デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【ジョット・ガン・ジョラゴン】真剣考察!仲間の力を乱射せよ!

 コロコロコミックを買ってきました。

 

「うわ!なんだこれ!つええええええええ!」

 

とかいう訳の分からない、わかりやすいリアクションを取り、ようやく落ち着きました。というわけで本日から次弾「双極編(ツインインパクト)」のカードを考察していきましょう!やっほい!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180216124957j:plain

【ジョット・ガン・ジョラゴン】

コスト7/パワー11000 マスタードラゴン/ジョーカーズ

■このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。

■W・ブレイカー ■スピードアタッカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。

■ジョラゴン・ビック1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

 

 

 

 うーん、はてな?書いてあることがよくわからないですが、強いことには変わりませんね。うん、これ環境でも戦っていけるやつちゃいますか?というわけで1つずつ真剣に能力を検討していきましょう。

 

 

 

■速すぎる!コスト軽減能力!

■このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。

 

 これを見てお気づきの方も多いでしょう。いとも簡単にこのカードは着地します。このクリーチャーの召喚時に、自分のジョーカーズを手札に戻した分だけコストを軽減することが可能です。横に並べることが得意なジョーカーズは簡単に、そして素早く盤面に出てきます。

 

f:id:Noyleseevisions:20180216125801j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216125853j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216125837j:plain

 例えば、よく見る3ターン目盤面ですね。クリーチャーが3体並んでいます。この時点で≪ジョット・ガン・ジョラゴン≫のコストは3軽減。さらに≪ヤッタレマン≫の効果により1軽減ですね。この盤面ならジョーカーズを1枚盤面に残しつつジョラゴンを出すことが可能になります。4ターン目にはジョラゴンが走れるということですね。現環境で走り回る≪蒼き団長ドギラゴン剣≫や≪轟く侵略レッドゾーン≫にも張り合うことができるでしょう。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180216125853j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216125837j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216130212j:plain

 それではこの3枚ならどうでしょうか。こちらもお手軽3コスト召喚コンボですね。≪戦慄のプレリュード≫は次に召喚する無色クリーチャーのコストを5少なくする呪文です。軽減には軽減を重ねる、ということですね。クリーチャーが2体存在する時に3マナでこの呪文を唱えれば、0までジョラゴンのコストが下がります。ということは実質3マナで召喚!ということですね。

 驚くことに≪ジョット・ガン・ジョラゴン≫にも≪戦慄のプレリュード≫にも「ただしコストが0以下にならない」という一文がないことですね。ということはコストを0にして出してくれ!というデザイナー側からのメッセージということです!暴れていきましょう!

 

 

 

■仲間の力を乱射しろ!ジョット・ガン・ジョラゴン!

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。

■ジョラゴン・ビック1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

 

 新キーワード能力の「ジョラゴン・ビック1」という能力が登場しましたね!自分手札からジョーカーズを捨てた際に発動する能力で、その捨てたクリーチャーの持つ、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を無料でつかうことができます!出た時のCIP能力を使えるなんてヤバすぎる・・・!

 さらにこのクリーチャーは攻撃時にカードを1枚引いて、1枚捨てるという行動ができます。ということは攻撃する時に手札のジョーカーズの登場時能力が使える!というわけですね!何を使おうか迷いますね!

 

f:id:Noyleseevisions:20180216132159j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216133033j:plain

 登場時能力で強力なクリーチャーはこのあたりでしょうか。特に≪ゲラッチョ男爵≫は凄まじいシナジーを発揮します。バトルゾーンに出た時、クリーチャー1体選びタップまたはアンタップすることができる能力。≪ジョット・ガン・ジョラゴン≫の攻撃時に≪ゲラッチョ男爵≫を手札から捨て、アンタップ、もう一度攻撃時にゲラッチョ男爵を捨て・・・なんて動きができれば1ターンキルも夢ではありません。

 ≪ラジコンBOY≫のスーパー・S・トリガー能力も使えそうですね。出た時に3面除去ができるラジコンです。≪蒼き団長ドギラゴン剣≫や≪ヘブンズ・ゲート≫等の大量展開にも対応できる、柔軟性のある動きが手札によってができそうですね!

 この2枚はS・トリガー付きのクリーチャーであり、手札に来てもシールドにあっても仕事をするのが大きいです。お高いカードではないのでストレージなどで見つけたら買っておくのもありですね!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180216132205j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216132202j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180216133502j:plain

 もちろん、大型クリーチャーを手札から捨てれば、その分早い段階で大型クリーチャー特有のアドバンテージを得ることができます!

 ≪バレット・ザ・シルバー≫は横に展開できる可能性を持つクリーチャーですね!デッキトップのジョーカーズを出すことができるのでもう1ジョラゴンなんてことも・・・≪破界秘伝ナッシング・ゼロ≫と組み合わせれば可能でしたが殿堂入りしてしまいましたね。まさかこれを見越して・・・。

 他にも忘れ去られたいそうな≪燃えるデッド・ソード≫なんかも採用圏内に入るかもしれません!場とマナゾーンでジョーカーズが合計4体以上いれば、相手はバトルゾーン、マナゾーン手札からカードを1枚ずつ選び山札の下に置かなければならない!さらにその後こちらは3枚ドロー!莫大なアドバンテージの差が広がりますね!6アドですよ!6アド!コストが重いのでなかなか出ることはないかもしれませんが、捨てるならOK!

 そして最後にもう1体のジョラゴンですね!≪ジョット・ガン・ジョラゴンJOE≫の方も強力な登場時能力を持っています!山札の上2枚を手札に加え、そのカードのコスト合計以下になるように相手の場のカードを選択し山札の下に送ります!これを攻撃時に使えるのは弱いわけない!本来ならコストを払って使うものですからね!

 

 

 

【あとがき】

 新しい方のジョーカーズデッキが増えて楽しい環境になりそうですね!これまでのダンガンオーフルパンチデッキからジョットガンワンショットデッキみたいなデッキまで幅広く出てきそうです!結局全力で殴ってくるのは間違いないですが(笑)

 デュエルマスターズは本来シールドを攻撃しあって成り立つゲームです。私も記事ではこう書きますが、リアルでは「攻撃とかいう一番弱い勝ち方はいらん」とかいう暴言をたまに吐きます(笑)よくよく考えてみれば相手の山札を30枚削るより、盾を5枚削って1回ダイレクトアタックを決めたほうが早いのでは?

 

 戦慄のプレリュード買っておかなきゃ・・・。