デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ】殿堂呪文に匹敵する除去持ち!

  さて!本日3/31(土)は何の日でしょうか!?デュエルマスターズ新弾発売日ですね!早く剥きたい!明日までお預けなのが憎い!とカードが欲しくてほしくて堪りません。デュエルマスターズ依存症ですね。怖い怖い。というわけで記事を書いてそのDM欲を発散していきましょう!

 

 今回は光のツインパクトカード!汎用除去剣兼展開補助&妨害札と腐りにくいスーパーレアですね!というわけで考察していきましょうか!

 

f:id:Noyleseevisions:20180331121255j:plain

龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ

龍装の悟り 天命

コスト7/パワー7500

■ブロッカー ■W・ブレイカー

■相手の光以外のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1多くなる。

■自分の光のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1少なくなる。ただしコスト0以下にならない。

ヘブン・デ・エンドレーサ

コスト4/呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

 

 パッケージスペックだけ見ると、ものすごーく微妙な気がしませんか?このスーパーレアツインパクトカード。クリーチャーモードでコスト7パワー7500って微妙すぎる・・・なんて感汁かもしれませんが、呪文モードも強力です!というわけで考察していきましょう!

 

 

■クリーチャーモード:補助&妨害。サイン対応のドラゴンギルド!

f:id:Noyleseevisions:20180331122824j:plain

龍装の悟り 天命

コスト7/パワー7500

■ブロッカー ■W・ブレイカー

■相手の光以外のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1多くなる。

■自分の光のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1少なくなる。ただしコスト0以下にならない。

 

 早期に着地してしまえば、妨害+展開補助と小さな仕事をコツコツと積み重ねることが可能な有能クリーチャー。しかも種族にドラゴンギルドを持っているので≪ドラゴンズ・サイン≫にて展開が可能ですね。相手が光をメインにしたデッキでなければ、コストが1重くなるので、マナカーブを崩し1テンポ遅らせることができます。

 さらにこのクリーチャーがいる限り、自分は光のクリーチャー、呪文のコストは1少なくなります。≪ドラゴンズ・サイン≫から展開できれば、次のターンは≪龍覇セイントローズ≫に繋げることが可能になりますね。いい流れです。これからの天門系統のデッキにはサインを4枚採用してもいいようになりそうですね。

 特筆すべき点として、コストの増減は自分に有利になるように作用するということです。≪天獄の正義ヘブンズ・ヘブン≫があるせいで≪コアクアンのおつかい≫が1コスト重いなんて悩みは不要です。相手だけコストを重くし、自分だけコスト軽減が入ります。理不尽ワガママアドバンテージを取ることが可能ですね、疑似的な≪焦土と開拓の天変≫みたいに見えてきました。

 

 

■呪文モード:殿堂カードクラスの最高峰除去!

f:id:Noyleseevisions:20180331123647j:plain

ヘブン・デ・エンドレーサ

コスト4/呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

 

 相手のクリーチャーを裏向きにしてシールドゾーンに送りつける除去呪文ですね!似たようなカードで≪スーパー・エターナル・スパーク≫や≪魂と記憶の盾≫が存在しますね。S・トリガーがついていないこと、カード除去ではないこと、裏向きでシールドへ送ること、相手のクリーチャーしか対象に取れないこと、と絶妙に強いか弱いかわからない調整がしてありますね。

 ≪スーパー・エターナル・スパーク≫と違ってS・トリガーでもありませんし、クリーチャーしか対象に取れません。しかしコストが1軽いのが強みですね。3コストドローの後にすぐに盤面除去に移れます。さらにコストの制限がなく、進化獣も除去することが可能です。どんなデカブツをさらっと除去できますね。

 ≪魂と記憶の盾≫との差別点はコスト、色、採用枚数、進化非進化の差ですね。殿堂カードではないので複数枚の採用が可能です。さらに光単色の除去は多くないので、純粋に選択しが増えたことは嬉しい限りです。コストが1重くなっていますが、3コストの動きはドローを決めたいので誤差ということにしましょう。正直先行で一番隊を除去できないのが残念です。

 

 

 

【あとがき】

 正直、弱いのでは?なんて思っていましたが、記事を書きながら考え直してみると使ったら強い部類のカードではないのかな?なんて考え直しました。天門系統を組まれている方は一度採用してみて使い勝手を試してみてください。

 正直私も、見た目で弱いと判断しがちな人間です。しかし使ってみると案外・・・ということが頻発しているので実際使ってみる必要がありますね。皆様の使用感を教えてくださいな♪