デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【トテントンタン】グランセクト版リュウセイ・ジ・アース!マッハファイター、ガードマンサポート!

 プロモにもなり、モルトNEXTやドギラゴン剣にも好かれている≪リュウセイ・ジ・アース≫さん。そんな人気者の彼がグランセクトにも登場!でもこっちのジアースはなぜか人気がない模様。

 

私「それはドラゴンではな、ですよね、おっと誰か来たようだ。」

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180406132608j:plain

トテントンタン

コスト6/パワー7000 グランセクト

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
■W・ブレイカー
■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目を見る。それを自分の手札またはマナゾーンに加えてもよい。

 

 

 マッハファイターを持っていて、相手クリーチャーの除去しつつ、さらに手札補充もしくはマナ加速を選択できるハイスペッククリーチャーですね!しかも自分のクリーチャーにもそれを付与できるので、他のマッハファイターと好相性なシステムクリーチャーとしての役割も持っています!これが弱いわけがない!というわけで建設的に考察していきましょう!リュウセイ・ジ・アース(笑)を!

 

 

 

■マナカーブの綺麗なマッハファイター達!

f:id:Noyleseevisions:20180406133725j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180406132608j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180406133729j:plain

 この並びを見て、何かを感じませんか?そうです。マナカーブがものすごーく綺麗なんですよね。現段階で登場しているマッハファイターはいくつか登場していますが、毎ターン相手の展開を許さないようにすでに最低限の土壌は準備されています。

 さらにここまで繋がるように≪ワ・タンポーポ・タンク≫も存在します。3コストでマッハファイターを持っていて、破壊されるとマナゾーンにいくクリーチャーですね。コスト3で相手の一番隊サイクルと相打ちを取ることができれば、すぐに5コストに到達することができます。

 さらに≪トテントンタン≫が場に存在すれば、バトルに勝つたびマナか手札のアドバンテージを稼ぐことが可能になります。こちらが相手のクリーチャーを一方的に殴り勝ち、さらに手札もしくはマナ加速、この動きが弱いわけがないですね。もちろん決まればの話ですが(笑)

 

 

■マッハファイターサイクルと強力ドローソースの食い違い。

f:id:Noyleseevisions:20180406134644j:plain

 グランセクトと言えばパワー12000以上のドでかいクリーチャーですね。それを一気に手札に加えることが可能な≪ジャンボラパダイス≫は従来のグランセクトのように大量のアドバンテージを稼ぐことができなくなってきています。先に紹介した中型マッハファイター達は、パワーが12000に届かないクリーチャーも多いですからね。

 そうなると何でアドバンテージを稼ぐのか、という問題にぶち当たりますね。そこで≪トテントンタン≫ですよ。何度もリュウセイ・ジ・アース能力を使えるわけですからね!

 手札補充+マナ加速といえば≪コレンココ・タンク≫の存在もあります。あちらは盤面に残るパワー12000のガードマンとして優秀なスペックを持っていて、さらに瞬間的に3枚のアドバンテージを稼ぐことができます。しかし、パワー12000以上という縛りがあるため小型のマッハファイター達を取りにいくことができません。盤面の処理もできないため使い勝手が大きく違ってきますね。

 

 

■轟破天九十九語との相性のよさがグッド!

f:id:Noyleseevisions:20180403143017j:plain

轟破天九十九語

コスト10/呪文

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからバトルゾーンに出す。これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する。(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない)

 

 お互いのマナゾーンからクリーチャーをCIP能力を無視しながら投げつけることが可能な大型呪文ですね。お互いのマナを盤面に変換するというビックリランデスをこなすのですが、これがマッハファイターやトテントンタンと相性がいいのなんのって感じです。

 この呪文を使い、相手の出てきたクリーチャーをこちらのマッハファイターで殴り倒しつつ、トテントンタンの能力によってこちらは盤面に変換し失ったマナを回復することが可能になります。これは呪文にはできないことですし、登場時能力であるマメタンクにもできない芸当です。

 さらにコストが「10」であるため、≪トテントンタン≫でブースト⇒≪ゼロノ・スタッガー≫でブーストと10マナに繋げやすいというデザイナーズコンボっぽい動きもとれますね。もちろん理想ムーブではありますが強力な動きであることに違いありません。

 

 

■実は守り札との相性を抜群。ガードマンともシナジー!

f:id:Noyleseevisions:20180406141611j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180406141620j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180406142026j:plain

 バトル強要S・トリガークリーチャー達とも相性がものすごーくいいですね。上の2枚は系統は違えど、S・トリガークリーチャーで相手のクリーチャーとバトルをして、防御に徹するカードです。強制バトルの≪ゼノゼミツ≫はバトルに勝てば1ブーストするクリーチャーになるので、足りない1ターンを一気に埋めることができますね。

 さらに≪タマタンゴ・パンツァー≫は条件付きS・トリガークリーチャーですが、タップして登場し、攻撃を誘導させます。相手の攻撃を躊躇させることが可能ですね。

 さらに攻撃を誘導するガードマンサイクルとも相性がいいですね。自分のクリーチャーのバトルを(正確には相手のクリーチャーの攻撃先を)変更させることが可能なので、勝てるバトルに誘導することが可能です。マッハファイターは攻撃しタップしてしまうので相手クリーチャーの的になってしまいます。それをガードマンで守ることができるので隙を無くしながらアドバンテージを主張できる点は噛み合いのある能力ですね。

 

 

 

【あとがき】

 ≪トテントンタン≫は初動メチャクチャ安いハズレのベリーレアな気がします。私もパックから出たら「うわあ・・・」と思ってしましました。しかしこの記事を書いて案外場に残れば強いのでは?という強烈な錯覚に襲われてきました(笑)

 グランセクトを愛されている皆様、これからグランセクトを作ってみたい皆様、ぜひこのクリーチャーを採用してあげてください!かわいいので!