デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート】天門に新しいツインパクトカードの力!

 昨日、Twitterを眺めていると、公式から大量の新弾カードの情報が流れてきました。「大量に」。いやいや、記事書くの追い付かねえから。私だってシ〇ドウ〇ースやりてえから(パック剥きたいだけ)。というわけで悲鳴を上げながら記事を書きかきしていますね。

 

 そんな私情は放っておいて!あと2日で新弾の発売です!財布のお金チャージは済んだか!?私はまだ終わっていない!財布ポイントは8000スタートなんだよ!(茶番終わり)

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180329125357j:plain

星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート

星門の精霊アケルナル

コスト9/パワー10500 エンジェルコマンド

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のターンの終わりに、光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンへ出してもよい。

スターゲイズ・ゲート

コスト5/呪文

■光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンへ出す。

 

 

 光の大型ツインパクトカードの登場です!1枚でヘブンズゲートのデッキを大きく変えてしまいそうなビックリ能力ですね!まさか踏み倒し呪文、そして自身が大型ブロッカーだなんて、12年前の私が見たらデュエルマスターズを引退してしまいそうです・・・(笑)

 

 というわけでのんびり考察していきましょう!新時代の天門(ヘブンズゲート)を!

 

 

■クリーチャーモード:天獄の正義ヘブンズ・ヘブン!

f:id:Noyleseevisions:20180329134418j:plain

星門の精霊アケルナル

コスト9/パワー10500 エンジェルコマンド

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のターンの終わりに、光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンへ出してもよい。

 

 クリーチャーモードでは、あの強ドラグハート・フォートレスである≪天獄の正義ヘブンズ・ヘブン≫に酷似した能力を持っています!このクリーチャーがいる限り、自分のターン終わりに手札から非進化の光のブロッカーをタダで場に出すことが可能になります!踏み倒しが弱いわけがない!

 

 これによって天門系統のデッキの動きにバリエーションが増えました!今までは≪ヘブンズ・ゲート≫から≪歴戦の精霊龍カイザルバーラ≫を出し、その能力によって≪龍覇セイント・ローズ≫を出し≪天獄の正義ヘブンズ・ヘブン≫を用意していました。そのセットを持っていない人でも、これ1枚あれば同じような挙動を味わうことが可能です!

 

 

■呪文モード:光の非進化ブロッカーを踏み倒し!!

f:id:Noyleseevisions:20180329135431j:plain

スターゲイズ・ゲート

コスト5/呪文

■光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンへ出す。

 

 5コスト・・・光の踏み倒し呪文・・・「ドラゴンズ・サイン」か!!と色んなコンボを連想してしまいそうになるスペックの呪文ですね!≪ドラゴンズ・サイン≫と同じ速度でブロッカーを展開できるようになるのは偉いです。

 

 今までの天門、ロージア系統のデッキは、5マナ域は≪ドラゴンズ・サイン≫か≪音感の精霊エメラルーダ≫くらいしか選択肢がありませんでした。そしてロージアダンテではなく「天門」というデッキタイプは≪ドラゴンズ・サイン≫が搭載されていないリストも多く、5マナ域が上記+D2フィールドといったものでした。

 しかしこの度、1ターン早くブロッカーを展開することができるようになりました。もちろん投げるのは≪歴戦の精霊龍カイザルバーラ≫ですね。相手に「単騎やラフルルを探しに行く隙を1ターン消した、」と考えると、1ターン早くなるのはものすごく大きいです。

 注意してほしいのは、この呪文にS・トリガーはついていません。過信しすぎて盾から捲っても、次の≪ヘブンズ・ゲート≫を待つブロッカーです。≪ドラゴンズ・サイン≫と踏み倒す対象はもちろん違います。この2種の呪文の代用や互換性はありませんのでご注意を。

 

 

 

【あとがき】

 ツインパクトカードは1枚のカードの2種類の役割を持たせ、デッキや戦術に柔軟性を与えるものだと感じています。このカードの採用が見込まれるデッキは守りに特化した落ち着いたデッキです。このカード1枚をどちらのモードで利用するかで戦略が大きく変わってくるでしょう。

 呪文モードでは、光の非進化ブロッカーであれば、大型クリーチャーも踏み倒すことが可能です。≪世紀末ゼンアク≫や≪逆転精霊ヘブンイレブン8210式≫なんかも早期で踏み倒しして遊べそうですね(笑)

 

 このカードの登場で、天門デッキも息を吹き返しそうです。依然として能動的な展開は≪異端流しオニカマス≫や≪洗脳センノー≫に抑えられてしまいますが、それでも1ターン早く動き出し、カイザル+セイントローズのセットを抱えなくてもよくなったのは大きいです。

 従来の天門の動きをこの1枚で完全再現できる、というわけではありません。≪天獄の正義ヘブンズ・ヘブン≫は呪文コスト増加や、龍解後の制圧力、触られづらい展開補助と違った魅力があります。混同して、「こっちの方が昔のカードより強い!」なんてことを大声で言わぬよう・・・。