デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ルソー・モンテス/法と契約の秤】分割インフェルノサイン・・・しかもお手軽回収できるのは。

 公式発表、というかYouTubeでの公式の対戦動画でまさかのカードが紹介されました。闇文明の分割カードなんですけどね。≪ルソー・モンテス/法と契約の秤≫というカードなんですけどね。なんというかものすごく強いわけですよ。その強さと魅力をこれから余すことなく書いていこうとおもいます。というか全部思いつくだけ書けるかしら、と不安になってきます。というわけでやっていきましょう。

 

f:id:Noyleseevisions:20180303114939j:plain

ルソー・モンテス/法と契約の秤】

ルソー・モンテス

コスト2/パワー1000 マフィギャング

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を捨ててもよい。そうしたら相手の手札を1枚見ないで選び捨てさせる。

法と契約の天秤

コスト5 呪文

■コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

 

 

 予想以上のカードが登場しました。正直ここまで求めてはいなかったですし、このような能力を持っているカードが登場するとは考えてもいませんでした。おっかなドッキリビックリがっかりな感じのカードです。さて、テンションあげてやっていきましょう。考察するもおぞましいこの闇の分割カードを・・・。

 

 

 

■クリーチャーモード:軽量ハンデス。

f:id:Noyleseevisions:20180303120439j:plain

ルソー・モンテス

コスト2/パワー1000 マフィギャング

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を捨ててもよい。そうしたら相手の手札を1枚見ないで選び捨てさせる。

 

 盤面に残る軽量ハンデスですね。≪特攻人形ジェニー≫と違い盤面には残りますが、自分の手札を1枚切らなければなりません。使い勝手でいえば特攻人形に軍配があがりますね。こちらは召喚とディスカードで手札を2枚使いながら1枚ハンデスをしています。まあ墓地にカードを落とせる、といった面ではこちらも採用理由になりそうですね。

 2ブロック構築では2コストのハンデスカードは再録された≪マインド・リセット≫しかありませんでした。しかしこのカードの登場により2コストハンデスカードを8枚体制にすることができるようになりましたね。これは大きなカードプールの変化です。限定構築でもハンデス系統のデッキでコントロールできると思うとワクワクしますね!

 そしてこのカードの重要なファクターである「生き物」という点ですね。このカードがクリーチャーの側面を持っていることにより、下の強力呪文能力をクリーチャー墓地回収能力により使うことが可能です。クリーチャー回収カードで呪文回収できるってやっぱダメやな。

 

 

■呪文モード:インフェルノ・サイン

f:id:Noyleseevisions:20180303121357j:plain

法と契約の天秤

コスト5 呪文

■コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

 

 

 ふう、書いてあることがおかしい。落ち着け餅つけ。このテキスト1文にものすごーく不安と焦りと焦燥が心の底から湧き上がってきます。というか焦りすぎ。

 落ち着いていきましょう。ますコストが5であること。これは殿堂入りカードである≪インフェルノ・サイン≫と同じコスト域です。同じコスト域で同じコストまで墓地から出すことができます。≪インフェルノ・サイン≫を軸としていたロマノフ使いの皆様、お待たせしました。「ロマノフサイン」というデッキタイプでまた遊べる日が来ました!祭りだ!ナイト祭りだ!龍素知新なんてなかった!

 

 閑話休題

 

◎7コスト以下なら進化でも出すことが可能。

 もう一つ気になる部分があります。このカード、コスト7以下のクリーチャーを蘇生することができます。進化クリーチャーも蘇生できます。もう一度言います。

 

「進化クリーチャーでも蘇生できます。」

 

 情報が発覚した瞬間DMvaultで「コスト7と等しい」「進化クリーチャー」で叩きました。大菜王ビックナスディーン出せるやん、という感想がでました(意味不)

 

 この呪文、進化クリーチャーでも蘇生できます。進化クリーチャーである≪超龍バジュラ≫や≪闇鎧亜キング・アルカディアス≫、進化ボルテックスを持つ≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫、進化GVを持つ≪超新星ネプチューン・シュトローム≫、究極進化クリーチャーの≪神羅ドラグムーン≫ももちろん、究極進化MAXを持つ≪超神羅ロマノフ・カイザーNEX≫まで7コストまでであればなんでも墓地から出すことができます!

 

 興奮しすぎました。反省。懐古厨反省。

 

 

◎呪文であり、クリーチャーでもある≪インフェルノ・サイン≫

 これが何を意味するのか、分かる方は多いでしょう。元来、闇文明の専売特許は墓地からのクリーチャー回収、再利用です。呪文の再利用はファル・ピエロやデ・バウラ伯が存在する光や、墓地からダイレクトに呪文を撃つスペルサイクリカ等、水文明の技術でした。

 しかし、ツインパクトカードの登場により、おそらくですが、クリーチャーとしてこのカードを回収することができます。疑似的に墓地から呪文を回収できる、ということですね。しかも回収できる呪文が殿堂カードである≪インフェルノ・サイン≫に酷似しています。1枚制限のカードを4枚に増やした上に簡単に使いまわしてもいいのでしょうか。甚だ疑問が残ります。

 

 このカードの登場によりロマノフ系統やジャスティスがまた息を吹き返すかもしれません。≪龍素知新≫で蘇生カードを使いまわしていたデッキが復活する可能性がありますね。これは間違いなく喜ばしいことですね。商売としても新しいカードを買ってもらうための手段としてうまいです。

 

 

【あとがき】

 2ブロック構築しか考えてない最近ですが、このカードが入ることによりマフィギャングがまた強化されましたね。スーパー・S・トリガー能力含めてどれだけ蘇生札出すねんあの種族。

 控えめにいってこのカードはめちゃくちゃ強い部類です。確実に4枚は集めておきたいカードです。クリーチャーモードでも妨害札として活躍、今引きしても墓地蘇生と弱いことが何も書いてありません。というか≪インフェルノ・サイン≫相当のカードが4枚デッキに採用できるようになることがどれだけ環境に影響を与えるのかが非常に気になります。そして同時に楽しみです。

 このカードの登場が好ましいと考える人、カードゲームとして危惧している人、何も考えずにロマノフを叩きつけたい人、色んな方がいらっしゃると思います。私は2ブロック構築がこのカードでどれだけエキサイティングになるか楽しみです。

 

【一口メモ】

◎ルソー・・・哲学者、「社会契約論」

◎モンテスキュー・・・哲学者、「法の精神」