デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

2ブロック限定構築!火ジョーカーズ!

 

 さっそく2ブロック構築戦の新パックも出ていないのに考えて、回していこうとするデュエルマスターズを楽しむものです。

 

 今回は依然紹介した格安赤ジョーカーズもう一度紹介しておこうと思います。限定構築も始まることですし、いい機会ですね。

 

 今回は安い!強い!かっこいい!を揃えた主人公デッキの紹介といきしょう!今回は入手難易度、値段、ヒロイック度をすべてマックスにしたデッキの紹介です!これは自信作、文句のつけようがないですよ!というわけでやっていきましょう!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180209132543j:plain

 

 今回紹介するのは!主人公の使うデッキ!火ジョーカーズです!そもそも火ジョーカーズ自体は大きな大会で多く結果を残していません。しかし、回してみると案外強いのでは!?と思い構築しています。それではこのデッキがどのように動くか、ですが、大体察しがつきますね(笑)今回はメインとなるカードと勝ち筋をざっくばらんに解説していきますよ!

 

 

 

■まったく評価されていないこのジョニーを使用!

f:id:Noyleseevisions:20180209133158j:plain

メラビート・ザ・ビギニング

コスト6/パワー5000

■スピードアタッカー
■マスター・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。

 

 コロコロコミックの付録としてDGと一緒についてきた先行お試しジョリーですね。構築済みデッキセットにも収録されていたマスターカードではないメラビートですね。なんで今更誰も注目していないようなカードを引っ張り出してきたかというと、今回の新弾でも新しく火のジョーカーズが収録されたからですね。このクリーチャーはJOE能力のクリーチャーが増えれば増えるほど強くなる不思議なクリーチャーです。それではどのようなクリーチャーを踏み倒せばいいのでしょうか?

 

 

 

■安い!強い!ドローソース!JOE!

f:id:Noyleseevisions:20180209133951j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180209133938j:plain

 今回、デッキの値段を大きく下げるために採用された≪メラビート・ザ・ビギニング≫の相棒ですね!どちらも強力なドロー能力を持っています。

 ≪絶対音カーン≫は攻撃後、お互いは手札をすべて捨てることができます。こうして捨てたプレイヤ―はカードを3枚ドローすることができます。このクリーチャーで攻撃し、場に残ることができれば3枚ドローに変わります。さらに、J・O・E能力でターン終了時に山札に戻ってしまいますが、1ドローになります。このクリーチャーが攻撃するだけで合計4枚ドローという驚異の加速力ですね!次のターンに≪メラビート・ザ・ビギニング≫を召喚して、もう一度スピードアタッカーを2体生成し一気にダイレクトアタックまで持っていけます!

 同じ理由で≪ルネッザーンス≫も強力です。このクリーチャーはバトルゾーンに出た時、山札の上から3枚を表向きにします。その中のジョーカーズをすべて手札に加えることができます!出ただけで最大3枚ドローですね!さらにこのクリーチャーはマッドネス効果まで持ち合わせています。このクリーチャーが相手の呪文やクリーチャーの効果によって手札から捨てられる時、代わりにバトルゾーンに出てくることができます!相手の≪特攻人形ジェニー≫なんかで捨てられた際に、逆に大量のアドバンテージを稼ぐことができますね!J・O・E能力があるとはいえコストが10と重たいので、≪メラビート・ザ・ビギニング≫の効果でうまく活用していきましょう!

 

 

 

■序盤の小型クリーチャーでしっかり応戦

f:id:Noyleseevisions:20180209135308j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180209135331j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180209135319j:plain

 ≪メラビート・ザ・ビギニング≫に繋げるまでにしっかり小型クリーチャーで盤面を作ってあげましょう!早期召喚に繋がる≪ヤッタレマン≫や≪パーリ騎士≫、手札を補充できる新規火のジョーカーズ≪花美師ハナコ≫なんかも新しく加わりましたね!リストには≪洗脳センノー≫がメタカード枠として採用されていますが、値段が高ければ≪ツタンカーネン≫をドローソースとして採用していきましょう!

 ≪ジョジョジョジョーカーズ≫ももちろん採用しています!2コストジョーカーズを引っ張る役割もありますが、≪パーリ騎士≫の能力をフル活用するために、墓地にカードを落としておきたいのです。このデッキには≪ゼロの裏技ニヤリーゲット≫が入っていませんからね。素早く滑らかに≪メラビート・ザ・ビギニング≫に繋げていきましょう!

 

 

 

 

■もちろんS・トリガー枠も大切!

f:id:Noyleseevisions:20180209140122j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180209140106j:plain

 今回採用したのはこの2種ですね。この2枚が入手難易度が低い、という理由ですね。≪ドドンガ轟キャノン≫はジョーカーズ呪文ではありませんが、お手軽カード除去呪文ですね。嫌な≪Dの爆才サイバー・ダイス・ベガス≫はもちろんのこと、≪恐竜界樹ジュダイオウ≫なんかも剥がすことのできる有力なS・トリガー呪文です。スーパー・S・トリガーとして発動すればレッドゾーンサイクルはすべて破壊することが可能ですね。ドキンダムXは勘弁してください。この枠はジョーカーズS・トリガーであれば割となんでもいいと思っています。自分が安く組めるようにしてみてください。

 

 

 

 

【あとがき】

  年末に書いた記事をそのまま引用して手抜き工事感満載になっております!しかしこの記事をもう一度紹介しておきたかったです。「限定構築」というと難しそうなイメージがありなかなかやろう!と言い出せないかもしれません。できるだけシンプルに、そして楽しく強くデッキを組んで限定構築も楽しんでいただきたいですね。

 勝手な予想ですがひょっとしたら店舗代表も例年の限定構築ではなく2ブロック構築にある可能性もあります。店舗代表戦がある、ヤバい!デッキなにも考えてない!なんてことが往々にしてありますので(毎年の私)環境に慣れておく、という面でも日頃から触っておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 おそらく今年の予選はジョラゴンに染まるんじゃないでしょうか。優秀なハンデスが登場しない限りは・・・。