デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

ウィザード・チャージャー!待望の水の3コストチャージャー!

 

 チャージャー呪文って優秀ですよね。山札を掘ることが可能な≪ライフプラン・チャージャー≫に、赤黒デッゾ等によく採用される手札入れ替え可能な≪リロード・チャージャー≫や≪ボーンおどり・チャージャー≫、最近登場したドラゴンカタパルトである≪ドラグシュート・チャージャー≫と色んな種類がありますね。

 

 大型クリーチャーを出して遊ぶのなら≪フェアリー・ライフ≫等のブースト呪文を搭載するのが鉄板ですね。しかし、速度は担保したいが自然文明を入れることができない!といったデッキタイプも存在します。その補助を可能にするのはチャージャー呪文ですね。

 

 そして、チャージャー呪文不遇と呼ばれている(勝手に呼んでいる)水文明に新規のチャージャー呪文が収録されるそうです!チャージャー呪文不遇といえば火文明もじゃね?と言われそうですが、水文明ほどではないんじゃないでしょうか(笑)というわけで今回はそのカードを紹介!

 

 

 

 

■ウィザード・チャージャー!新規チャージャー呪文!

f:id:Noyleseevisions:20180105132210j:plain

ウィザード・チャージャー

コスト3/呪文

■自分の山札の上から2枚見て、そのうちの1枚を自分の山札の一番下に置く。

■チャージャー(この呪文を唱えた後に、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。)

 

 

 チャージャー呪文っていうのは半分はブースト目当てで使うものであって、序盤にできるだけ撃ちたいものですね。マナブーストカードも基本的に軽量ですしね。というわけで今回は3コストの水のチャージャー呪文ですね!

 

 水の3コストのチャージャー呪文といえば「ピーピング・チャージャー」がありましたね。相手のシールドを1枚見るだけの呪文ですね。これはこれで悪くないカードなのですが、使われることはほとんどありませんでしたね。≪ピーピング・チャージャー≫→≪鳴動するギガホーン≫→≪龍覇グレンモルト≫の流れはなかなか強いんですよ!

 

 

 

■今回のチャージャー呪文は使えるの?

 今回のチャージャー呪文はデッキトップを固定できる呪文ですね。これによって何が変わるんでしょうか。簡単にいうと、デッキトップの不要牌をデッキ下に送れることが強いですね。コストの流れとしては3→5の流れですね。5コストと言えば超次元呪文やD2フィールドですね。青単VV8のデッキなんかに採用されることがあるかもしれません。他にはデッキトップを固定するのであれば、デッキを捲ることができるカードですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20180105135011j:plain
f:id:Noyleseevisions:20180105135014j:plain

 場に出た時や、攻撃時に山札を捲って呪文を唱えることができるカードですね。強力な≪インビジブル・フォートレス≫などを唱えていきたいですね。まあデッキトップを手札や墓地から固定するカードには実用性は負けてしまいますが。序盤はチャージャー呪文としてデッキを回しやすくできるのは非常に「あり」なカードです。過大評価のしすぎな気がしますが、このようなファンデッキには助かります。

 

 

 

 

【あとがき】

 高騰するカードではありません。間違いありません。環境的に使われるカードではありません。一応アンコモンです。しかし3コストの水のチャージャー呪文ということでやはり≪超次元エナジー・ホール≫から≪勝利のリュウセイ・カイザー≫を投げたり、5コストの優秀なD2フィールドである≪Dの爆才サイバー・ダイス・ベガス≫などを展開できる点がやはり優秀だと思います。次のターンには≪禁断機関VV8≫が控えるコスト帯ですので≪一撃奪取マイパッド≫と8枚の初動として採用してみてはいかがでしょうか?