクーロ≫⇒≪戦慄のプレリュード≫≪DG~ヒトノ造リシモノ~≫≪サッヴァークDG≫の動きが一番遭遇率が高いです。経験上、この動きをされても横並び展開でヘリコプターなどでドローを加速していれば、一方的にマウントを取られて負けることがありません。むしろ相手の処理が間に合わずこちらの≪ジョジョジョマキシマム≫が先に相手に炸裂するパターンが非常に多かったです。

 

 このパターンだとジョーカーズの必勝形になるといっても過言ではありません。しかしジョーカーズを握って唯一負けたメタリカ対面があります。それが≪ハヤテノ裁徒≫入りのメタリカです。

 その時の対戦相手は小学生で、正直「余裕だな、」なんて心の中でほくそ笑んでいました。しかし2ターン目の動きで完全に凍り付きます。各ターンに呪文コストを1軽減できる≪ハヤテノ裁徒≫を2マナでプレイされたのです。その後はもうお察しでした。こちらのヤッタレヤッタレパーリ騎士の盤面を、最速プレリュードサッヴァークDG雷面ノ裁キ煌龍サッヴァークで完全に返され、あとはワンサイドゲームでした。

 

 序盤の盤面を除去呪文で綺麗に裁かれると、横展開できず案外つらいジョーカーズなので≪断罪スル雷面ノ裁キ≫の早期使用の展開は、限りなく負けに近くなります。もしメタリカでジョーカーズに勝てない!という方がいらっしゃいましたら≪ハヤテノ裁徒≫を騙されたと思って入れてみてください。

 

 

 

■≪卍デスザーク卍≫と≪煌龍サッヴァーク≫の対面

f:id:Noyleseevisions:20180416104151j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180416104139j:plain

 メタリカが明確に有利がつく対面は、卍デスザーク卍対面だと思います。私(正確には仮名“アストラルさん”)が≪卍デスザーク卍≫側で、どうメタリカに勝つのか、というのを模索し、何度も対面していますが、明確な解答策が卍デスザーク卍側に用意できていません。

 メタリカ(煌龍サッヴァーク)側からすれば、豊富な除去で≪卍デスザーク卍≫をシールドに縛り続け、表向きのカードを増やし、破壊耐性を得ながらビートダウンしていくだけでイージーゲームに持ち込むことができます。

 逆に魔道具(卍デスザーク卍)側から見ると、除去耐性を持つ≪煌龍サッヴァーク≫が重すぎて重すぎて震え、いつ≪断罪スル雷面ノ裁キ≫で鳥が盾送りされるかを怯えてプレイしなければいけません。

 環境に≪卍デスザーク卍≫が多いので、その他の苦手な対面さえ、取れるように工夫すれば、環境トップに君臨してもいいスペックのデッキだと感じています。

 

 

 

 

■≪奇石マクーロ≫と≪剣参ノ裁キ≫について

f:id:Noyleseevisions:20180416105055j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180416105100j:plain

 メタリカ使いの皆様は、3t目の動きでどちらを採用されていますか。私の周囲では≪奇石マクーロ≫の採用率が100%で、≪剣参ノ裁キ≫の採用が0です。ここからは個人的な見解ですが、≪煌龍サッヴァーク≫軸のメタリカはマクーロより剣参です。

 

 ≪奇石マクーロ≫も≪剣参ノ裁キ≫も3ターン目に、メタリカや呪文を引っ張ってくるのが主な目的ですね。この2つの差は、生き物が盤面に残るか、シールドに表向きが増えるか、の違いです。これで私は「表向きのシールドが残る」ほうが圧倒的に強いと感じています。純粋に≪煌龍サッヴァーク≫の破壊耐性が1回増えること、≪DG~ヒトノ造リシモノ≫でもう一度サーチができるタイミングがあること等々、色んな利点があります。

 ≪奇石マクーロ≫を盤面に残しても、パワー1000のため、殴り返しがきかず、1打点として計算せざるおえません。この1打点に明確に意味を見出すとすれば、≪煌龍サッヴァーク≫と2人で速やかに2ターンで殴り切る、というところですね。呪文メタに引っ掛からない、という点も偉いですが、限定構築戦であれば、現在呪文環境ではないため気にすることはないでしょう。

 

 

 

【あとがき】

 正直、私が≪煌龍サッヴァーク≫軸のメタリカを実際に複数回回していないため、対面感想にしかなりません。きっとデッキ研究自体は進んでいるとは思います。今回、皆さまに試していただきたいのは≪ハヤテノ裁徒≫と≪剣参ノ裁キ≫の2枚ですね。この2枚の使用感をぜひコメント欄でお待ちしております!

 

 さーて!劇場版コナン観に行くぞ!(あれ?昨日行ったはずでは?)

f:id:Noyleseevisions:20180416102436j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180416105100j:plain