デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ】お手軽全体除去!

f:id:Noyleseevisions:20180221131035j:plain

ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ

ハイパー・ギガタック

コスト6/パワー9000 グランセクト

■W・ブレイカー

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体自分の墓地からマナゾーンへ置く。

 

ギガタック・ハイパー・トラップ

コスト8 呪文

■各プレイヤーはバトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。

 

 

 本日もやっていきましょう。分割カード編第3弾ですね。今回は自然文明ですね。グランセクトはまだ紹介できていないですが、「マッハファイター」というオニカマスを倒すために作られた能力を入手しました。という冗談はおいておいて今回は分割カードですね。なかなか派手な呪文モードを持っていますがクリーチャーのほうはどうでしょうか?見ていきましょう!

 

 

 

■マナから召喚可能でブーストも!

f:id:Noyleseevisions:20180221132814j:plain

ハイパー・ギガタック

コスト6/パワー9000 グランセクト

■W・ブレイカー

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体自分の墓地からマナゾーンへ置く。

 

 コスト6でパワー9000、そしてマナゾーンから召喚することが可能というハイパーコストパフォーマンスなクリーチャーですね。さらに自分を召喚して減ったマナを墓地から回収する能力まで持っています。自分の穴を自分で埋めることもできるというアフターケアまで充実。優良物件ですね。

 ということはですよ。1体除去されても、もう1体このクリーチャーがいれば、墓地からマナゾーンに回収できるのでバトンタッチし続けることが可能というわけですね。除去しても除去しても次の≪ハイパー・ギガタック≫が準備される無限ループに陥ることになりますね。これは厄介。やっていることは遅いですが、コントロールできる限定構築なんかでは厄介極まりないですね。

 

 

 

■プチョヘンザを彷彿とさせる全体除去!

f:id:Noyleseevisions:20180221133355j:plain

ギガタック・ハイパー・トラップ

コスト8 呪文

■各プレイヤーはバトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。

 

 まさか、両社のバトルゾーンを空っぽにする全体除去呪文があらわれました。しかもこの呪文、各プレイヤーの「カード」を自身のマナゾーンに置かせます。ということ厄介なクリーチャーはもちろん、クロスギアやD2フィールド、さらに禁断の封印までもマナに送ることができます。まさかの全体除去ですね!これは弱いわけがない!≪ラッキーダーツ≫からこの呪文を捲り禁断解放したあと、溜まったマナで≪ロスト・ソウル≫なんてことも十分に実現可能ですね。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180221133910j:plain

 さらにこの呪文、≪終焉の禁断ドルマゲドンX≫を絶対に許さない、という強い意志を感じます。

 この呪文の除去はカードタイプ除去であるので、相手の禁断コアをすべて剥がすことが可能です。≪テック団の破壊GO!≫のような使い方ができるということですね。コアをすべてマナゾーンに置かせ丸裸にしたドルマゲドンXを確定除去で倒していきましょう。

 さらに≪終焉の禁断ドルマゲドンX≫の常在能力により、「相手は自身のクリーチャーについている封印を墓地におけない。」という能力を持っています。

 この能力により、封印は墓地に置けませんが、墓地以外の他のゾーンに移動させることは可能です。

 

マナゾーンには移動させることが可能です。

 

 相手の禁断爆発での疑似全体除去の返しに、こちらが全体除去で相手をゲームエンドに持ち込ませることが可能になりました。これは覚えておきたいテクニックの1つですね!

 

 

 

 

【あとがき】

 普通に呪文のモードとして使うのがイメージしやすいとは思います。お手軽全体除去ですからね。盤面をリセットしながら自分のマナも増やすことができるので大型クリーチャーに繋げてゲームを支配していく、という動きをとれるようになります。これは強い。2ブロック構築で猛威を振るうようになるかもしれませんね。

 

 今回は分割カードというより、普通に強い呪文として使ってしまいましたね。上のモードも十分に強いのでご心配なく。これからの環境に期待ですね。