デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

ブロック構築戦到来!新たなデュエルマスターズが始まる!

 デュエルマスターズから久しぶりのクリエイターズが届きました。中身を確認したところものすごーく興味深い内容があったので一部抜粋し今回は紹介させていただきたいと思います。

 

 

■ブロック構築!通年で楽しめる限定構築!

f:id:Noyleseevisions:20180217123453j:plain

 

 画像じゃわかりづらいのでざーっと要約してみましょう。

 

 

①新フォーマットの「2ブロック構築」が爆誕。

②店舗予選、エリア代表戦で採用されていた限定構築のこと。

③それを1年間通してできるようにルール制定。

 

 

 ということですね。これまで全国大会に出るために店舗で開催されていた「限定構築」をCSやショップの大会等で楽しめるように基盤を整えていこう、というわけですね。勘違いしてほしくないのは

 

「通常フォーマットが消えるわけでなく、新しい限定構築というフォーマットが追加される」

 

ということですね。ここだけは勘違いしないでください。お願いします。現在使っているカードが使えなくなるわけではありません。ご安心ください。他のカードゲームである「スタン落ち」というわけではありません。

 

しかし「限定構築」に馴染みがない方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

■「限定構築」とは?

 「限定構築」とは使えるカードに制限があるルールになります。私たちはデュエルマスターズを楽しむ際に、発売した当初の第1弾から最新弾のカードをすべて平等に使用することが可能です。

 しかし「限定構築」というルールは決められた期間に発売されたカードのみしか使用できないルールになります。昨年度開催された店舗予選であれば新DMマークのついたカードしか使用できませんでした。原則、その年度に発売されたカードのみが使用できる、ということですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20180217123456j:plain

f:id:Noyleseevisions:20180217123459j:plain

 しかし、店舗予選は8月~10月、エリア代表戦は11月~12月と期間が限定的です。そして上の画像を見ていただければわかるように期間によってはカードプール(使えるカードの種類)が狭くなってしまいます。3月25日~6月23日の間なんて第1弾分しかカードが使用できませんからね。デッキタイプの多様性が損なわれてしまいますね。

 

 さらにこのように毎年、使用できるカードが循環していくとなると問題が発生しませんか?そうです。発売されるのが遅い第4弾のカードパックに封入されているカードが使える期間がものすごく短い、という問題が発生しますね。そうなってしまえば寿命の短いカードは持っていても意味がないような気がしますからね。

 

 そのような懸念を払拭するために「2ブロック構築」というフォーマットが制定されるようです。さてこの新しい環境はどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

■2ブロック構築で使用可能なカードプール

f:id:Noyleseevisions:20180217130402j:plain

 

 画僧を見ていただければ比較的簡単に理解することが可能でしょう。今年の4月(正確には3月31日)から発売される「双極編」がスタートした後は上の画像のマークが入っているカードのみが使用可能。これが「2ブロック構築」ということですね!

 

 

 

■いきなり2ブロック構築戦ができると言われても。

 今回の発表は相当衝撃的な発表でした。デュエルマスターズに新しいフォーマットができるということは、現在、切磋琢磨している環境とは別の環境でデュエルマスターズができるということですからね!新しいカードやコンボがお目にかかれるかもしれません!

 

 それでも急にブロック構築なんても言われてもわからないですよね。そんな皆様はジョーカーズ第1弾の「ジョーカーズ参上!」から最近発売された「誕ジョー!マスタードルスザク!」までのカードを全部引っ張りだしてみてください。その中でデッキを組めばいいのです!ちなみに私はまだ何も考えていません!

 

 そして、もちろん全員が全員この「2ブロック構築」のデッキを作る必要はありません。通常の今まで通り、全部のカードが使える環境で遊びたい!という方はそちらで遊ぶのがもちろんいいですし、限定構築でも腕を見せたい!という方は新しいフォーマットの研究もしていきましょう。いきなり大会!ということもありませんので、試行錯誤しながらデッキを組み、友人と遊んでみるのが入りやすいですね。