デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

2ブロック構築戦!4つの単色デッキレシピと解説!

 昨日ショップの方で2ブロック構築戦の調整?というかフリー対戦を数回していました。正直な感想。

 

「デッキサンプルが少なすぎてわからん」

 

という結論に。それもそうだった。結局3戦ほどしかしていない気がしますし。というわけでイメージの中だけでもデッキレシピをいくつか構築してみることに。それを今回ご紹介。一応4つテキトーに作っているので、これが正解とか、強いとかはないので悪しからず。今回はサンプルレシピが多いので簡単な説明になってしまいます。解説が必要であれば要望をコメント欄へお願い致します。

 

 

 

■赤単ビートジョッキー(ブランド)

f:id:Noyleseevisions:20180226113716j:plain

 まずはビートジョッキーですね。わかりやすく赤単で構築。マスターカードである≪罰怒ブランド≫を軸にした構築です。コスト軽減が可能な≪一番隊チュチュリス≫や≪ダチッコ・チュリス≫を頭を真っ白にして4投していますね。こちらは速さでアドバンテージを得るデッキですのでコスト軽減は惜しみなく使い、序盤に攻め倒すくらいの勢いでいきましょう。

 そして過剰すぎるレベルでドローソースが搭載されています。≪トツゲキ戦車バクゲットー≫や≪バングBNGドンゴ≫、さらに人気急上昇中の≪乱振舞神G・W・D≫までフル投入です。これはビートジョッキーの動きを最大限生かすための構築です。

 ≪罰怒ブランド≫軸のデッキの場合、手札を1ターンで複数枚消費し、手札を盤面に叩きつけ一気に打点を作るデッキです。2~3枚展開マスターBADでブランド召喚、全員スピードアタッカー化、という動きがベストムーブになります。その動きをできなければ勝てない、と言っても過言ではないでしょう。

 今回の構築は手札補充を多くすることにより第2、第3のブランドを引き込み無理やり削り切る構築にしています。攻めが切れてコントロールされても切り返せるようにですね。

 今回は詳しく書きませんが≪ラッシュATKアサルト≫がマジで強いです。マジ卍。

 

 

 

■グラスパーtシャコガイル

f:id:Noyleseevisions:20180226115445j:plain

 限定構築とは一体、と思うレベルで現環境でも戦っているデッキです。マナ加速ドローソースコスト軽減と様々な方法を駆使してデカブツを叩きつけます。≪天風のゲイルヴェスパー≫をバトルゾーンに出し、クリーチャーに「W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー」を付与したら大量展開の始まりです。≪ジークナハトファルター≫でマナを伸ばしながらマナの生き物を回収し、展開&山札を圧縮。最終的には≪水上第九院シャコガイル≫でのエクストラウィンや≪古代楽園モアイランド≫のロックで勝利します。

 この構築自体は現環境でも戦えており、たくさんの解説動画や記事が上がっていますのでそちらを参照ください。

 

 

 

■白t無色DGメタリカ

f:id:Noyleseevisions:20180226122210j:plain

 主人公のライバルであるキラの使用していたDGのメタリカですね。基本スペックが高いクリーチャーが多くこの環境でも戦っていけるでしょう。この度の新弾で≪剣参ノ裁キ≫というサーチカードを入手し≪奇石マクーロ≫以外のサーチカードを手に入れました。DG込みの構築ならこちらのほうが強いのでは?と思い投入。

 このデッキの強みは≪サッヴァークDG≫のドロー能力と数々の踏み倒しですね。このカード1枚で莫大なアドバンテージを稼ぐためそこまでいかに繋ぐことができるかが重要です。≪戦慄のプレリュード≫も採用圏内でしょう。

 この構築では守りに厚く振ってはいますが、10枚態勢です。全タップは光文明の特権ですので≪ノヴァルティ・アメイズ≫や≪DNAスパーク≫は自然に入ってくるでしょう。

 このデッキの主張点は≪煌龍サッヴァーク≫による早期コントロールだと感じています。限定構築でもコントロール、速攻と多様なデッキタイプが存在します。除去から盾追加まで器用に行うことのできる上に、強力な除去耐性まで持っているという詰め込みすぎ能力を使い早い段階でコントロールすることを意識してプレイすることが重要ですね。

 

 

■卍デスザーク卍マフィギャング

f:id:Noyleseevisions:20180226123056j:plain

 卍デスザーク卍≫や≪阿修羅サソリムカデ≫の登場で一気に現環境でもトップメタに登り詰めました。今回のレシピは≪卍デスザーク卍≫を中心にコントロールをし、≪阿修羅サソリムカデ≫と≪ジョルジュ・バタイユ≫を触っています。

 あまり≪阿修羅サソリムカデ≫はこのリストでは必要ないように感じます。しかし闇文明のスーパー・S・トリガーカードは墓地から蘇生する手段が≪戒王の封≫と≪冥王の牙≫と強力なカードであり、墓地から蘇生することができれば強力です。コントロール後に出すことができてもバタイユを経由できれば完全蘇生カードになるので採用しています。

 序盤を≪卍デスザーク卍≫でコントロール寄りに戦い、終盤には≪阿修羅サソリムカデ≫や≪ジョルジュ・バタイユ≫で盤面を作り切ることできれば負け盤面になりません。さらにS・トリガーを15枚近く積んでいるため、早いデッキに対しては卍デスザーク卍もあり無類の強さを誇ります。

 現環境でも強いカードを詰め込んでいるため強くて当たり前というわかりやすい論理で構築されていますね。≪復活の祈祷師ザビミラ≫がいなくても圧殺できれば勝てそうですね。

 

 

 

【あとがき】

 今回はとりあえず存在しそうな単色デッキをテキトーに組んで考察していきました。次は安く組める2ブロック構築戦デッキの紹介をしていきます!目指せ!ストレージコーナーだけでブロック構築最強デッキ!って感じでいきましょうか!

 今回の記事は各種族の強い動きを押し付けることができるような構築と考察をしていきました。え?ムートピアがない?私を誰だと思ってるんですか?ちゃんと構築してあります。

 

f:id:Noyleseevisions:20180226131109j:plain

蓄積された卍デスザーク卍

 ≪卍デスザーク卍≫でコントロールしながら墓地に呪文を蓄積していき、コストを軽くしたムートピアでフィニッシュするデッキです!序盤は闇でコントロールして終盤は手札を盤面に一気に変換して戦うデッキですね!

 

 

 ごめんなさい、無理がありました。ごめんなさい。