デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

魔道具の使い手ハインリヒ・ダーマルク!

 

 ジングルベール♪ジングルベール♪鈴が鳴る~!今日はいい子のもとにサンタさんがやってくるクリスマスイブの前の日。イブイブですね!

 

 いまだに「イブ」なのか「イヴ」なのかわかっていませんが、クリスマスまであと1日の我慢ということですね!明日の記事もこのネタやろう!(笑)

 

 コロコロコミックニュースから先日、新しい弾、通称「ドルスザク」のスーパーレアが発表されましたね。その名も「ハインリヒ・ダーマルク」!魔道具の全容はまだはっきりしていませんが、相当強いテーマになることでしょう!≪学校男≫と同スペックのカードも出るらしいですしね。

 

 それでは、見ていきましょうか!

 

 

■新スーパーレア!ハインリヒ・ダーマルク!

f:id:Noyleseevisions:20171223112607j:plain

【ハインリヒ・ダーマルク】

コスト6/パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーン出た時または攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。そうしたら、闇のコスト4以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

 

 

 バトルゾーンに出た時と攻撃する時に、墓地からクリーチャーを1体蘇生できる能力ですね。なんか新しい能力のようで見たことあるような能力ですね。登場時と攻撃時に効果を発動できるということでスピードアタッカーにしてバトルゾーンに出してあげたいですね。≪マイキーのペンチ≫や≪魔弾の煉獄の印≫がパッと出てくるカードでしょうかね。

 無理やり難癖つけるのであれば、デッキトップを墓地に送らなければ蘇生能力を使えない点。終盤のデッキの削り合いになると使いづらくなってしまうのが目につきますね。

 

 んー・・・どっかで見たことあるんだよなあ、こういう能力。

 

 

 

■3コスト以下を蘇生しよう!

f:id:Noyleseevisions:20171223113426j:plain

【禁断V モードス】

コスト5/パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、闇または火のコスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

 

 

 5コストにいましたね!登場時と攻撃時に墓地蘇生能力を持ったクリーチャーが!こちらは≪ハインリヒ・ダーマルク≫より1コスト軽いですが、蘇生できるコストも小さいですね。某王国の○○店長が「ばくまる君コントロール」というデッキで使っていて、とても感動させてもらった記憶がありますね。

 

 こちらはコストは小さいですが、火のクリーチャーも復活させることができるのがメリット。さすがソニックコマンドですね。使いようによっては≪禁断のX≫を解放するためにに使うことも可能ですね。デッキトップを墓地に落とさなくても効果が使える点もちょっと差別化につながっていますね。

 

 

 

 

■コスト5以下を蘇生させよう!

f:id:Noyleseevisions:20171223114422j:plain

f:id:Noyleseevisions:20171223114426j:plain

獄・龍覇ヘルボロフ

コスト7/パワー7000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート1枚、またはコスト5以下の闇のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚を墓地に置いてもよい。
■W・ブレイカー

 

獄魔王殿ウェルカム・ヘル

■このドラグハートをバトルゾーンに出した時、または自分のドラグナーが攻撃する時、闇のコスト5以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
■龍解:自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーを4体破壊してもよい。そうした場合、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。

 

 

 登場時と攻撃時に墓地からクリーチャーを蘇生させる代名詞ともいえるでしょう!凶悪ドラグナーですね!【黒単ドラグナー】というアーキタイプで環境を席巻したこの2枚も疑似的にですが、登場時と攻撃時にクリーチャーを復活させます。

 

 このカードはコスト7と重めですが、蘇生範囲はコスト5以下とかなり広いです。さらにドラグハート・フォートレスとして残ってしまい、延々と蘇生能力を繰り返し使い、龍解すればフィニッシャーとしても活躍できます。これ以上語ると熱が入り脱線してしまいますのでここでやめておきます。

 

 このカード(セット)は≪ハインリヒ・ダーマルク≫より1コスト重いですが、出せる範囲も1コスト分大きくなっています。なにかしらの法則性が見えてきた気がしますね。

 

 

 

 

【まとめ】

 物足りない気がしますが、早々にまとめに入ります。

 今回は「登場時、攻撃時にクリーチャーを蘇生」という能力で新カード含め3枚のカードを見てみました。この3枚ですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20171223113304j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171223112607j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171223115421j:plain

 

①禁断Vモードス・・・コスト5/パワー5000 コスト3以下を蘇生 

②ハインリヒ・ダーマルク・・・コスト6/パワー6000 コスト4以下を蘇生 

③獄・龍覇ヘルボロフ・・・コスト7/パワー7000 コスト5以下を蘇生

 

 見てもらえればわかるように、蘇生能力の細部は違いますが規則性に基づいてカードがデザインされていることが読み取れますね。ひょっとしたら、私が忘れているだけでコスト4のクリーチャーも存在するかもしれません(いたらマジでごめんなさい)。

 

 

 

 今回の≪ハインリヒ・ダーマルク≫はコスト4以下の闇のクリーチャーを蘇生できるので≪解体人形ジェニー≫や≪白骨の守護者ホネンビー≫、≪暗黒鎧ヴェイダー≫あたりを蘇生するのが効用を最大限に生かすことができるようですね。攻撃的に行くのであれば4コストドラグナーを出すのも一考の余地があるでしょう。

 

 ループ系統を考えることができる頭を持っていないため、そこらへんは皆様にお任せします(笑)