デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

花美師ハナコ!ジョーカーズに新しい基盤誕生。

 

 ちょこちょこと公開される新情報。もう色んなサイトにマスタードルスザクのパック全収録内容は他のサイトで紹介されていますね。

 私も見たい感じはあるのですが、剥くまでの辛抱、あの時のワクワクドキドキのために残しておきたいですね・・・。

 

 というわけで目に入ってしまった情報から記事を書いていきましょう!本日は新しい火のジョーカーズクリーチャーですね。しかも2コストの初動カード。これは実践的に使えそうなカードなんですよ。画像の方へレッツゴー。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180124134643j:plain

花美師ハナコ

コスト2/パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

 

 

 

 

 ふむ。自分のバトルゾーンに出た時にシールドを1枚手札に回収する2コストクリーチャーですね。まんま≪斬斬人形コダマンマ≫ですね。種族がジョーカーズになっただけのようです。

 

私「これは強いのでは?」

 

 

 

■新しい2コストジョーカーズ!

f:id:Noyleseevisions:20180124135733j:plain

f:id:Noyleseevisions:20180124135736j:plain

 これまでジョーカーズの2コストクリーチャー代表は≪ヤッタレマン≫と≪ちょこっとハウス≫だけでした。コスト軽減クリーチャーだったり。高パワーのブーストクリーチャーだったりと、どちらも強力なスペックを誇っていました。

 しかし、それ以上の選手層がなかなか見つかりませんでしたね。いくら≪ジョジョジョジョーカーズ≫でクリーチャーを探すことができるといっても≪ちょこっとハウス≫自体が4枚積んでもいいようなスペックではありませんでした。

 しかし、この度出た時手札を補充することが可能なジョーカーズが登場しましたね。火を含んだジョーカーズを構築するのであれば序盤に手札を切らず、場に出せるクリーチャーをとして大きな役割を持つことができると感じます。

 

 逆に採用しづらい点もあります。それは≪花美師ハナコ≫自身が火文明のクリーチャーですので≪ゼロの裏技ニヤリー・ゲット≫を唱えることができない点です。せっかくシールドに埋まったニヤリーゲットを回収できても2ターン目には即発動することができません。手札にニヤリーゲットがあるならば上記無色ジョーカーズ2枚を優先して召喚しましょう。

 

 

 

 

■赤単速攻にも採用可能か!?

f:id:Noyleseevisions:20180124141120j:plain

f:id:Noyleseevisions:20180124141123j:plain

 ≪デュアルショック・ドラゴン≫の度重なる再録により作成難易度がぐっと下がった赤単速攻、もとい赤単ガトリングも強化されたかもしれません。

 これまで、≪デュアルショック・ドラゴン≫と≪斬斬人形コダマンマ≫の2ターン目の打点生成コンボは、セットで2枚無ければ決まらないものでした。しかしこの度5枚目以降のコダマンマが登場しました。これによりコンボ成立のための手札の要求値が落ちましたね。≪デュアルショック・ドラゴン≫は引いておかなければならないですが、≪斬斬人形コダマンマ≫もしくは≪花美師ハナコ≫のどちらかを持っていればよい状態になりました。

 

 こちらにも留意点はあります。赤単速攻のキーカードである≪音速ガトリング≫や条件付き2コストスピードアタッカーである≪爆冒険キルホルマン≫のためのヒューマノイドの比率が下がってしまうことです。これだけは心配ですね。特にキルホルマンはトップを捲ってその種族によりスピードアタッカーを付与できるかどうかが決まります。安易にデッキの中のヒューマノイド比率を落とさないようにしないといけませんね。

 

 

 

 

【あとがき】

 昨日の記事で≪天二煌メク龍終ノ裁キ≫がアニメでは登場していないみたいなことを書きましたが、しっかり使われていましたね(笑) 今更知りました(笑)

 

 さて、本日記事にした≪花美師ハナコ≫ですが、個人的に気に入った点はレアリティが「コモン」という点ですね。

 最近自分の周囲で若干人気を博しているpauper(パウパー)構築で使用可能になっています。

 pauperを大雑把に説明しますと、限定構築の一種です。「コモン限定構築」です。使用可能カードはすべてコモンカード!デフレーションの波に乗っかれ!?といった感じですね。需要があるのならば記事にしたいのですがみなさんも通常環境で忙しそうですし、新弾でワクワクしている方もいらっしゃるのでまたの機会に。