デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ブロック構築】2ブロック限定構築の環境についてまとめ

 本日は短い雑談、もとい備忘録的な何かなります。何も有益なことの書いていないメモ程度なので最後までのんびり見ていってください。

 

 

 

 2ブロック構築戦が始まり1週間が経ちました。環境にて結果を残しているのは、

 

■ジョーカーズ

■卍デスザーク卍

■メタリカ

■グランセクト

 

 このあたりでしょうか。ビートジョッキーとムートピアの存在感が薄い気がしますね。純粋に制圧力のあるパワーカードを上手く使えるデッキがこの辺りといったところでしょうか。

 本日はこの4デッキについて浅く薄く考察してまとめます。

 

 

■ジョーカーズ(ジョットガン・ジョラゴン+α)

f:id:Noyleseevisions:20180408124351j:plain

 新リーダー≪ジョットガン・ジョラゴン≫が加わりデッキタイプにバリエーションが出た種族ですね。最速で≪超特Qダンガンオー≫で走り切りを狙ったり、横展開からの≪ジョジョジョマキシマム≫で一気に封殺、≪ジョットガン・ジョラゴン≫によるワンターンキルなどと色んなデッキがあります。

 どのタイプも隙を見つけては無理やりワンパンチを狙うことができて、半端な防御札では受けきりは望めません。呪文封殺、アンタップ、大量展開とデッキによってなんでもござれ状態ですね。

 一番最初に登場した≪超特Qダンガンオー≫型のジョーカーズであれば安価でしかもかなりの強さで構築できるので2ブロック構築に参入するのであればおススメです。

 

 

 

■卍デスザーク卍(魔道具)

f:id:Noyleseevisions:20180408124953j:plain

 前弾1パックだけで1つのデッキタイプとして成立し、今回の双極編にて新規カードをもらいデッキパワーがさらに上がりました。

 主に下級魔道具を場に展開しながら、墓地から≪卍デスザーク卍≫を蘇生し続け、相手のクリーチャーをタップイン+除去という高い制圧力を持ってコントロールします。魔道具やマフィギャングに、墓地蘇生、破壊、手札破壊など、コントロールできる成分が多めに含まれており、ビートタイプのデッキには≪卍デスザーク卍≫1体で封殺可能といっても過言ではありません。

 ≪卍デスザーク卍≫本体さえ集まってしまえば、デッキを組むことは容易です。というかこのカード1枚で高い制圧力を誇るため、デッキの半分を魔道具に、それ以外をS・トリガーやマフィギャングに染めるだけで戦えるデッキだと感じます。

 

 

 

■メタリカ(煌龍サッヴァーク)

f:id:Noyleseevisions:20180408125838j:plain

 「ラビリンス」という独特の能力を持ち、呪文をロック、クリーチャーをフリーズ、攻撃先を変更、シールドの追加&除去と守りに特化しているデッキタイプですね。序盤に展開可能な小型クリーチャーには優秀なメタクリーチャーが揃っており、マナ加速がなくとも大型クリーチャーまでアクセスできるのが強みでした。

 ≪煌龍サッヴァーク≫が登場し、「裁きの紋章」というギミックの登場から、守り一辺倒ではなく、アグレッシブプレイが可能になりました。このクリーチャーが自分のバトルゾーンに除去耐性を付与しつつ、シールドに攻撃するたびに、こちらのシールドが増加するという、攻守一体な挙動をとるようになっています。

 ≪卍デスザーク卍≫と同じく、核になるカードと、その周辺サポートのスペックが高すぎるため環境でも十分に戦うことが可能です。

 このデッキをある程度のパワーで使おうとすると、光物が多すぎて安価で作れる、とは言いづらいですね。

 

 

 

■グランセクト(轟破天+α)

f:id:Noyleseevisions:20180408130906j:plain

 新DMにて登場し、通常環境ではループ、≪水上第九院シャコガイル≫と共にエクストラウィンと高い安定感で殺し切りを目指してくるデッキタイプでしたね。高速化した環境でしたが、一度マナが伸び切ってしまったり、踏み倒しが決まれば確殺コンボを搭載していたため、強い部類のデッキタイプでしたね。

 ブロック構築では、通常環境とほとんど変わらない力で「ゲイルヴェスパーtシャコガイル」を構築することが可能ですね。さらに双極編にて「ツインパクトカード」「マッハファイター」と2つの能力をフル活用することができます。

 早いデッキに対してはマッハファイターで盤面を除去しつつ、遅いデッキに対してはグランセクトお得意のデカブツを投げつけることができ、明確に不利がつかないようにデッキを構築することが可能でしょう。環境を席巻するジョーカーズには2面除去である≪古龍遺跡エウル=ブッカ≫やマッハファイターが刺さり、≪卍デスザーク卍≫はマナに送ることで再利用不可能に。メタリカに対してはこちらのデカブツを叩きつけて主張したいですね。

 ピザデッキ(スタートデッキ)が発売され、それプラスでツインパクトマスターカードを追加することで戦えるようになりそうです。案外安く組めるかもしれませんね。

 

 

【あとがき】

 ビートジョッキーとムートピアが結果を残していないわけではないと思っています。ビートジョッキーには≪罰怒ブランド≫が、ムートピアには≪Iam≫という殴り切れるカードが揃っていますからね。弱くはありませんね。これから1年間かけてデッキとして完成されていく種族でしょう。

 ビートジョッキーに関しては、殴り切る速さはあるのですが、5枚割り切ってダイレクトアタックに行くまでの時間で対応されてしまう印象があります。優秀なS・トリガーも多く存在しますからね。ある程度自身でアドバンテージを稼ぎながら息長く戦っていくデッキタイプの考案そしていく必要性あり◎