デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【絶海の虎将ティガウォック】オボロ・セカンド強化!ファンデッキ案も紹介!

 

 今回のパックのスーパーレア枠の1枚である≪絶海の虎将ディガウォック≫。本日はこのカードを考察していこうかなと思っています。もう結果を出しており、知る人ぞ知る強カードになっているのでさい確認といきましょう。なかなかぶっ壊れスペックと読み取れない強さを持っています。ガチデッキからファンデッキまで数多くの青ビートに入ることが期待されそうですね。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180213132733j:plain

絶海の虎将ディガウォック

コスト6/パワー6000 ムートピア

■このクリーチャーの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
■ブロッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。

 

 能力モリモリムートピアですね。ドローによるコスト軽減、そして召喚時3枚ドローと決して派手ではありませんね。それでは解説の方に移っていきましょうか。

 

 

 

■自身のコストを軽減!

f:id:Noyleseevisions:20180213133153j:plain

■このクリーチャーの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

 

 自分がそのターンに引いたカードの枚数につき、1コスト軽減されるということですね。ターンの開始時のドローがあるので実質6コストのクリーチャーになります。ここから最大1コストになるまで軽減することが可能ですね。ということは5枚ドローすることのできるギミックがあればいい、ということです。そんな都合よく5枚ドローなんてなかなかできませんよね。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180213133523j:plain

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

 

 

 いるんですね。条件付き5枚ドロー。自分のマナゾーンの文明の数分だけドローし、同じ枚数デッキの下に置く2コストクリーチャーです。マナに5色を揃えることさえできればディガウォックを1マナで出すことが可能になります。そして≪月光電人オボロカゲロウ≫が登場した、ということはあのアウトレイジも登場するということです。

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180213133835j:plain
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■G・ゼロ―このターン、カードを6枚以上引いていて、自分のバトルゾーンに《天災超邪 クロスファイア2nd》が無ければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■スピードアタッカー ■W・ブレイカー

 

 そう。≪天災超邪クロスファイア2nd≫です。このクリーチャーはカードを6枚以上ターン中にドローしているとコストを支払わず召喚することが可能です。さらにスピードアタッカー、W・ブレイカーまで持っている奇襲性抜群のクリーチャーです。ターン初めの1ドロー+オボロの5ドローですぐさま登場しますね。この2枚を採用した多色デッキ「オボロセカンド」というデッキタイプがあります。

 

 

 

■出た時3枚ドロー!堅実な能力⁉パーツを探すドロー!

f:id:Noyleseevisions:20180213133153j:plain

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。

 

 シンプルかつ強力な能力を有していますね。プレミアム殿堂入りカードである≪サイバー・ブレイン≫と同じ効果を持っているのに弱いわけはない。この3枚ドローには4つの効用があります。

 

①パーツを探しに行く3枚ドロー

②相手とのアドバンテージ差をつける3枚ドロー

③2枚目以降のディガウォックのコストを軽減する3ドロー

④クロスファイア等の効果起動のための3ドロー

 

 「3枚ドロー」という言葉では4文字で終わってしまいますが、これだけ意味が内包されています。この4つは採用するデッキによって意味合いが違ってきますが覚えておいて損はないでしょう。

 

 

 相性がよく、なおかつ環境であまり見ない良カードといえばこのカードでしょう。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180213134523j:plain

龍波動空母エビデゴラス

コスト4/ドラグハートフォートレス

■自分のターンのはじめに、カードを1枚引いてもよい。
■龍解:自分がカードを引いた時、それがそのターンに引く5枚目のカードであれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)

 

 場にあるだけでターン開始時に追加で1枚ドローすることが可能なドラグハートフォートレスです。ティガウォックのコスト軽減を手助けすることが可能ですね。さらにこのカードは自分がカードを引いたときに5枚目のドローであれば龍解することが可能です。ティガウォックの3枚ドローで一気に強力クリーチャーに変身することができますね。さらに次に出すティガウォックはコスト2で出すことができますね。

 このカードを呼び出すなら最短で6コストの≪龍覇MAS≫から呼び出します。次の7マナで2マナ軽減5コスト≪ディガウォック≫+さらに5マナ軽減された2コスト≪ティガウォック≫+龍解した≪最終龍理QED+≫という強力な盤面を作ることが可能ですね。そこに≪クロスファイア2nd≫も加われば・・・夢が広がりますね。

 

f:id:Noyleseevisions:20180213140459j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180213140506j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180213132733j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180213133835j:plain

 こんな盤面を作って手札を潤沢に持つことが可能になるということですね。これは素晴らしい。速いデッキに対しては辛そうですが、コントロール寄りのデッキに対してはドローと物量で押し切ることができそうな感じですね。

 

 

 

【あとがき】

 オボロセカンドのデッキレシピも紹介しようかと思いましたが、使われていないカードについつい目が行ってしまう病気にかかっているので許してください(笑)

 ≪龍波動空母エビデゴラス≫も使われないこと、再録があったことで値段がかなり安く落ち着いています。上記の紹介したようなコンボを決めるために作ってみても面白そうですね。自然を混ぜてブーストしながら最終的に一気に盤面を展開してフィニッシュ!という感じになりそうです。

 

 昨日私のミスを指摘してくださった方、ありがとうございます。コメントを残しづらいのであれば私のTwitterのリプやDMなどでミスの指摘、記事の要望、どしどしお待ちしております。自分のこんなデッキを診断して安く改造案が欲しい!なんてのもお待ちしております←何様やねん(笑)

 

 

twitter.com