デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

デデカブラ!待望の1コストパワー12000クリーチャー!天風のゲイルヴェスパー強化!

 

 グランセクト使いのみなさーん!朗報ですよ!正確には≪天風のゲイルヴェスパー≫の強化に結びついていますね!そんな情報見せられたら組むしかないじゃないですか!なんて考えています(笑)

 

 というわけで見てみましょうか。デデカブラ!

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180112135358j:plain

デデカブラ

コスト1/パワー12000

■このクリーチャーは攻撃できない。

 

 

シンプル!simple!シンプル!

 

 

 1コストパワー12000でデメリット能力持ち!攻撃できない!というまさに何も説明することないカード!こんなカード見たことないですね!

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20180112135937j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180112135941j:plain

ドラピ&ジュラピ「仲間が増えたな!」

 

 

 

 という茶番は置いておいて、真剣に考察していきましょうか。

 

 

 

 

■ゲイルヴェスパーの優秀な軽減

f:id:Noyleseevisions:20180112140231j:plain

天風のゲイルヴェスパー

コスト10/パワー12000

■W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のパワー12000以上のクリーチャー1体につき2少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
■T・ブレイカー
■自分の手札にあるクリーチャーすべてに、「W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー」を与える。

 

 

 このクリーチャーは「W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー」という能力を持ち、さらに自分の手札のクリーチャーにも同じ能力を付与します。自分のバトルゾーンのパワー12000以上のクリーチャーの数×2だけ召喚コストが軽減される能力ですね。

 純粋に今回登場した≪デデカブラ≫をバトルゾーンに出すだけで≪コッコルピア≫と同じ能力を発揮できるということです。今までは1コストのデカブツクリーチャーである≪界王類七動目ジュランネル≫や、2コストの≪デスマッチビートル≫がコストが軽く序盤の踏み倒しメタカードとして孤軍奮闘いていましたが、このカードの追加により、より早くゲイルヴェスパーにアクセスすることができるようになりました。

 

 

 

■さすがに役割が欲しい!

 うーん、それでもこれだけではもったいないということで、他にやれることはないかと考えてみると、攻撃できないなら防御にまわればいいじゃない!ということになりました。

f:id:Noyleseevisions:20180112142244j:plain

 メメント守神宮はみなさんおなじみのD2フィールドですね。これがあれば自分のクリーチャーがすべてブロッカーになります。1マナパワー12000のブロッカーが立っているのは半端なビートに対しては驚異。≪デスマッチビートル≫や≪ジュランネル≫を囮にしながらレッドゾーンと相打ちをとることが可能であること、5000GTにもパワー相打ちをとることができるようになりますね。

 

 

 まあこれはデスマッチビートルで全部できるんですけどね!(言っちゃった笑)

 

 

 

 

【あとがき】

 私はグランセクト(ゲイルヴェスパーやチェイングラスパー)をまったく回したことがなく使ったことはありません()

 ということで多くを語れないんですよね。ゲイルヴェスパーを愛用されている皆様、大いにぶん回してください!