デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【キングダム・オウ禍武斗】実際食らってみると凄まじい脳筋ブレイカー

 新しく発売されたスタートデッキ(自然)の方もものすぎく強いことが判明しました。正直自分の中ではジョーカーズばかり評価していて緑の方はパーツは強いなあ~なんて考えていたのですが、そうは問屋が卸さないのがデュエルマスターズ。しっかりインパクトのあるデッキになっていましたね。

 

 というわけで本日は自然のスタートデッキのダイレクトステルスマーケティングをしていきましょう。私になんのメリットもないのですが、コンビニやショップで余っているのを見ると悲しくなってきてしまうので、少しでも在庫が減って新しいデュエルマスターズ人口が増えればなあなんて思い出書いていきます。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180320134215j:plain

【キングダム・オウ禍武斗】

コスト9/パワー14000 グランセクト

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
■T・ブレイカー
■破天九語:このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする。

 

 本日はこのスタートデッキの切札の脳筋カブトムシ君の解説ですね。新キーワード能力である「マッハファイター」と「破天九語」を有している欲張りクリーチャーですね。次のエキスパンションでほぼ上位のようなマスターカードが出てしまいますが、現段階で楽しむなら十分だと感じました。というわけで解説していきましょう!新ギミック2つを!

 

 

■マッハファイター!相手クリーチャーをすぐに殴れ!

f:id:Noyleseevisions:20180320134716j:plain

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

 

 ジョーカーズが出たターンに相手クリーチャーを攻撃できる能力を有していましたが、自然文明は逆ですね。出たターンにすぐにクリーチャーを攻撃することが可能です!相手の召喚酔いしているクリーチャーを殴り飛ばしたり、処理に困るような≪異端流しオニカマス≫を殴り飛ばしたりすることが可能です!

 自然文明はデカブツを投げつけて盤面をし制圧しますが、今までループして殺すか、他の文明のデカブツを投げるかの2つな気がします。しかしこの度自然単体で脳筋デッキを組むことができるようになったのは偉いです。

 そしてこの能力は後述する能力をとも驚くほど噛み合っていて制圧おろかゲームエンドまで持ち込むことができる可能性を秘めています。

 

 

 

■破天九語・・・ゲームを決める一撃必殺奥義!

f:id:Noyleseevisions:20180320134716j:plain

■破天九語:このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする。

 

 よくわかりませんが、バトルに勝つと相手のシールドを9枚割ると書いてあります。パワー14000でバトルゾーンに出た瞬間、クリーチャーに突っ込んでいき、そのままシールドを全破壊!というツインパクトカードよりもインパクトのある奇襲性を持っています。馬鹿野郎って感じですね。

 実際昨日自分で食らってみて、ひどく驚きました。

 

私「あ、盾全部消えるんだあ(小並感)」

 

 本当に小学生みたいな感想しか出ませんでしたね。恥ずかしくて言葉も出ませんでしたが。

 

 能力はシールドを9枚ブレイクする、というものですが、シールドを10枚になることはめったにありません。どこぞのデュエルマスターのエスメラルダさんではありません。限定構築のカードプールでシールドを増やしまくるのは≪煌龍サッヴァーク≫くらいでしょうか。

 

 

■このカードの主張点と注意点。

f:id:Noyleseevisions:20180320134716j:plain

 このグランセクトという種族のクリーチャー達はパワーが12000ラインと著しく高く設定されています。ビートデッキに対する解答として≪卍デスザーク卍≫が存在しますが、バトルで突破することのできないパワーには苦戦を強いられるでしょう。やはり大きさは力なり、ですね。マッハファイターという能力の仕様上、一度マウントを取ってしまうと、こちらのクリーチャーは並ぶ一方になり、ゲームの流れを大きく引き寄せることができます。

 逆に注意点も存在します。「破天九語」という能力は、相手のシールドをほぼすべて破壊することのできる強力な能力です。しかし「スーパー・S・トリガー」がシールドに入っているとカウンターで逆転される恐れも充分にあります。近年のS・トリガーは環境の高速化、耐性等のインフレに合わせて、受け札強くデザインされているように感じます。一度に大量のシールドをブレイクするということはその中のトリガーを一気に受けるということですね。リスクをどこまでケアするプレイをできるかどうかもハイレベルな戦いでは問われそうです。

 

 

 

【あとがき】

 率直な感想としては、予想以上のインパクトだった、ですね。これは新弾が楽しみになってきました。ついに殴って制圧する自然デッキが登場するので嬉しい限りですね。

 新DMでは強力な環境レベルのグランセクトクリーチャーは登場しましたが、トップレアはどれもループしています。≪ベイBジャック≫なしでループしていましたから養護のしようがないです。双極編では、でかいクリーチャーで殴る自然らしい動きを期待ですね!