デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【暴走ザバイク/ブンブン・バースト】双極編クリーチャー+呪文!?

 次弾双極編の情報が続々と紹介されはじめました。一番の衝撃はやはり分割カード!ツインインパクトカードというものでしょうか?分割カード???といった感じですが、これから発表された1枚を紹介していきましょう!

 

f:id:Noyleseevisions:20180219095719j:plain

暴走ザバイク/ブンブン・バースト

暴走ザバイク

コスト4/パワー3000 ソニックコマンド

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

 

ブンブン・バースト

コスト2/呪文

■相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。

 

 

 

 んんんんんん?このデザインはなんなんでしょうか?なんかカードが2分割されていますね?んんんんんん?なんかよくわかりませんが、とりあえず落ち着いて考察していきましょうか。

 

 まずはカードデザインですね。上側がクリーチャーで、下側が呪文になっています。コストも上と下で違いますね。今回紹介するこのカードは上側が4コストのスピードアタッカーのソニックコマンドクリーチャーですね。下側は2コストの火力呪文になっています。環境的にものすごく強いことはわかりますね。

 

 今回はこの【暴走ザバイク/ブンブン・バースト】ではなく、ツインインパクトカード?もとい分割カードの考察をしていきましょう。

 

 

 

■クリーチャー/呪文という2タイプカード

 今回、双極編で登場する予定のツインインパクトカード(以下分割カード)は2つのカードタイプを持っています。クリーチャーと呪文の2つのモードを持っています。4コストで出すと、スピードアタッカー持ちのクリーチャーになります。逆に2コスト払って唱えるとパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊できます。これは引いたタイミング、使いたいタイミングによって柔軟性のある動きができますね。それではこの分割カードメリット、デメリットを見ていきましょう!

 

 

【メリット】

①クリーチャーと呪文を両立しているため効果に引っ掛かりやすい。

⇒≪超次元リバイヴ・ホール≫なんかが代表的なカードですね。クリーチャーを墓地から回収できるようなカードで呪文を回収できるようになるというわけですね。今回の【暴走ザバイク/ブンブン・バースト】で使うなら2ターン目にメタクリーチャーを焼きつつ、3コストで墓地からクリーチャーを回収するカードを挟めば、4ターン目にまた同じカードをプレイできますね。

 

 

②引いた瞬間に腐る札になるづらい。

⇒初動に必要な軽量呪文、代表的なカードを≪フェアリー・ライフ≫などですね。このような序盤を支えるカードはコスト軽さゆえのカードパワーの低さがネックになります。ビックマナ等では2ターン目ないし3ターン目にはブーストカードを唱えなければゲームを台頭に進めることが難しくなります。しかし2コストブーストカードは現代デュエルマスターズにおいて、初手で持っていて強い札であり、終盤にデッキトップで捲ると負け繋がる弱い札になっていしまいます。このようにコストの低いカードは終盤には使えないカードに化けることが多くなります。

 今回登場した分割カードはどうでしょうか。コストの異なるモードが2つ準備されています。序盤と中盤で、引いた時にモードを選択し腐ることが少なくなります。これは大きなメリットであり、確実なインフレーションです。

 

 少しだけ掘り下げます。今までのデュエルマスターズのカードデザインにおいて能力を選択するというカードはあまり登場してきませんでした。コストをいくつか増やして能力を追加し、終盤に唱えても役割を持てるようにデザインされていました。ブーストj呪文で例えるなら≪ハイエスタス・デパーチャ≫あたりがよいでしょうか。スーパー・S・トリガーで範囲除去が放つことのできるブースト呪文ですね。無色クリーチャーを回収可能な≪ピクシーライフ≫なんかもこの例に上がるでしょう。しかしこの度追加されたのは役割を2つ使い分ける能力ですね。前述の例ではコストを足すことにより、仕事量を増やすデザインでしたが、この度の分割カードは完全に役割を変えることができるカードになります。1枚のカードでできる仕事量が圧倒的に増加したことはインフレーションといってもよいでしょう。

 

 

③メタをすり抜けることが可能。

現代デュエルマスターズではメタカードが多く存在します。呪文を封じる能力、クリーチャーの召喚を規制する能力など相手を縛る能力が強力なメタとして機能しています。クリーチャーと呪文の2つのモードを使い分けることで100%の死に札として機能しなくなる、という状況が回避できます。≪奇天烈シャッフ≫や≪正義の煌きオーリリア≫等でお手軽に封じることが可能な呪文ですが、クリーチャーとしてはモードでプレイすることはできるようになるでしょう。

 

 

 

【デメリット】

①プレイングの複雑化

 これに関しては賛否両論です。選択肢が増えるということは対応策が増えると同時にカードの扱いが非常に繊細になります。今回登場した【暴走ザバイク/ブンブン・バースト】を例に挙げてみましょう。

 

f:id:Noyleseevisions:20180219095719j:plain

 このカードは≪轟速ザ・レッド≫のパワーを低下させたモードと≪スチームハエタタキ≫のコストを増加させたモードが1枚のカードにまとまっています。2つの能力を使い分けることができるのは非常に便利ですが、非常に繊細なカードでもあります。呪文モードで除去として使用したほうが強い対面状況、クリーチャーモードで走って侵略したほうが強い盤面も出ていきます。2つの能力を選べる利便性の高さゆえの、「正しい選択を選ぶことができるかどうか」というプレイの腕が問われるようになるということですね。

 

 これはいいことでもありながら悪いことでもあるでしょう。自分の目線のプレイと他人目線のプレイは大きく異なります。そして裏目がお互いに出るようなプレイをしなければならない盤面が多く出てくるでしょう。そこで横から自分のプレイに横からケチをつけてくる人間が出てきそうです。

 

「ここは上のモード一択だろー」だとか「ここは下のほうがいいんじゃね」

 

という言葉が幾度となく聞こえてくることが容易に想像できます。今でも多く手札を抱えている場合に出てくる野次です。その類が増えてくるとなると・・・。心配のしすぎかもしれませんね。

 

 

②ルールの複雑化

 これは新しいカード、キーワード能力が出るたびに懸念されることですね。≪ヴォルグサンダー≫で捲れたらどうするんだ、とか呪文メタ下でクリーチャーとして召喚できるのは、だとか多くの声が上がるでしょう発売してすぐに整備されたルールを発表し、わかりやすいフレッシュなデュエルマスターズを楽しむことのできるようにしなければならないです。もちろんプレイヤー側もルールをしっかりと把握し、円滑にゲームが進行できるようにする努力が求められますね。

 

 

 

【あとがき】

 最近MTGも勉強中のワイ、分割カードに大歓喜。呪文とクリーチャーがくっついているということで遊戯王OCGのペンデュラムカードに酷似していると噂になっていますがMTGの分割カードに近いですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20180219123343j:plain

 

 MTGには割と新しいエキスパンションでこのように分割されているカードがあります。ここからおそらく持ってきているのでしょう。このカードタイプ自体評判がよく、大成功なのではという感じなのですがルールが変更されたりとドタバタしたそうです。デュエルマスターズではその反省を生かし、健全マスターズを楽しんでいきたいですね。